しばらく感想をさぼっていたおっさんずラブの第2話~第4話までの感想です

2話は春田が牧にキスされて・・・からの~~とかなり衝撃的なシーンからの再開・・・
昨夜のあれは???って感じの春田が面白い・・・
そして2話には田中圭くんと林遣都くんの副音声が!!!
幸い録画していたので、副音声+字幕と副音声verと通常verで3回も観るハメに・・・
吉田鋼太郎さんが良い味出してましたね・・・シャボン玉につつまれながら"乙女武蔵"に目覚める黒澤課長・・・そんな長い片思いをしてたのね・・・。
長く片思いしていると、妄想が膨らみ過ぎちゃって自分の中で恋がどんどん美化されていく気がしません?
黒澤部長も長く片思いしすぎて本物の春田と"はるたん"が乖離している気がする。笑。
牧に現実を突きつけられてか~ら~の~
「はるたんそんなんじゃねぇよ!!」と掴みかかるのは爆笑

3話は黒澤蝶子来襲!
「春田=はるたん」に気づいて乗り込んで来たのかと思いきや、プロフィールの「お人よし」を見込んで夫の浮気相手の「はるたん」を突き止める協力をお願いする蝶子・・・まじかい。
板ばさみに苦しむ春田。サンドイッチマンとかかってて面白かった。
SPドラマ版と職業が変わってて、あれ??と思ったけど、ちゃんと不動産やさんなのが活かされてていいですね。

4話は「第三の男」。
怪しかった潔癖症の眼鏡の男・武川政宗の正体が遂に――!
まさかの牧の元カレ。
自分に気があるんじゃって人生最大のモテ期にびびる春田でしたが、まさかの牧の元カレ。
そういうことかー!!ってすっきりしました。
2話の副音声で「政宗」って名前なんです、覚えておいてください、みたいなこと言ってましたが、結局なんだったんでしょう。
伊達政宗=二刀流だから武川はバイ!って説を見かけましたが、伊達政宗って二刀流でしたっけ??
宮本武蔵は二刀流で有名ですよね。黒澤武蔵がバイならわかるんですけど・・・まあいいや。
おっさんずラブは脚本がよくできていますね。
4話なんか特に、それぞれの登場人物の設定を活かして上手に駒を動かして物語を展開させてたな、と感心しました。
思わずバックハグ(しかも誤解を与えそうな格好で)&他のコに見られちゃう・・・って、お約束ですよね。
視聴者の期待する「お約束」と王道ストーリー、とても良いです~~。

5話は遂に牧の「付き合ってください」に春田、「はい」!!!
これはSPドラマでは描かれなかった「その先」ですね。楽しみです。
振られた黒澤部長の今後の動きも気になります!