友達がAmazonプライムビデオで観たそうで、タダだし!と思って視聴

前半はパトレイバーみたい~~と思いながら観てました。
ロボット警察が導入されて治安を守ってる的なかんじ。
そのロボット警察を開発した"創造主"はAIの開発をしていて、廃棄予定の警察ロボットに自分が開発したAIを載っけてテストさせてくれ!と言ったり、どちらかというと治安がどうこうよりロボット大好きのオタクくんです。
別の警察ロボットを開発してるコワモテのおじさんがいて、オタクくんをライバル視してたりします。

オタクくんは廃棄ロボを盗み出しますが、ギャングに襲われて廃棄ロボをギャングに育てろと言われてしまいます。
廃棄ロボにAIを積んで、見事チャッピー誕生!

けっこうツッコミどころ満載な感じ。
考えるな感じろ!って映画ですね。
B級映画だと思って観るといいかも。

前半はパトレイバーみたい~と思ったと書きましたが、後半は攻殻機動隊っぽい。
ていうかパクった?
でっかい遠隔のロボが攻めてくるあたりとかゴーストインザシェルにそっくり。
とにかく登場人物の頭がわるいゴーストインザシェルって感じです。
身勝手な行動をする登場人物だらけなんですよね。
それがAI(チャッピー)のかしこさを際立てるんですけど。
まあ実際人間って身勝手なバカばっかりかもしれませんけど・・・あまりにも悪し様に描き過ぎかな。
まともな人間おらんの?ってなります。

しかもラストあたりでいままでさんざんワルやってたギャングの親玉が急に自己犠牲に目覚めたり覚醒したりするんですよね~~~これがご都合主義ってやつ?!

結末もそれでいいの?っていうような身勝手ENDです。
ていうか警察ロボを作ってる工場のセキュリティが甘すぎる・・・。
チャッピーが少佐並のハッキング能力があるとは到底思えないし・・・。

まあとにかくツッコミどころの多い映画でした。
チャッピーは可愛かったけどイライラしたなあ。