ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2016年06月

OLですがキャバ嬢始めましたの初回と2話の感想です

観始めは、主人公の独り言が多すぎて「エーウザイ」と思いながら観てたのですが・・・
話が進むにつれて引き込まれて行きましたw
店長の、キャバクラでのお客様への対応の仕方とかが全然知らなかったことだったら、「なるほど~!」ってなったり。
「神セブン」のキャストたちがカッコ良くて「オオ~!」って思ったり。
キャバクラって未知の世界なので余計に面白くて。
OLパートはイマイチだったけど(でもちょいちょい入るギャグ?みたいなシーンは面白かった!)、キャバクラでの場面が全部面白かった

主人公が素直で嫌味のないキャラクターなのもいいですね。
主役の菜奈子は元AKBの子なんですね。
倉持明日香ちゃん。
ドラマ以外のテレビを全然観ないのでAKBの子だとかが全然わかんないんですよね・・・
でも最近、元AKBの子がよくドラマとか映画に出てるのは気づいてます!w
No.1の姫乃さん役は元モーニング娘。の石川梨華さんなんですね。
ぜんぜんわからなかった・・・

2話も安定した面白さで、主人公の菜奈子の接客が上手くいったシーンでは思わず私もニッコリしてしまいました
コワモテのお客さんが実は優しかったシーン、良かったな
外国人のお客さんへの接客に成功したところは私まで嬉しくなっちゃった。
2話はNo.1キャバ嬢の姫乃
さんがホントにカッコ良かった~
しかもまさかのツンデレキャラ
ちょいちょい挟まれるキャバクラの接客術がホントに面白い!

順調な菜奈子ですが、さっそく女子同士のイザゴザみたいなのが発生する予感?
まあ素直で憎めない菜奈子なら乗り切るでしょう!
次回も楽しみです

水族館ガールの第1話と2話観ました
NHKドラマ10枠、前番組とはかなり雰囲気が変わりましたね
主演の松岡茉優ちゃん、前から演技が上手いな~と思っていたので視聴決定!
というわけで初回の感想です。

1話を観終わった感想としては・・・

思っていたよりずっと面白かった!!!

です

最後のC1ジャンプのシーンは、展開が読めていてもジワ・・・っと泣けました
松岡茉優ちゃんの演技がすごく自然でとても感情移入できるドラマですね。
素晴らしいのひとことです。
人との距離感がわからないと吐露する由香、めっちゃわかる~と頷きました。
ドジでおっちょこちょいだけど素直でひたむきな由香。
魅力的な、素敵な主人公だと思います!
応援したくなる!

役者さんのチョイスと言うか、配役も絶妙ですね。
ちゃんと館長とか、立場が上のキャラクターにベテランを配役してるところに好感
石丸幹二さんもセクシーで格好いいわ~

桐谷健太くんはコミカルで面白い演技をしてるところばっかり見てたから、今回の役は新鮮!
サメに喩えられてる描写が面白い
由香と梶がどう打ち解けていくのかとても楽しみ。

笑えて、泣けて、内容の濃い初回でした。

2話はハラハラドキドキするような内容でしたね!
由香の元カレが登場して、「そんな男にダマされちゃダメー!!」って思いながら観ました。
最後は、一瞬本当に勤務表を渡しちゃったのかと思ってドキドキソワソワ。
由香はそんな子じゃないわよね~
元カレには受け取ってすらもらえなかった由香のレポートが、最後に役に立つシーンがあってよかった。

2話も由香のひたむきさが伝わるお話しで、面白かった。
由香が失敗をして怒られるシーンが、みんなが演技うまいから、ホントに怖くて胸がキュってなったわ。
このままの内容で最終回まで突っ走っていただきたいものです。

できればラブもあればいいな。

できしな、9話と最終回の感想です♪
田中美佐子がキョーレツですごかった・・・浮いてた・・・

予想してた通りの結末でした。
「結婚できなんじゃない!しないの!!」と宣言して終わり、で良かったと思うんだけどな。
「しないの!」と宣言して終わるか、十倉と結婚して終わるかのどちらかにしてほしかった。
十倉とギャンギャン言い合いながらフワッと終わるとか・・・

十倉と喧嘩して、こんな日々がずっと続いていくような暗示のラストだったけど、もっと気持ちよく終われたんじゃないかって気持ちが残りました。
中谷美紀ちゃんのファンだから、完璧に終わってほしかったのよね。
これ以上の結末はない!って思えるような。
「ゴーストライター」は良かったな・・・。

