ソウって一時期めちゃくちゃ話題になりましたよね~~。
ソリッドシチュエイション・ホラーっていうジャンルを確立した映画のひとつではないでしょうか。

ソウ2~ソウ7がAmazonプライムビデオに入ってたのでさっそく視聴~~~。
一作目のソウがプライムに入ってないとこがやらしいですね。
なんだかんだ初代が一番面白いですからね~~。
グロに走ったり引き延ばしにかかったりして迷走してましたよね。

さてさて、ひっさしぶりに観たソウ2ですが・・・
面白いじゃん!っていう。
オチ以外の記憶がだいたい全部なくなっててすごく楽しめました
(オチも忘れてたかったな・・・)

息子がジグソウのゲームの参加者にされてしまった刑事さんが主人公。
しかも息子は自分が証拠をデッチ上げてムショにブチ込んだヤベーやつらと一緒にゲームに参加しています。
自分の息子だってバレたらどんなメに遭わされるかは想像がつきます。
そんな刑事さんにジグソウは、「2時間ここで自分とおしゃべりしてくれるだけで息子は無事に戻る」と言います。
しかしモニターに映る息子の状況はどんどん悪化していき、ゆっくりおしゃべりなどとうていできる精神状態ではありません。
しかも刑事はもともと悪者を証拠をデッチ上げてムショにブチ込むような荒っぽい性格です・・・。

というあらすじのソウ2。
ジグソウさんは相変わらず最前列でゲームを楽しみたいんですね。
ソウ1から変わってません。

他のひとにとってはカンタンかもしれないけど、本人にとってはカンタンじゃないゲームをさせるところがニクイですね~~~コッチは「2時間おしゃべりするだけで息子は戻るのに・・・」と思いながら観てるんですけど。
まあ、ジグソウが本当のこと言ってるかなんて信用できないですよね。フツウは。

しかしソウの登場人物は自分勝手なヤツばかりですね~~~まあそんな自分勝手な性格だからジグソウの標的になってるとも言える・・・。

ジグソウことジョンさんは末期がんなので、3でご退場なさって後継者へ引き継がれます。
4は3の裏側と過去編なので、5から後継者編。
3は後継者候補?のアマンダを主軸に物語が展開しますが、2の刑事のゲームのために刑事がムショにブチ込んだ男女が犠牲になったのと同じく、アマンダのゲームのために何人もの人がけっこう理不尽に犠牲になります。
ヒトひとり更生させるには犠牲多すぎません?笑。
子供がチラホラ出てくるんですけど、子供は犠牲にはならないんですよね。子供が残虐に死ぬのはアカンのかな。
Jホラーだと割りとさっくり子供も殺しちゃうから、ソウは子供には優しいなと感じます。