半分、青い。の感想ですー。

とうとう、扇風機の開発というラストに向けて物語が動き出しましたね。
まーくんも参加してるけど、まーくん、仕事は?笑
まぁいっか・・・。

起業しようと考えるリツに「やめておけ」「看板をだいじにしろ」って言ったスズメ、、、
あのシーンだけはいただけなかった。
いつもほのぼのしているリツも怒って、朝から嫌な気分になる回だった・・・。
年収800万という数字と、緑色の物を作る加藤の言葉だけでリツに説教し、今度は母に諭されて謝りに行くスズメ・・・おまいの考えはないんかいっ!って観てて思った。
リツは離婚して、より子さんも再婚して、養育費の心配もないでしょうし、今のリツにだって失うものは何もないでしょうに・・・。

(どーでもいいけど別れた妻の再婚祝いにバラの花束贈るの気持ち悪すぎる・・・。バラってやべー感じの恋の花ことばを意味するものばっかりだし。意味深に捉えられたらどうすんだろ。より子さんがめっちゃ花が好きでいつも家に花を絶やしてなかった、とかならまだ飾ってオシマイだからいいかも知れんけど。私なら「怖っっ!!どーすんのこれ?!」ってなる。)

ズズメの説教を聞きながら、「スズメ、リツはそういうので(年収800万が欲しくて)働いてるんじゃないよ・・・。やりたいことをするために働いてたはずだったんだよ・・・。」と思いました。
まーくんの方がよっぽどリツを理解してくれてたよね。
リツはまーくんとおだやかにふたりで暮らす方が幸せなのでは?と、ゴーヤを切るまーくんを見ながら思いました。
スズメの金切り声は落ちつかん・・・。耳がかたっぽ聞こえんから音量調節の効いてない声出すんかな?スズメ。

そういえば、カンちゃんがスケートをしてる描写がまっっっっっったくないけど、予算ないのかな?
それとも、この「半分青い」という物語にカンちゃんの存在はたいして必要じゃないってことなのかな。(怖)
結局スズメが再上京するキッカケでしかなくて、なんか物語を動かすために強引にフィギュアスケートの才能に目覚めるキャラにされたみたいで怖っっ。

ていうか現在再放送中のカーネーションは子育てしながら働く苦労が描かれてましたけど、半分青いはそういうのぜんぜんないね。カンちゃんって手がかからないんだなあ。育てるおカネがどこから湧いてるのかはもう知らん・・・。

小2の問題が解けないスズメはヤバすぎ・・・小2って九九とかでしょ?
スズメは九九もできないってこと??ヤバない???
スケートができるから勉強はできなくてもいいみたいなこと言ってたけど、小2ですよ。九九もできない大人になるのはヤバいでしょ・・・。
それに勉強もきちんとやってるスポーツ選手に失礼だよ・・・。張本くんとかめっちゃ勉強もできるし常識もあるとってもいい子だよ・・・。

せっかく100話以上に渡って付き合ってるドラマなので、良いところを探して褒めて楽しく観たいんですけど、最近の回はまーくんとリツのほのぼのシーンくらいしか褒めるところないかな・・・。
なんか、つけるたびに「今日はどんな不快なシーンがあるんだろ・・・」と恐怖すらします。