「美しき罠〜残花繚乱〜」4話から6話までの感想です♪

なかなか録画を消化する時間が取れなくて、
4話は旦那さんのいる時間に視聴!
あまりのドロドロぶりに震えていました・・・ごめんね

私が登場人物を解説しながら一緒に4話を視聴、
最後の5話の予告を観て、
「ええー!結婚しちゃうの?!」と旦那さん。
黒ベースの着物と純白のドレスのコントラスト、
「結婚は地獄よ」とささやく美津子。
ひえぇ怖ろしい

りかが意外と強いのもイイです。
美津子とボロボロになるまで戦うがいいわ!

とはいえ単なる不倫や女の戦い!という内容ではなく
揺れ動く気持ちや複雑な心理をきちんと描いていて
悪女になりきれない主役ふたりの女たちがいじらしく、
幸せになるの?転落しちゃうの?どうなっちゃうの?と
気になってついつい観てしまいます。

田中麗奈さん、若村麻由美さんら主役の2人の役者さんが
本気で演じてるのが伝わるのもナイス!

調べてみたら、脚本を務めてらっしゃる浅野妙子さんは
「ラブジェネレーション」や「神様、もう少しだけ」、
「大奥」「ラスト・フレンズ」などを手掛けた方なんですね。
面白いのにも納得かも。

視聴率は低いみたいですけど
連ドラらしく、きちんと視聴者の気持ちを
次回に引っ張る構造にしているところに好感が持てます。
「ゴーストライター」にも共通してる部分かも。
どちらも好きなドラマです。
女同士のバトルばかり観てるみたいですねあれれ

7話も怒涛の展開の予感?な次回予告。
予告編の構成はとても素晴らしいと思います。
思わず「ニヤリ」としてしまう、
面白そうだと視聴者に感じさせる予告だと思いました。


「7」で思い出しました、7月からの夏ドラマで
「花咲舞が黙ってない」の続編がスタートするみたいですね!
わーいわーい上川隆也さんがまた毎週観れる♪

また、4月から谷原章介さんが「アタック25」の3代目の司会になるとか。
まさかのキャスティングにびっくりです。
タニショーは6児のパパになったにもかかわらず、
今期のドラマ「警部補・杉山」にイマイチ
子沢山の私生活が活かされてない感じがしていたので
アタックの司会はうまくハマるといいな~。