千波の「十倉をよろしく」ってセリフで完全に十倉ルートのフラグが立ってたから、ズルズルと桜井との茶番を描くのは無駄に感じました。
ドーセくっつかないんでしょ?という気持ちで観続けるのはツマンナかった。
大穴でフェアリー諒太郎と元サヤでもアリだったな。

旅に出た十倉がソッコーで戻ってきたのには笑ったわ。
久保くんに譲ったあとの「とくら」で、久保くんの料理にあーだこーだ文句つけながら、登場人物全員でわいわいしてるラストとかでも良かったかも。
結婚にこだわらなくてもリアルが充実してればいいジャン・・・みたいな。

内容について語る部分が少なくて(9話と10話のほとんどを、ドーセ桜井とはくっつかないでしょ・・・と思って見ていたので)結末がこうだったらよかったのに!という理想ばっかりになってしまいました。

徳井さんは最後の方になるとやっと演技が上手くなってきてましたね。
身を引くところの演技とか、姉@田中美佐子に足踏まれるシーンとか、面白かった。
勿体なかったな。

正直、ラブが少なかったのよこのドラマ!刺激が必要なの!!
ハリウッド映画だって時々子供に見せられないようなエッチなシーン入れるでしょ!!
せめて藤木直人と中谷美紀ちゃんがキスして終わるぐらいにはしてほしかったワ。
残念無念よ。

来期ドラマ視聴への意欲がいまひとつ湧かないのは梅雨のせいでしょうか。
そろそろ観るドラマをピックアップしないと。

Jホラー作品「リング」のサダコと、同じくJホラー作品「呪怨」のカヤコが戦う?!
映画、「貞子vs伽椰子」、略して「さだかや」を観て参りました!

ふざけたタイトルですがちゃんと「ホラー」していて、Jホラーの「お約束」をちゃんと守ってくれマス。
怖いところは鳥肌が立つくらい怖かった
いやー、でもラストは笑いました。
もうね、最後の20分の盛りあがり方がハンパない。
期待を裏切らない終わり方からの、デーモン閣下の「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」!
主題歌が最高。
帰り道はずっと旦那と口ずさんでました。
シャナナナナナナ!シャナナナナナナ!wowowo!

今まで「リング」や「呪怨」を一切観たことがなくてもついてこれるように、序盤で解説が入ります。
“貞子フリーク”な大学のセンセイが講義してるという
さらには子供が見たって平気なように、血が出ない。
グロい死に方をしない。
でもメッチャ怖い
正直、リングとココが違うとか、呪怨とココが違うとか変なトコが目につかないぶん、両作品を適度に知らなかったり忘れてたりした方が楽しめると思います。

貞子パートの主人公と伽椰子パートの主人公がそれぞれいるという構造。
貞子と伽椰子のバトルパートまでは、貞子パートでは貞子の呪いの強力さや貞子自身の強さがこれでもかと描かれます。
伽椰子パートでは家に入った人間は否応なしに抹殺していく伽椰子のパワフルさと呪いの家の不気味さが描かれます。
高名な霊媒師っぽい人もまったく歯が立ちません。貞子強すぎ~!

呪いのビデオの内容の全貌を小出しにしたり、貞子が「必殺・睨み殺し」を重要人物を殺す時にしか使わなかったり、貞子パートが小出しで大物感を出してるのに対して、伽椰子はガンガン露出してバンバン殺します。
アクティヴ~!
ただし貞子も呪いの執行を邪魔する者はその場で排除!
パワフル~!

貞子パートの主人公・有里の窮地に登場した霊能力者?の経蔵くんの「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」という発想?により、ビデオの呪いと家の呪い、それぞれに呪いにかかった二人主人公が、さらに2重の呪いを受けて、貞子と伽椰子に獲物の奪い合いをさせよう、というのが「vs」に発展した理由。

サテ、観る前に旦那も私に聞いて来た「どっちが勝つの?」
これはもう、観て、知ってほしいところです。
でも予想できる結末じゃないかしら?
期待を裏切らない結末です。
こうでなくっちゃ~!と思いました。

貞子と伽椰子がぶつかり合うまでのお膳立ても、バトルのオモロさも、結末も全部よかった。
閣下の歌もサイコー。
映画が台無しになるような主題歌がくっついてる作品とかあるけど、これは主題歌まで含めて作品として仕上がってた。

ただし、リングでも呪怨でもない別の映画に仕上がってたのは確か。
「リング」や「
呪怨」を期待して観に行っちゃダメよ。
貞子と伽椰子がぶつかるっていう2大アイドルのお祭り騒ぎに参加する気持ちでゴーよ。
4DXとの親和性が高そうだと思った。
時間が合えば4DXで観たかったナ・・・。

