ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2016年02月

初回以降感想を書いてなかった「ヒガンバナ」、6、7話で大きくお話が動いたので久しぶりに感想を書きます♪
5話までは1話完結型のお話を貫きつつ、DAIGOくんが意味深に堀北真希ちゃんの周囲をウロウロ・・・。
シンクロした瞬間の雪と血の描写が伏線なんだろうな~と思いつつ・・・。

5話までの1話完結型のお話は回によってムラが激しくて、すぐ犯人がわかっちゃうツマンナイ回とか、犯人が全然分からなくて「コイツか!」「やっぱりコイツ?!」ってのめり込んで最後まで観ちゃう回とか。
知英ちゃん演じる薫子が大きく絡んだ5話は特に面白かったわ。
最後に被害者の透子が意識を取り戻した所も良かった。
渚のシンクロ能力の使い方が難しいんだろうな~と脚本家に同情するわ。
でも、wikiで確認したら、脚本家が回によってバラバラでオドロキ!
特に単発ドラマの方のヒガンバナの脚本家が今まで1話も連ドラの方の脚本を書いてないのに驚いたわ。
そりゃあムラも出るわよね・・・

6話で遂に渚の過去に迫り、7話で真相が明らかに。
初の2話またぎの6話は、今までで一番ツマンなく感じたわ・・・。
5話が面白かったのもあるけど。
DAIGOくん、やっぱり演技が拙いしちょっと華がないのよね・・・。
もっと普通の俳優さんにしてほしかったわ。
DAIGOくんの喋り方じゃシリアスなシーンがギャグになっちゃうわ。
真剣に演技してる他の共演者たちが可哀想よ・・・

知英ちゃんの拙い日本語をカバーするのに、「帰国子女」って設定を使ったのは上手いカバーだなと思ったわ。
まぁ、DAIGOくんが演じてる菊池もロクでもない貧乏な生い立ちだから学が足りなくてこんな喋り方になってるって思えば・・・アリかも・・・ね

それにしても、出会い系で知り合った中1女子の誘拐事件があったばかりなのに、中学生が教師と密会する話なんてよく放送できたわ・・・。
切りこんで来るわねヒガンバナ・・・。
ヒガンバナが取り扱うネタって結構イマドキっぽい身近なネタよね。
動画サイトとか主婦ブロガーとか・・・。
そういうところ、好きよ。
7話でメインの伏線を回収したところも好感が持てるわ。
次回も楽しみ

ドラマ「傘をもたない蟻たちは」の原作小説を読んだので、ドラマと原作の相違点にツッコミつつ、感想書きます!

小説を読んでまずびっくりしたのが、ドラマ化されてないお話があったこと!
でも、(私的には)ドラマ化されてない分のお話はあんまり面白く無かったから、しょうがないかなって思っちゃった。ゴメンナサイ。
でもでも、ドラマ化されてる部分は原作の方が面白かったわ。

全体的にファンタジックっていうか、現実的になってツッコミを入れたら負け、って感じの描写が多くて、私みたいなオバサンにはちょっとキツい部分もあったかも・・・。
ドラマ化するに当たって難しい部分でもあっただろうな。
とは言っても正直、ドラマの構成は失敗だと思うわ!
特にラストよ!!最終回よ!!!原作読んでびっくりしたわ。ケイスケ死なないじゃない!って
なんでドラマはケイスケを死人にしちゃったのかしら。
自分の創作物のキャラクターって、自分が産んだ子供みたいなものだと思うんだけど、それを勝手に死なされる気持ち、ドラマの脚本家は考えたことないのかしら。
怖ろしいわ
しかも原作者の加藤シゲアキさん本人に演じさせた上に死なせるなんて。
ちょっとした狂気の沙汰だと思うわ。

小説では、ジュンは漁師だった根津爺の後を継いで、自分も漁師になるのよ。
実家が横浜の女性と結婚して、挨拶に横浜へ向かうところで終わるんだけど、漁師がいるようなド田舎村の男がどうやって横浜出身の女性と結婚できるのか謎だったから、無理にそんな結末にしなくても良かったんじゃ・・・っていうツッコミ
ケイスケや赤津にさんざん迷惑かけたジュンがアッサリ結婚して幸せになるのに違和感よ。
あと、小説では「カビ」が印象的に何度も登場するんだけど、ドラマはその描写全カットだったわね。
んもう、描写できないならドラマ化なんてやめちゃえばいいのに!!!!
さっきも書いたけど、ファンタジックな描写が多いの。
ドラマよりもアニメに向いてる作品かもしれないわ。

