ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2015年08月

ドラマ版デスノート8話、9話観ました~
魅上キラ爆誕と共に原作にない展開が始まりましたね。
色々とツッコミどころもありますが
なかなか面白いんじゃないでしょうか?

やはりLが死ぬシナリオでしたね~
映画の展開が好きだったので、Lが月に勝って欲しくもあり・・・
でもクボタマ月が可愛いので月にも勝って欲しくもあり・・・。

8話でLの名前をノートに書いても死ななかった時は、「ジェバンニだ!!!!」と思わず興奮です。
ジェバンニが一晩でやってくれたんですよね???って。
(結局ワタリだったけど・・・笑。)

Lは死んでしまいましたが・・・ビデオレター(?)で最後まで出てくるの、かな?
原作はLの死から少々失速した感じがしたので
ドラマはがんばってほしい
映画はLが決着をつけたのが私的にすごく良かったんですよね~。

オリジナル設定、オリジナル展開がどうしても目立ってしまうドラマ版デスノートですが
原作ファンに嬉しいシーンや展開もきちんと取り入れられていて
私的には好感の持てるドラマです
魅上が「削除・・・削除・・・削除・・・」って呟きながら名前書いてるのも面白

昔からファンだった窪田正孝くんの魅力が存分に伝わるドラマだと思います。
演技も上手いし!
怖い顔がすっごく怖いし澄ました顔はすっごく綺麗。
素敵な役者さんだわ。

10話はいよいよ人形じゃないメロ登場?!
原作のバイオレンス感をがんばって出して・・・た?
次回も楽しみです。

相変わらず甘酸っぱい「恋仲」!
5話はついにあかりと葵の誤解が解け、7年越しのキス・・・

ベタな甘酸っぱい青春シーン、「もうやりつくしてない?」と思うのに、意外と出てくる。
海に向かって叫んだり
花火をしたり・・・
夜明けに、寝てるところにキス・・・と思ったら
実は起きてる・・・っていう。

すごいわ。ベッタベタよ。青春すぎるわ。

翔太の葛藤もイイですね~。
2話~4話までは翔太イヤなやつ!と思う部分もありましたが、5話では意外なネタばらし。
あかりパパが思った以上にクズでゲンナリしたわ。
まぁ娘にあんな苦労させといて
自分は家庭持とうとしてる上に
娘の彼氏にお金を無心するって・・・最低よっ

5話はついに葵がリード。逆転しました・・・が!
7話の予告を見る限り、またこじれそうな予感。
6話はちょうど折り返しらしく
初回からの伏線を回収しつつ次の展開へ導く回でしたね。

最後はどっちがあかりの心を掴むんでしょう~
予想がつかなくて楽しいです

久しぶりに映画を観て参りました
ミッションインポッシブルの5作目、ローグネイションです。

3作目からは3、4、5と続けて映画館で観てマス。
というか、トム・クルーズの映画はM:i:III以降ほぼ劇場で観てます。

観てから気づいたんですが
今回の「ローグ・ネイション」の監督&脚本を務めた
クリストファー・マッカリーさんは
「アウトロー」でもトムの映画で監督&脚本を務めた方。

アウトローは小ネタや笑いどころの組み方が上手く
丁寧でとてもよくできた優等生な脚本でした。

今回の「ローグネイション」も同じく、優等生な脚本でした。
同じ監督&脚本と言われて大納得です。

いやー、面白かったです
正直、4作目の「ゴーストプロトコル」が私には合わなくて・・・
5作目も合わなかったらイヤだなぁ・・・でもトム好きだし・・・と、ちょっと不安を抱えつつ観に行ったんですが・・・が!
とっても面白かったです!!

