2017年のテレ東の秋のスペシャルドラマです。
観ようと思っていたのに見逃してしまい、録画もしそこねていた作品。
幸いにもAmazonプライムビデオで観ることができたので、1年も前の作品ですがいまさら感想。

やっぱり上川隆也はいいですねー!
映画のようなクオリティとボリュームで引き込まれました。
苦しみながら正義を貫く上川隆也さんがカッコイイ。
登場人物がみんな魅力的ですね。
いろいろな偶然が重なり、裏で意外な人物が糸を引いていた・・・という展開も、まるで映画です。
説明不足に感じる部分もなく、かと言って長ったらしく説明するようなシーンもなく、展開も分かりやすいし、観やすいドラマ。
原作がしっかりとしていて、映像化にあたってその原作を忠実に再現した結果でしょう。
スペシャルドラマの尺にちょうどおさまる原作をチョイスしたところもエライ!と思います。

前田敦子ちゃんの演技がヘタクソだったのがちょっと残念。
話し方がヘンなんですよね。ちゃんとイントネーションとかの勉強してないんだろうな。
声の出し方もことばの切り方もヘン。
こういう演技を求められる場面もあると思うけど、今回の重厚なつくりのドラマでは浮いてた。
上川隆也さんが完璧だから余計に上川隆也さんと対峙すると「浮く」。

現在朝ドラでふわふわしたイケメン(?)を演じてる中村倫也さんが、冤罪で自殺するハードな役で出演。
そういえば中村倫也さんって、ウシジマくんでもひどい目に遭わせたり遭ったりするダーティな役やってたし、悪役とかダーティな役多いよね、と思いました。
朝ドラがイレギュラーなのかしら。
なんにせよインパクトありました。
中村倫也さん演じる楠木が自殺をしたことから全てが動き出したので、重要なシーンですから、インパクトがないとダメなんですけどね。ナイス演出です。

船越英一郎の存在感がありすぎたのはちょっとしたミスですよね。
せっかくのどんでん返しがちょっと薄れちゃった。
洋画を観てて有名声優が吹き替えをやっているせいで「コイツが犯人だ」ってわかっちゃうやつ。

ともあれ面白かったです。
Amazonプライムビデオは便利ですね~。こういうのもっとラインアップしてほしい!