半分、青い。の録画予約をしていると、なぜか自動で勝手に「カーネーション」の再放送が録れていました。
しかも毎日2本ずつ放送なので、半分青いの倍のスピードで録画が増えていくんです。
3週分たまったところで、いっちょ観てみるか!と、視聴開始。

…これ、面白いですね。

特に12話は、糸子の号泣に私も涙
勝手に涙が出ました。

まだ第3週ですが、内容が濃いですね。
半分青いを観ているとあっという間に終わってしまう感じがするんですが、
カーネーションは「まだあるんだ」と思うくらい、1回1回の内容が濃いです。
(半分青いの内容がうすいというわけではありません。カーネーションがつまらなくて長く感じるというわけでもありません。とにかく内容が濃い!!)

糸子の父親・善作が典型的なあの時代の頑固親父って感じで、うちの父にそっくり。
言ってること同じだもの。
商売(仕事)が下手でうだつのあがらないところもそっくり。
観ていて苦しかったです。

だからこそ、糸子がパッチ店で働くことを許可された時は一緒に喜びました。
パッチ店での仕事は糸子が想像していたものとは少し違いましたが・・・。
「好きなことをやるのは大変なこと」と、思い知らされますね、
他人の敷いたレールを進むのも痛みが伴うものですが、自分で道を切り開くのもまた大変なこと。

父の「勉強しに行くんや」ということばの意味をやっと理解した糸子、へこたれずに前向きに、だんじりの如く突き進んで行きます・・・が、まさか最初の目的だった「ドレス(洋服)を作る」を忘れていたとはwwww
糸子らしいですね~~
お父ちゃんに洋服を作って来てもらうことで、洋服の良さをわかってもらって洋服づくりを認めさせようとする糸子・・・、糸子が作ったアッパッパを捨てろと奥さんに命令するお父ちゃん・・・、
捨てずに商品のなかにまぎれさせて隠すお母さん・・・、
呉服店に来店したお客さん、そのアッパッパを「捨てるくらいなら売ってくれ」、と・・・。
アッパッパが売れるなり、自分もアッパッパを着始め、糸子に作らせて売るお父ちゃん・・・
まさかの展開でしたね~~。
パッチ店での「勉強」があったからこそ、良いアッパッパが作れたんでしょうね。
しかも、お父ちゃんに気にいってもらえるように凝ってデザインしたものでしたし。
ただ作ったものとは違いますよね。
熱心にアッパッパを作る糸子に、「パッチ店を辞めてほしい」と大将から告げられて・・・。
どうしたんでしょう。パッチ店、経営がかたむいていたんでしょうか。
毎日2話ずつ放送しているのに、早く続きが観たいです。