前回に引き続き映画ソウの感想です!
3も2と同じく、絶対観たはずなのに全然思い出せなくて新鮮な気持ちで楽しめました・・・でもオチだけは記憶しているというw

ソウ3は2で登場したアマンダを主軸に物語が展開します。
末期がんで死にそうなジグソウことジョンさん、とある男性のゲームを見届けたいので女医さんを誘拐してきて延命してもらいます。
男性がゲームを進めるにつれ、ジョンの具合もどんどん悪化・・・ジョンに心酔するアマンダは徐々に冷静さを失います。
そして、ソウ・ソウ2・ソウ3でのゲームの裏側がちょこっと明かされます。最初からアマンダが協力してたんかーい。
過去作を巧く使って話を拡げてますね。

ソウ3ってもっとグロかった記憶があったんですが、あらためて観るとあれ・・・?意外と大したことなかったな・・・?って思っちゃいました。
前に観た時よりもグロ耐性がついたのかもしれません。
2の注射器の方が痛そうだったかも。

ソウ3も相変わらずジグソウは最前列でゲームを鑑賞。
自分まで巻き込んでます。まあ2でもボコボコにされてかなり消耗してたけど、今回はジグソウの消耗が比じゃないですね。
1と2に比べると3は落ちるというような評価も見ますが、3もちゃんとこれまでの流れを汲んでいて面白かったです。オチを知っていながら観たので、細かい伏線なんかに気を配りながら観れたのかもしれません。

一応3で終わっても問題ないくらい、伏線をまとめて終わっていますが・・・4でさらなる裏側が明かされるのでした・・・。