役者の話を全然してなかったので少し・・・
山本美月ちゃんは、ドラマとかに出始めた頃は演技もミビョーだし顔もあんまりカワイクないとか思ってたんだけど(ゴメンネ)、今回は演技も成長してたし、
有里のキャラクターが男前でカッコ良かった。
美月、イケメンだったわ・・・。
途中で、無駄にキャラが立ってる霊能力者のコンビ・
経蔵くんと珠緒ちゃんが登場。
経蔵くんと珠緒ちゃんが主役のスピンオフとかできそう。
てゆか
経蔵くん、安藤政信じゃん!!
「サトラレ」、好きだったわ・・・安藤政信くん・・・。

最初の「リング」って公開されたのすっごく前ですよね。
なんかいっぱい作品が出過ぎで把握し切れてないんですけど、多分だいたい観てます。笑。
呪怨は「ファイナル」は観てないです。パンデミック止まり・・・。
リングも、「貞子3D」「3D2」は、3D酔いする体質なのでパス。

映像に関してはそんな感じで、書籍は
呪怨のノベライズだけ読んでます。
バイオレンス&エロスな怖い本ばっかり書いてる大石圭が書いてたから、ホラーよりバイオレンスが目についたワ。笑。
あとは貞子のフィギュアを持ってたり・・・、「リング」のお化け屋敷で生貞子に追いかけられたり。

母がホラー作品好きな影響で結構がっつり観てきた両作品。
まさか最新作がこんなお祭り騒ぎのような仕上がりになるとは・・・。
ゴチャゴチャ細かいことを考えずに観られる、良いエンタメ作品に仕上がってました。
色んな人に、友達を連れて気軽に観に行ってほしい。
「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」
間違いなくこの台詞がこの作品の名セリフでしょう。

そーいえば、劇場に貞子vs伽椰子グッズがぜんぜんなかったの!
売り切れたのかしら?
しょっくです。
封切日直後なのにな。
まあそれだけファンが多い作品ってことでしょう。
久しぶりに過去作品も観返したくなりました。
とりあえずコップのフチ子になってるさだかやだけ買って帰ったわよ

最近ドラマの話題続きだったので、久しぶりに食べ物の話題を書きまーす

この前、急に甘いものが食べたくなって、
巨大パフェで有名な新宿の「エストエスト」に向かったのですが・・・

なんとびっくり!
カフェ・エストエスト、潰れてました
いつのまに閉店しちゃったの??!
めちゃびっくり。

というわけで、仕方なく他の店を探して・・・。

エストエストが入ってるのと同じ「ミロード」の5階に入ってる、
スイーツパラダイス略して「スイパラ」に行ってきました。

こちらのスイパラ、最近できたばかりの店舗だからとってもキレイ!!
しかも白を基調にした店内は爽やかで、しかも5階だから見晴らしもそこそこ

残念だったのが、ソフトクリームのマシンがなかったこと~。
池袋店と新宿東口店はあったんだけどな。

良かったのは、パスタが自分で味付けできるところ
何の味付けもされてないパスタがもりもり置いてあって、
好きなパスタソースを絡めて食べるのよ。
複数のソースを組み合わせてオリジナルパスタを作ってもOK!

あとあと、スタッフにオーダーして作ってもらう「温冷スイーツ」もありました。
ホットアップルパイとアイスの「あつあつ」と「ひえひえ」コンビみたいな。

新宿東口店の方が遙かに広いと思うけど、東口店は地下だからこちらのミロード店とはかなり雰囲気が違いますね。
ミロードの方が開放的な雰囲気。店じたいは狭いけど、窓がいっぱいで外が見えるから開放的なのよね。
ただし、レストラン街じゃなく、ファッションフロアに入ってるから、若い女の子以外はかなり入りづらいカモ。
でも、ミロードは駅からすぐビルに入れるからアクセスはバツグン!
東口店も駅前だけど、超方向音痴の私は迷子になりました。笑。
新宿で待ち合わせしてぜんぜん友達に会えなかった思い出・・・。
アルタ前でホストに声かけられるし・・・
新宿はホストもそうだけど、キャバクラやガールズバーもいっぱいあるわよね。
キャバクラ求人サイト見ても、新宿ってダントツに多い印象よ。

閑話休題

スイパラのスイーツも美味しかったし、お店もキレイで楽しかったけど
エストエストの閉店はやっぱり残念です。。。
新宿での愉しみが減っちゃったな。。。

↑このページのトップヘ