ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2015年09月

新宿ミロードのEst!Est!さんに再再来店です。
前回いただいた「東京タワー」が普通に食べきれるサイズだったので
今日はちょっとムリそうな大きさの「EST48」に挑戦!
一日限定48個という触れ込みの48cm級ジャンボパフェです。
pic0084
圧巻の高さ!!
良く見るとこれ、ほとんど東京タワーにソフトクリームと傘が一本刺さってるだけの差なんですよね。
pic0081
▲EST48
▼東京タワー
pic0067
たった1本の差ですけど、これがデカい。
下層の部分はチョコソースとバナナがギッシリかつ暴力的な甘さで
もうムリ~ってなっちゃいました。

一緒に来てた家族に食べてもらって完・食

家族はちょっと変わった「ごはんパフェ」を注文。
pic0082
pic0083
見た目がカワイイだけじゃなく、味も美味しかったそう。
ごはんを一口もらったけど、
チョコとバナナで甘~くなった口には最高の味でした。
ごはんってこんなに美味しかったんだ・・・

また是非来たいですね。
ちょっとしたアトラクション感覚

久しぶりに37.5度の涙の感想です
8話・9話で大きくお話が動きましたね。

8話で兄の手を振り払った桃子、強くなったね~
お兄さんの奥さん、「愛してないのは分かってた」「あんな人だったなんて・・・」「産まない方がいいかも」って・・・
急すぎ!!
特に「産まない方がいいかも」って、既にいる2人の子供はどうなるのよ・・・
謎だ・・・
桃子が強くなるキッカケになった話だけど、
奥さんの言動とかはちょっと取って付けたような印象。

9話は8話の最後に登場した桃子の同級生が登場。
「そんなバカな~~」って言いたくなるほどの不幸の連続・・・
なんで生活保護受けたり国に援助を求めないのかしら・・・。
彼女のせいじゃなく国の所為じゃない?桃子も悪くないし。
病児保育がメインのドラマだったはずなのに
どんどん子供なんて作りたくなくなるよーなお話しになってっててヘンな感じよ。
男の人も「この女バカだな~」って思いながら観そう。
桃子のお父さんが死んじゃって、毒母のネタばらし(?)の予告で終わり。
理由があったって桃子にしたことへの罪が軽くなることはないと思うんだけど・・・。

最終回はいよいよ毒母の、桃子に辛く当っていた理由のネタばらし・・・
桃子を身ごもってからお父さんが不倫をした・・・って・・・
桃子全然悪くないじゃん?????
なんかもっと壮絶の理由があるのかと思った・・・。
桃子を身ごもる前は長男長女と絵に描いたような幸せな生活をしてた・・・って、言葉で説明するだけじゃなくて映像も用意してよ。
どんなに幸せで、お母さんもどんなに穏やかな人だったか見せてほしかった。
てゆか3人目身ごもった途端に不倫する?
前から既に兆候あったんじゃないの???
ちょっと取って付けたような展開に「???」の連続でした。

もこみち@篠原と成宮くん@朝比奈と桃子と毒母の4人でベラベラ喋りまくるシーンは
サスペンス物の2時間ドラマの最後の方に犯人追い詰めて証拠付きつけてるシーンみたいだったわ。
立って喋ってるだけって・・・。

なんか不満をタラタラと論ってしまいましたが
最後に朝比奈を選んだ桃子グッジョブよ。
成宮くんやっぱりかわいい
クリスマスプレゼントに雪だるまって・・・
正直いらな~い・・・って思ってたら、桃子超喜んでるし、
ゆきだるまの首にかかってる指輪が本当のプレゼントだし・・・。
朝比奈さん洒落たことするわ。
桃子がお子ちゃま過ぎて伝わってないけど・・・。

ナリの可愛さと藤木直人のカッコよさだけでも十分楽しめるドラマでした。
もこみちもカッコ良かったわ。
イケメンがたくさん出てくるドラマはやっぱり目の保養になります

花咲舞シーズン2、とうとう終わってしまいました~
銀行の頭取まで登場して、最終回らしい大きなお話でした。
成宮寛貴くんが途中退場したのが悔やまれる~。

真藤常務@生瀬勝久さんが結局は厳しい人だけど銀行が大好きなだけの良い人で良かった。
真藤の危機に舞&相馬の臨店班が児玉@甲本雅裕さんと協力するのは良い展開でしたね。
最後に堂島専務@石橋凌さんが真藤に味方したのも。
頭取@村井國夫さんがものすごい悪役だったけど(笑)

頭取はラスボスに相応しい悪役っぷりでしたし
ラスボスを倒すために臨店・真藤派・堂島専務が協力したのはアツい展開でしたね。
最終回はいつもの勧善懲悪。
舞の決め台詞を真藤が言った時は「おお~」と思いました。

花咲父の会話から伏線だったんだなぁと徐々に分かってくる脚本はさすが。
待ち合わせの時にも舞が東京第一銀行のマスコットキャラ「ダイチくん」のうちわを持ってたりと
ダイチくんアピールでシグナルが出てたんですね~。
純金製のダイチくん、面白すぎ・・・
あんなに追い詰められてもシラを切ろうとした芹澤頭取。
ずうずうしすぎでしょ~。

ラストは相馬さんと舞のいつもの日常がまた良かったです。
シーズン2はグルメパートが少なくて寂しかったけど、
最後にふたりが「うどん」「パスタ」とモメてて

真藤常務とも良い関係になれて、
堂島専務も良い頭取になってくれそうで、
不祥事だらけの東京第一銀行は良い方向へ進みそう。

うーん、でもそれじゃあ舞たちの仕事がなくなっちゃう!
シーズン3も是非お願いしたいです。


さて、いよいよ観る秋ドラを決めていかないと・・・。
とりあえず上川隆也さん主演の「エンジェル・ハート」は観るしかないですね。
綾野剛くん単独初主演の「コウノドリ」も必ず観るわ。

