話題の映画、「カメラを止めるな!」を観に行ってきました!
前半30分と、残りの1時間で、2回クライマックスがあるとか
2回観たくなるだとか
そんな前情報で
オススメされたので観て来ました~~!!

評価がすっぱり分かれる映画だと思います。
ゾンビ映画ですが、完全にコメディです。
笑いに来るつもりで観に来ないと、しんどいと思います。
前半の映像で白けてしまっていると、おなじくしんどいと思います。
前情報なしで観てほしい、という方もいますが、さいしょの30分の映像に「意味がある」と思いながら観ないと、つらいでしょう。
前情報がなくても「この映像には意味があるんだな」と興味をもって観ることができればいいですが・・・映画という娯楽を楽しみにきているのに、観る側の姿勢を問われるのはちょっとしんどいと思います。

前半の30分はカメラがグラグラグラグラ揺れて、
視点を変えるときにブン!と動くので
とっても酔いました!!
乗り物酔いとか3D酔いとかする人は、酔い止めを飲んでから観に行くといいと思います!
私は、2回クライマックスがあるとか2回観たくなるとかいう情報よりも、酔うよ!って教えて欲しかったです。

でも、このグラグラグラグラ揺れる素人くさい画面には、意味があるんだ、理由があるんだ・・・と、このあとの展開を楽しむために必死こいてガマンしました。
うす目で見てても酔います。
ときどき目を開けて、声と音で何が起きてるか判断しながら30分耐えました。

↓↓こっからネタバレ↓↓


30分耐えると、エンドロールが流れて、やっと本編が始まります。
前半30分の映像がどういう経緯で、どのように撮影されたかを追っていき、このシーンの時こんな風になっていた、ここのセリフがとってつけたような台詞なのはこんな理由があったから、と言った調子で
前半の素人くさい映像の謎が解き明かされていきます。

もちろん、"じっさいに映像を撮っている"わけではないので、
前半の映像と前半の映像を撮っている映像で、役者さんは同じ演技を2回しています。
これはすごいなあと思いました。
DVDなんかでじっくりみると、違うな~と思うかも知れませんが、映画を観てる限りではまったく同じ演技にみえました。
この映画は役者さんが本当にうまい。
映画の構成だとか内容だとかよりも、役者さんの演技のうまさに目がいく映画でした。
「なんだこの演技」と思うシーンにちゃんと意味があるところがすごいです。

前半30分を耐える必要があるところが、この映画のネックだと思います。
ざんねんながら、私はとても2回観ようとは思えませんでした。
シュタインズゲートというアニメも、すごく人気がありますが、おもしろくなるまでとても時間がかかります。
全24話ですが、前半の12話耐えなければ、おもしろくなりません。
ある意味、カメ止めと同じ構造だと思います。
かといって、シュタゲを13話から観てもおもしろくないでしょうし、
カメ止めも、37分から観てもすこしも笑えないでしょう。(ちょっとは笑えるか?でも同じカタルシスは味わえない)

でも、どちらも絶賛している人が多いので、
我慢強くてMな方が世の中には多いんだなあと思っています。
ツンデレというやつでしょうか。
耐えたぶん面白い、みたいな・・・。

私はせっかちな性格なので、さいしょからずっと面白い映画やドラマやアニメの方が好きです。はやく面白くなってほしいんですね。
前半ガマンしながら観ないといけないという構造が、ちょっと気に入りませんでした。