ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

朝ドラ半分青いの最終週、最終回の感想です。
朝ドラをリアタイで完走したのは今回の半分青いが初めてだったのですが、朝ドラってこんなモンなの?というのが正直な感想です。
正直、再放送のカーネーションの方が面白いですね。
カーネーションは観ながら自然と笑顔になったり、ハラハラしてドキドキしたり、15分という短い時間の中で毎回心が動くのですが、半分青いにはそういうのは、すこしあったかもしれないですけど、おわりに近づくにつれてどんどんなくなっていってしまった印象です。

人の死って、お手軽に観る人を感動させられる手段だと思うんですけど、人の死を使っておいて何の感動も生み出せなかった半分青いはヤバいと思います。
ユーコが死んだ時、私の中に沸いた感情は「不快なドラマだ」という気持ちでした。
ユーコが死ぬのが分かりきった展開(スズメと再会した際に「海がそばにある」とか死の話とかワザとらしくさせてたので)だったのに、さんざん生きてる生きてると期待を持たせて、秋風がユーコのために漫画を描くとか言い出して(その漫画も実際ドラマの中に登場すればまだマシだったのにね ホントに描いたの??)、謎のキャラメルの描写も・・・唐突すぎて意味がわからん・・・キャラメルは正方形じゃないぞ・・・。
どのくらい時間が経ったのかの描写があいまいなので、ボクテのキャラメルをスズメが食った時、「エッ、よく変形してなかったね」「どのくらい入れてたの??;;;」って思った。溶けてベタベタにならんの??
・・・脱線したけど、死ぬってわかりきってたユーコを、あれだけ生きてるって期待させる描写して、死をひっぱってひっぱって、ボクテの「だめだった」って電話だけで終わらせるっていうのが、不快でした。
ユーコが生きてると願う描写はあんなにじっくりやるのに、ユーコの死そのものは「だめだった」だけで終わらせるんだ。
「だめだった」ってはっきりわかったってことは、ご遺体がみつかったんだよね?
ユーコの夫と子供が遺骨を骨壷に収める描写くらいすればいいのに。
N●Kは受信料ゴリゴリとってる割りにケチなのね。

登場人物の無駄遣いも多いよね。
結局まーくんの再登場も、あまり必要なかった印象だし、カンちゃんなんて「スケートやりたい」と言ってスズメに再上京させるための脚本上の手段でしかなかった。
何度も3オバに預けて物語に登場しなかったり、脚本家が「カンちゃん」という登場人物を動かしづらくて出さなかったのがバリバリ。
カンちゃんやスズメにアイデアを出させるために、海外まで行って勉強したはずのリツがアホになってるのも観てて気分が悪かった。

扇風機の名前をいきなり変えたところもリアリティなさすぎてやばかった・・・。
しかも物語の最後に出てきたのが、思い出したように出てきた傘wwwwwww
ねえ、もうちょっとその傘をリツが作ってる描写とかをさ・・・ユーコのgdgdの代わりに入れた方が良くなかった???
スズメを再上京させる道具でしかなかったカンちゃんが、傘に一緒に入ってるのに違和感しかなかったわ・・・。
リツと相合傘で良かったじゃん・・・。

2017年のテレ東の秋のスペシャルドラマです。
観ようと思っていたのに見逃してしまい、録画もしそこねていた作品。
幸いにもAmazonプライムビデオで観ることができたので、1年も前の作品ですがいまさら感想。

やっぱり上川隆也はいいですねー!
映画のようなクオリティとボリュームで引き込まれました。
苦しみながら正義を貫く上川隆也さんがカッコイイ。
登場人物がみんな魅力的ですね。
いろいろな偶然が重なり、裏で意外な人物が糸を引いていた・・・という展開も、まるで映画です。
説明不足に感じる部分もなく、かと言って長ったらしく説明するようなシーンもなく、展開も分かりやすいし、観やすいドラマ。
原作がしっかりとしていて、映像化にあたってその原作を忠実に再現した結果でしょう。
スペシャルドラマの尺にちょうどおさまる原作をチョイスしたところもエライ!と思います。

前田敦子ちゃんの演技がヘタクソだったのがちょっと残念。
話し方がヘンなんですよね。ちゃんとイントネーションとかの勉強してないんだろうな。
声の出し方もことばの切り方もヘン。
こういう演技を求められる場面もあると思うけど、今回の重厚なつくりのドラマでは浮いてた。
上川隆也さんが完璧だから余計に上川隆也さんと対峙すると「浮く」。

現在朝ドラでふわふわしたイケメン(?)を演じてる中村倫也さんが、冤罪で自殺するハードな役で出演。
そういえば中村倫也さんって、ウシジマくんでもひどい目に遭わせたり遭ったりするダーティな役やってたし、悪役とかダーティな役多いよね、と思いました。
朝ドラがイレギュラーなのかしら。
なんにせよインパクトありました。
中村倫也さん演じる楠木が自殺をしたことから全てが動き出したので、重要なシーンですから、インパクトがないとダメなんですけどね。ナイス演出です。

船越英一郎の存在感がありすぎたのはちょっとしたミスですよね。
せっかくのどんでん返しがちょっと薄れちゃった。
洋画を観てて有名声優が吹き替えをやっているせいで「コイツが犯人だ」ってわかっちゃうやつ。

ともあれ面白かったです。
Amazonプライムビデオは便利ですね~。こういうのもっとラインアップしてほしい!

半分青いの感想ですー。
ダラダラと付き合ってきたこのドラマも残すところあと2週ですね!
先週からあまり物語が動いていないので、あまり感想を書くことがないのですが(笑)
ユーコが「スズメの声が好き」と言ったのは衝撃的でしたね!
「マジ??????」と私は思いましたが、私の母も「あのキンキン声のどこが?????」と言っていました。
ですよねー!
ボクテの漫画がまだ連載中なのにも驚き。ちょ、長寿作品だね・・・。そんな売れっ子と言って良いポジションになってるであろうボクテ、神様のメモをもう一度描き直したいって・・・い、い、い、いまさら~~~???
そして相変わらずスケートの描写が1ミリもないカンちゃん。

そして、
スズメ、40歳にしてついに「一番大切な人が分かった」
私(カンちゃん・・・)
スズメ「リツだ!」
私(え、え、え~~~???!!!自分の子供じゃないの?!?!?!)

超衝撃でした。
3オバリョウちゃんにカンちゃんをとられたくないみたいなこと言ってたのに、一番大事なのはリツなの?!?!?!
リョウちゃんは映画が一番大事かもしれないけど、人間ではカノが一番大事だとおもうよ!!!!笑
スケート代も3オバに援助してもらってるとか言ってたし、3オバとリョウちゃんにカノあげてスズメはリツとくっついてればいーじゃん・・・。

なんか、なんだかんだで幼少期の描写の頃が一番面白かったですね。
スズメは言動も行動も子供の時と変わってないし・・・。

↑このページのトップヘ