今回のいいところは、まずヒロインがベンジーなところですね。
物語の鍵を握る美女も出てきますが、ベンジーの方がヒロインヒロインしてたわ。

あと、ゴースト~は核ガー核ガーってお話しで、同時期に「核ガー核ガー」「核止めたよ!よかったね!」って作品ばっかり上映されてたのが気になったので、今回は核が出てこなくてよかった(そこ?笑)

カーチェイスもよくできていました。
初めてカーチェイスを面白いと思ったかも。

最後のオチも秀逸。スカっとする終わり方です。
エスプリも利いてたわ。

すでに6作目も作るって言ってますね。
楽しみ~良い感じに仕上がりつつあるミッションインポッシブルシリーズ。
5作目のこの勢いのまま、さらにすばらしいデキになるといいな。
楽しみです

そうそう、映画館にS-最後の警官-の綾野剛くんのパネルがあったからお写真撮っちゃった。
pic0080
剛くんカッコいいわ~
観に行きたいけど時間あるかな・・・

ついにノートを捨てたライトとミサ。
原作では埋める前にミサ(ジェラス→レム)のノートと月(リューク)のノートをくるくる回して細工してた記憶があります。
読んだのだいぶ昔だから記憶があいまいだわ。

ノートを捨てて「きれいな月くん」になった時のクボタマの演技、素晴らしかったわ
目がキラキラしてましたね
ついさっきまで極限状態のような目をしてたのに・・・

窪田正孝くん、雑誌のインタビューで「殺す目」を意識して、目力にこだわって演技をしているせいで撮影のあとはいつも目が充血してるって話してました
そんな風に言われると観る側も目を意識して追っちゃうわ。

ドラマのライトはノートを手に入れる前は平凡で善良な学生だったから、記憶を失った後キラキラした目の良い子になってても違和感ないですね。
原作のライトはノート手に入れる前から俺様だったからなぁ・・・笑。

ヨツバキラの会議シーンがなかなか原作に忠実で面白かったです。
色々変わってる部分もありますが、7話までは割と原作に忠実に進んでたんじゃないでしょうか?
ヨツバキラなんてすっ飛ばして魅上の出番が来ちゃうかと思ってたわ。

月パパが銃を片手に大芝居を打つシーンは松重さんの演技が光ってましたね。
火口も原作に近かったと思います。
罠にハマる火口、滑稽だったわ。小物の悪役らしい良いやられっぷりでした。

そうそう、ミサミサにオーディションを受けさせて潜入捜査するところ、ドアにぶつかったライト@窪田正孝くんが「痛い・・・」って言ってましたが、台本にないセリフだったみたいですね。

ほんとに痛かったんだろうな。
クボタマかわいい

そしてそして、
つ、つ、つ、ついに出ました
「計画通り」!!!

いやーん、悪い顔だわ窪田くん。

平凡な大学生だった月が、ノートを手にしたことで才能が開花していく・・・っていう、ドラマ独自の設定はけっこうアタリなんじゃないでしょうか。
結末も違うって言われたら気になって見ちゃうし。
8話は随分原作と違う展開になりそうです。

そして待ってました「削除」!
次回予告で思いっきり魅上が「削除~」って叫んでて面白かったです
早く8話が観た~い。

5話は相馬さん回でしたね。
花咲の活躍&お約束セリフもあってよかった。
成宮寛貴くんの出番もあって、ナイスな脚本でした。

ヤのつく3文字の人たちのところへ堂々と乗り込む相馬さん@上川隆也さん。
毅然とした態度。
物おじしない立ち姿。
カッコ良かった~

事務所から出てきたあと「怖かった~」とくずおれるところも素敵
ガタガタ震えてる演技、お上手でしたさすが

相馬さんのカッコ良いところがたくさん見られた5話でした。

6話も相馬さんの見どころが多くて良かったです
「花咲舞」らしい「いつもの」ストーリーでしたが
1クールの中で緩急をつけるのには良かったかな、と。
特に6話は勧善懲悪モノらしくてスカっとしました。
「お約束」がキマると気持ちが良いですね。

次回はまたまた成宮くんが登場!
楽しみです。


さらに!シティハンターのリメイク(でいいのかな?)作品の「エンジェル・ハート」の冴羽役が上川隆也さんに決定しましたね!
エンジェル・ハートは、漫画は読んだことはありませんが、アニメは観てました~
上川さんはリョウ役のために役作りをがんばっておられるよう。
まじめな上川さん、きっと原作も読み込んでしっかり役作りされるんだろうな~
すごく楽しみです。
綾野剛くんの単独主演ドラマも気になります。
医者でピアニストだなんてオイシイわ。
なんか原作の漫画の絵が変わった髪型だから、剛くんも謎な髪型になってて面白い

来期のドラマも「観たい!」と思うのが続々出てきていてワクワクします。

↑このページのトップヘ