「インターセプト」も小説の方が怖ろしかったわ。
ドラマだと「主人公が書いた小説」だったから、怖さが半減しちゃった印象よ。
しかも「インターセプト」の主人公は妻のいる不倫男(イマドキ風に言うと「ゲス」ね)だったから、最後怖い目に遭ってざまあみろって思ったわ。これは面白かった。原作小説がね。

「恋愛小説(仮)」も、小説の方がずっと面白かったわ。
なんでドラマはあんな、巨乳が揺れてるだけのお話にしちゃったのかしら・・・。
「恋愛小説(仮)」は、原作では幼くして死んでしまった初恋の女の子を、「書いたことが夢に再現される」ことをりようして、夢の中で大人にして、幸せにしてあげるっていうお話よ。
ドラマ同様、夢の中にのめりこんで行くんだけど、主人公が最後に結局全部自分の自己満足だったことに気づいて、死んでしまった女の子を勝手に夢の中で弄んでたことに反省するの。
これは本当、絶対小説の方が面白かったと思うわ。

・・・とまあ、ドラマへの愚痴が多くなっちゃった感想でした。
読みやすいサクっとした内容だけど、ところどころ書きかたが拙い所もあったかな。
「にべもなく、よるべもなく」は中学生らしい幼さとか青さとか思慮の浅さが良く書けてたと思うわ。
性描写がアッサリしすぎで「要るの?」と思うレベルだったのはちょっと微妙だったわ。
まだ遠慮があったのかしら。
こういうのって遠慮したり恥ずかしがる方が残念に仕上がるわよ、と思ったわ。

色々書いたけど、ドラマのモヤモヤも晴れたし満足よ。
総合的には面白かったです。
ドラマだけ観て微妙な感想を得た方には読んでいただきたい一冊。

ダメ恋観ました~
5話はバレンタインのお話がメインでしたね。
貢ぎグセが発動したミチコが最上くんにいっぱい食べ物買ってきてたの面白かった

三浦翔平くんやっぱり可愛い~深キョンも可愛いし
翔平くん@最上くんが優しくミチコに愛をささやくとドキドキします

良い感じになると鳴る最上くんのケータイ(スマホって言うべき?)。
延期になった同棲。
詐欺詐欺言う主任。
不安になるミチコ。
重なる過去のトラウマ。
ハラハラ度合いが丁度よくてイライラせずに楽しめました。

主任@ディーンフジオカさんは笑顔が超キュート。
笑顔は翔平くんよりディーンさんの方が好きだわ・・・
相変わらず主任とミチコのやり取りが面白い。
最上くんはまっすぐだし可愛いし優しいけど、頼りになるのは主任ね。
不器用ないじわるじいさん・・・。
可愛かったわ。
ドSだから言動も行動もキツいけど本当にヒドいことはしてないのよね。
ピュアで不器用で可愛いわ~。主任~。
ディーンフジオカさんは笑顔が爽やかで可愛いからこの役にピッタリだわ~。

6話の、モフモフ掃除機を探し回るミチコの前に颯爽と現れた主任、超カッコ良かった。
中国語ペラペラ超カッコ良かった~
でも中国人に「モフモフ掃除機を譲ってくれ」と説得するためにミチコ30歳独身借金有りを流暢な中国語で語るシーンは面白すぎて笑っちゃった

最上くんの詐欺疑惑も晴れて、安心するミチコ。
だけど、ミチコから「主任が助けてくれた」と聞いて曇る最上くんの表情。

そして6話の最後、遂に最上くんからプロポーズ!!!
立爪ダイヤ!!!!

