ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

劇場版おっさんずラブ観てきました~
前売券を買っていたのですよ

おっさんずラブの客層って20代~40代ぐらいの女性だと思ってたのですが、ぜんぜん違った!
60歳ぐらいのおばあさんが「あら!タナカさんも来てたの?お菓子いる?」みたいな会話してたり、
吉田鋼太郎みたいなダンディなおじさまがひとりで観に来てたり。
カップルも目立ちました。若い女の子同士のセットよりも、夫婦やカップルの方が多かったような。
劇場の場所にもよるのかな。メイン層の20代~40代ぐらいの女性は舞台挨拶のある劇場や応援上映なんかに行ったりしてるのかもしれないですね。
ともあれ、けっこうな埋まり具合でした。やるじゃん!

さてさて、肝心の映画の内容ですが、、、、、

最高でした!!!!!!!!!!


ドラマ版の良さやノリはそのままに、ちゃんと映画のスケールになっていて、観始めは「わ、映画みたい!(映画です)」と感激しました。
映画らしさをちゃんと入れながら、ドラマ版のファンも誰もが納得する仕上がりになっていたと思います。
ドラマもかなりきれいに終わったのに、映画も、ドラマ版のラストシーンを観た時とまったく同じ表情になれる結末でした。
脚本や監督を務めてらっしゃる方がブレてないんでしょうね。
ドラマと映画では長さが違うので、少し不安があったのですが(ダレたり尺が足りなくなったりしないかなと)、よくかんがえたらおっさんずラブの原点はコンパクトな単発ドラマなんですよね。
伏線を丁寧に貼りつつ映画サイズに綺麗にまとまっていました。
いらないシーンがひとつもない欲張りなボリュームで、エンドロールの最中にぜったいに帰ってはいけません。

視聴者が望むものをきちんと提供してくれた素敵な映画でした。
最近、ケーキを頼んだらラーメンが出てきたみたいな感想が書かれた映画を見たことがあったので。
おっさんずラブを頼んだら、おっさんずラブが出てきた。
そんな感じ。

ハンカチは必携です。ひとりで観てもさみしくないです。(まわりのお客さんと、同じタイミングで泣いて同じタイミングで笑って同じタイミングでキュンキュンできるので)
ぜひ、劇場で。

映画、モンスターズがAmazonプライム会員特典になってたので観てみました…が、開始15分で観るのをやめました
藤原竜也、山田孝之。石原さとみと、かなり豪華なキャスト!
超能力者VS超能力が唯一効かない男、という設定も面白そうだし、内容が多少アレでもキャストが良いから観れるのでは?と思いましたが、あまりにも退屈で15分でやめてしまいました。
子供時代の主人公(超能力者)が親を殺すシーンがやたらJホラー臭のする気持ち悪~いシーンにされていて(主人公自身の足が腐ってる?ところも)、あれ?ホラー映画だったっけ?となったんですが、監督がホラーの監督なんですね。
うわあ、クロユリ団地も面白くなかったな…そういえば。
で、脚本が、この前さんざん「合わないわ~~」とブログに書きなぐったdeleの脚本家!
設定は面白そうだしキャストも良かったのにな。
これ、要る?みたいなシーンがだらだら続きすぎで、15分でやめてしまいました。
あとで伏線になったんでしょうか。ムキムキの筋トレおじさんとホモの引越屋の描写のキモさでトドメを刺されてウインドウそっ閉じ。

思えば、私、山田孝之けっこう好きなはずなのに、山田孝之が出演している作品で、好きな作品は?と訊かれると、ぜんぜん浮かんでこないことに気づきました。
良い作品にたくさん出てるとは思いますが、私とは合わないものばかりのようです。
電車男はめちゃくちゃ好きなんだけどな。電車男があったから山田孝之のことも好きなのかも。じゃあ私が好きなのって山田孝之じゃなくて電車男?!

「ポルノグラファー」は地上波で観ていたのですが、ポルノグラファーの前日譚?の「インディゴの気分」はFODでしか配信していなかったので、まあ、観ずにいたのですが、地上波での放送が決まったということで視聴。
ポルノグラファーもけっこう攻めた描写がみられてましたが、インディゴの気分も攻めてますね~。
城戸役の吉田宗洋さんがちょっと演技が下手というか、棒読みというか、イントネーションが怪しい時がある(中途半端な関東寄り地方出身なのかしら?栃木とか。)のが気になるけど、セクシーな見た目だし、ま、いっか。
一話一話が短いのでサクっと観れていいですね。主題歌が鬼束ちひろさんなのもいいです。
ていうか、木戸だと思ってたんですけど、城戸だったんですね。木島と木戸って似ててややこしいな、とおもってたんですが、城戸でした。
前日譚なので、このあと城戸は結婚して子供も生まれるのがわかってるんですよね~。
とはいえ、FODでの配信や原作のコミクスを読んでいないので、どうなるのかぜんぜんわからなくて楽しみです。

↑このページのトップヘ