ガッキーが好きなので「掟上今日子の備忘録」も観ようかな。
なんか真っ白なヅラ被っててびっくりしたんだけど、原作がライトノベル?なのね。
「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」みたいなノリかしら?
あれも狐の耳が生えてきたり、マンガっぽかったから・・・。

そういえば「すべてがFになる」のアニメが始まるんでしたっけ・・・。
ドラマを観て原作も読んだので、アニメも観てみようかな・・・。

向井理くんの「遺産争族」・・・気になるけど、脚本が「まっしろ」の井上由美子さんでしょ・・・。
「まっしろ」以外はヒット作を生み出してるのに、
直近に観た「まっしろ」がビミョーだったので私の中での評価は低いわ。

新ドラで気になるのはこんな感じでしょうか。
秋ドラも楽しみ♪

「デスけ」とか「デヌけ」なんて愛称までつけられて
みんなに愛されていたTVドラマ版デスノートも遂に完結です

最終回、窪田正孝くんの怪演が光ってました~~
漫画みたいに表情によって顔つきがコロコロと変わる人ですね~。
漫画の実写化に向いてるのかも。

原作と違う部分も多かったですが決着部分は同じですね。
「松田に撃たれる」っていうのがどうにもショボい気がしていたんですが
(松田ごめん)
ドラマ版の月は最後まで自分の正義を貫こうとしていて
松田たち対策部のメンバーも、月に目を覚ましてほしい一心で
月を撃ったっていうのが良かった。

原作の魅上はライトに「神じゃない!」って怒って罵倒するけど
ドラマの魅上は最後までキラを神って呼んでたのが良かったわ。

てゆかまたノートの複製って!!!
ジェバンニいないのに。このワタリ有能すぎるわ。
原作だとLと一緒に死んじゃうのにな。
おじいちゃんだからって甘く見過ぎたわ。

ノートが燃えて、魅上とミサミサは
ノートに関する記憶が無くなっちゃって終わり、っていうの、個人的に好きです。
ライトはノートと一緒に炎に包まれて、綺麗さっぱり、灰になって・・・。
下手にノート残っちゃったら処理に困るもんね。
リュークとレムもずっと地上にいなきゃならないし。

そういえばドラマのレムは灰になりませんでしたね。
ニア・メロとの対決に魅上じゃなくミサを連れていってたら
窮地でレムがノートを使ってくれたかもしれなかったな。
まぁそうなっちゃうと終わらないし月が勝っちゃうけど。

最後の、Lのもう一つビデオレター、面白かったわ。
ドラマは「ビデオレター」を使って、実質的に月をLが倒したっていう図式をやってくれて良かった。
やっぱりLvs月の対決が観たいもの。

さてさて、最後に唐突に発表された映画の続編ですが・・・
果たしてどんな感じになるんでしょう・・・。
月とLのDNAを受け継ぐ新たなカリスマとか書いてあったの読んだけど・・・
DNA受け継ぐってなに?二人の親戚?子孫?(なわけないか)
6冊のノートとか、「誰が保持者なのかわからない」らしいですけど
ヨツバキラの壮大ver.って感じかしら。
キャスト含めて謎だわ~。

絶対みんな藤原竜也と松山ケンイチを期待しちゃうでしょ。
私もミサは戸田恵梨香派だし。

ニューヒーロー、ニューヒロイン、ニュー死神・・・
どんなものになるか分からないけど、期待してます。

恋仲7話&8話観ました~
くすぐったくなるような甘酸っぱさ満載で毎回楽しんでます。

7話は葵が建築家として挫折、再起するお話しがメインでしたね。
あかりとのすれ違いから負の連鎖が・・・という流れは、こういう時ってあるよね~と共感しました。
葵の不器用でまっすぐでちょっとお子ちゃまなところが裏目裏目に。
あかり@本田翼ちゃん本当にかわいい
癒される~。
あかりと葵の夫婦漫才的なやり取りのシーンは相変わらず面白いし、お似合いって感じ!
ばっさーの鋭いケツキックが今回もキマってました。
チラシの裏にあかりが書いたおまつりの設計図。
プロが作るとこんなにすごいのできるんだ~ってびっくり。
花火の設備もすごかった~。
かわいかったし

8話はあかりが会場に来るタイミングがベタ中のベタで
視聴者の期待を裏切らない王道展開に好感が持てました。
あかりが描いた設計図という初期からの伏線を回収!
生き生きと「100年続く家」の自分なりのビジョンを語る葵、輝いてました。
今回のドラマで福士くんは演技力が上がったんじゃないかな~。

葵と翔太、どっちとくっついてもあかりは幸せになれそうですが・・・
まだ建築家としてもアシスタントっていう地位だし、自分に自信がないと言っちゃうヘタレな葵・・・
堂々としてるけどウソついて隠して自分で解決しようとしたり試すような真似したりして自身のなさがチラつく翔太・・・
安心をくれるのは葵かな。バカで不器用だけどまっすぐな葵の方が信じられるなぁ。
翔太は・・・また嘘とか隠しごととかされたり試すようなことされたりしたらヤだし。

次回はいよいよ最終回。
「結末の内容を変えた」っていうニュース記事?を読んだんだけど、ホントかしら。
話題づくりのウソだったりして。

ノベライズの抽選もあったので応募してみました。
当たるといいな。
甘酸っぱ~い青春を小説でも味わいたいです

↑このページのトップヘ