「アーカーの指輪だ!」と思って、TVを観ながらスマホで検索をかけたら、アーカーのホームページがぜんぜん繋がらなくてびっくりしたわ。
みんなダメ恋を観てるのね!!
みんなアーカーのホームページにアクセスしてるのね!!!
そうよね~翔平くんがプロポーズに使った指輪、気になるわよね~
ちょっと面白かった。

私はあんまり宝石とか身につけるタイプじゃないんだけど
結婚指輪を買う時に指輪のブランドを徹底的に回り倒したから、ちょっと詳しくなったわ。
一瞬TVにうつったロゴを見ただけでアーカーだって分かるくらいには・・・。

さて、婚約指輪まで貰って、ミチコはこれからどうなるんでしょう~。
来週も観るわよ

5話までのフラジャイルの感想です
3話までの感想で、「何これ、よく調べない医者がいて、長瀬くんはよく調べただけじゃん」とボヤいていましたが・・・。
4話と5話はこれまでのお話よりも、流れもシナリオのデキもずっと良かったと思います!!

4話は小雪さん演じるまどかがメインのお話で、5話は野村周平くん演じる森井くんがメインのお話。
(岸先生と宮崎先生がメインじゃない回の方が面白いってこと?)

「僕の言葉は絶対だ」というセリフの使い方も、4話と5話は自然な流れで使っていて良かったわ。
特に5話は映画のような完成されたシナリオでした。
森井くんの抱えていたものが明らかになったり、森井くんが臨床検査技師としてこれからもがんばるバネを得た回でしたね。
なんとなく流れが読めた回でもあったけど、観る人の期待や予想を裏切らない展開が逆に良かった。
4話と5話は病気の解説が多かったのも良かったな。
3話までは、それってどういう病気なの?テロップでもいいから解説してよ!とイライラすることもあったから。

5話はゲストに関ジャニ∞の安田章大くんが出演
安田くんの演技って観るの初めてだったけど、ガンで死にそうで色々とあきらめてる若者の演技、すごく上手かったわ。
話し方や声が優しげなのも良かった。
最後に安田くん@小早川が残した楽譜を宮崎が弾くところまで予想出来たけど、結末が読めても面白いお話だった。

逆に駄目だなと感じたのが、火村英生の推理よ。
4話と5話はお話しが散らかっていて退屈だったわ。
原作はきっと面白いんだろうな・・・っていうのは伝わってきたんだけど。
でも窪田正孝くんと斉藤工のために観るわ。
6話は面白いかもしれないし・・・

フラジャイル、5話まで観てやっと、岸先生がすごい医者だって分かってきたわ。
とりあえず6話も観まーす。

「わたしを離さないで」、初回から一応欠かさず観ていたのですが、いかんせん内容が暗過ぎて感想を書こうという気にならず・・・
半分くらいまで来ているようなので、そろそろ1回書こうかな、と。
原作未読、映画や舞台などの他作品もノータッチでしたが、あらすじを読んでいたので、暗い内容だろうなというのは予想してましたが・・・。
ストーリーについては最後まで観てみないとなんとも言えなそう。
過去と現在を行ったり来たりする描写は混乱するからあんまり好きじゃないわ。
現在のパートを挟まずに幼少期の話はとっとと終わらせてほしかった。
私が観たいのは綾瀬はるかと三浦春馬なので・・・
でも肝心の綾瀬はるかと三浦春馬登場後のパートが暗過ぎて・・・。
春馬、演技が上手いからトモのアホさがすごく出ててヤバいわ。
本当に春馬がアホに見えてくるから怖い。
インテリでクールなイケメンの役を早くやって欲しい。
このままじゃ春馬のイメージが悪くなりそう
トモのおならの描写が本当にいやなんだけど、原作にもあるのかな。
今読んでる小説があるからすぐには無理だけど、そのうち気が向いたら原作も読んでみようかしら。
とりあえず4話まで観た感想は・・・トモがアホすぎてしんどい
美和は境遇があんなだから、周囲にあたったりしてるけど、ちょっとわがままなだけの普通の女の子だと感じた話。
面倒見が良い優等生の恭子は良い子ぶりすぎよ。
4話の最後についにふっきれてたけど、あそこでトモの所へ行かなかった所がやっぱり良い子ぶりすぎ!
この期に及んで美和にも良い顔したいんだな~って思っちゃった。

2016年の冬ドラも折り返しですね。
春ドラの情報もポロポロと出だしていて、「わたしを離さないで」枠の次ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」の主演が中谷美紀ちゃんと知って、かなり楽しみ
美紀ちゃんゴーストライターでの演技も素晴らしかったし
なんかすごいタイトルだけど
美紀ちゃんと藤木直人様の二人が画面に映ってるだけで幸せなはずだからオッケーよ。

↑このページのトップヘ