おっさんずラブの6話の感想です
6話・・・かなりぶっ飛んだ展開でしたね・・・

もう最初からずーっと牧くんが切なくて切なくて・・・。
黒澤部長にはあんなにゴリゴリに敵対心剥き出しにしてつかみかかってはるたんを取り合ってたのに、ちずちゃんには「告白しないで!」も言えない牧くん。
手に入る前は強気だったけどイザ自分のものになると臆病になるキモチ、分からんでもないけど・・・。
春田も春田で、牧が不安になるような言動ばっかりしちゃう。
さすが女にモテない春田・・・女の子はどんなプレゼントよりも「安心」が欲しいもの。
牧は女の子じゃないけど、牧も「安心」が欲しかったはず・・・もう一回バックハグして、好きって言ってやれよ!・・・って思ってたら、まさかの1年後!!!
突然の1年後。
昭和のにおいの残るレトロな春田家(実家)が、なにやらファンシーな雰囲気に?!
台所には、黒澤部長の姿!!
牧と別れた1年後、黒澤部長と同棲していたはるたん・・・
牧と別れた傷心につけこめ!!って蝶子さんにアドバイスされたのかな。
次回、最終回。
壮大なプロポーズや結婚式っぽいカットが次々と。
ええー?!

個人的には牧と元サヤ希望なのですが、まさかの部長ルートっていうのもアリ・・・アリですよね・・・。
いったいどうなってしまうのか気になりすぎるおっさんずラブ。

そういえば、今回は2話ぶりの副音声がありましたね。
2話で遣都くんが言っていた「この人マサムネって名前なんです、覚えておいてください」の伏線が、6話の副音声で遂に回収。笑。
「マサムネ!」と怒る牧くん。
「ここでしか武川さん"マサムネ"って呼ばれないんだよ」・・・って
そういうこと?!ソコの伏線?!
壮大な伏線でしたね~~。ていうかここでしか呼ばれないんだ・・・ファーストネーム・・・。