ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2016年07月

家売るオンナの3話の感想です
3話も面白かったです
面白かったので今回は長めに

3話は捨てられない女と捨てたくてたまらないミニマリストの男が登場。
はいだしょうこさんと中野裕太さんというちょっと変わったキャスト。

冒頭に3軒の物件が出てきて、「ああ、この中のどれかを三軒家が売るのね」と予想が立てられるシナリオ。

このドラマは「家を売る」っていうゴールが毎話設定されていて、「どうなるのかな」「どう売るのかな」と予想を立てながら「そうきたか~」なんて言いながら観られるので観ていてすごく楽しいです。

ゴールがわからないから次の展開の予想の立てようのないようなドラマとか、なにがしたいのかわかんなくてイライラするドラマは苦手

サンルームのある大きなおうちと、外国人向けのゲスト用バス・トイレのある大きなおうちと、狭小住宅が登場。
それぞれのおうちにスタッフが割り振られて、三軒家は「家を売りたい」という女性、夏木桜@はいだしょうこさんの家を訪問します。
大量に物がつまった桜の家、可愛くて面白かったです
「捨てられない女」の桜は物は捨てたくないけど、一旦家を売ってリセットしたいとのこと。
桜の家で一枚の写真を見つけた三軒家。伏線ですね

今度はミニマリストの保坂@中野裕太さんに「家を売りたい」と相談された三軒家。
さっそく保坂の家を見に行く三軒家に、庭野がついて行きます。
この二人はもうセットなのかな?

保坂に会うなり、じっと彼を見つめる三軒家。伏線ですね
ミニマリストの保坂の家、見ててちょっと怖かった。
家にあったのは布団と収納ボックスの中に詰まった少ない服とパソコンだけ。
私は「捨てられない」わけじゃないですけど、隙間とか空間が余ってるのが気になるタイプで
がらんとしてるのが苦手なんですよね。
「シンプル」と「何もない」って違うじゃないですか。
保坂の家は「シンプル」に暮らしてるんじゃなくて、「何もない」だなって感じました。
桜のごちゃごちゃした家の方が好きだな。掃除が大変そうだけど

今の家は広すぎるから狭くて便利な場所の家に引っ越しをしたいと言う保坂。
三軒家はそんな保坂に、桜のワンルームのマンションを紹介します。
顔を合わせた保坂と桜。
そのまま、この「再会は神の采配だ~」とかなんとか言ってモトサヤになっちゃいます
いきなりブッチュ~とキスしだしたふたりにびっくりしてる庭野が面白かった
庭野の下で鋭い目で二人を見ていた三軒家も

桜の物を捨てるのを手伝って、桜の家を買うと言う保坂。
明日の朝に手伝いに来ると告げて三軒家と庭野は桜の家をあとにします。

翌朝、結局全然「捨てられない」桜に保坂は愛想を尽かし、怒鳴りあっているところへ三軒家と庭野が到着。
三軒家は「違う物件を紹介します」と保坂に言います。
慌てる庭野に「想定内です」と冷静に告げます。いつも冷静だけど。

せっかく忘れられそうだったのに!と怒る桜ですが、捨てられなかったのは保坂との初デートのワンピースなど、保坂との思い出の物ばかり。
桜も保坂も未練タラタラです。
三軒家は占い師に扮して、保坂に「青」が運命を導く~とかなんとかデタラメを言います
再会した時の桜が青いワンピースを着ていたことを思い出す保坂。
「神の采配」とか言ってた保坂が「運命」とかそういう言葉に弱いのを読んでいたってことでしょうか
翌日、三軒家は冒頭に出てきた「狭小住宅」に桜の荷物を運びます。主に庭野が動いて。
そして、荷物が運び入れ終わったところで今度は保坂を狭小住宅に呼び出します。
「一軒家?」と困惑する保坂を三軒家は一階の3畳間につれて行きます。
クロゼットが2個ある3畳の狭い部屋。
ミニマリストにぴったりです、と三軒家。

2階には最小限サイズの小さなキッチン。

そして3階の6畳間には、ぎゅうぎゅうに詰まった物に囲まれた、青いワンピースの桜がいました。
捨てられない桜とミニマリストの保坂がライフスタイルを変えずに暮らせる家です、と三軒家。
買うよ?と保坂が言い、抱き合う二人。

そしてお約束の「落ちた」の心の声
嘘の占いを使った三軒家を非難する庭野。
「保坂の元の広い家に住めばよかった」「3階から物が溢れてまた二人が不幸になったらどうするんだ」と庭野は三軒家に怒ります。確かに

三軒家は「知ったこっちゃない!」の一言でバッサリ
家さえ売れればなんでもいいっていう三軒家のスタイル、面白い

外国人向けだった大きな家は、三軒家がネットに「大家族向け物件」と書いて拡散し、無事に大家族に売れました拡散・・・
サンルームの家だけ足立王子が売って、冒頭の3つの物件はすべて売れたのでした。
サンルームの家、即決で決まったけど、買ったおばちゃんが陸ガメに為にサンルームつきの家を買ったのでした、ってオチがついてて面白かった
カメかわいいよね

次回予告はなにやら三軒家がお料理教室?婚活?課長とチュー?
次回も気になります楽しみ

闇金ウシジマくんの第3シーズン初回と2話の感想です
綾野剛くん目当てに第2シーズンから見始めました
原作も3巻くらいまで?読んだことがあります
映画観てません。

原作は絵も怖いし内容もシビアで鋭くて怖かった~
ドラマも前シーズンで人が死んだりボコられて血がでたりしてて怖かったけど、まんがの方がより怖かったな。

第3シーズンは女の子が刑務所から出てくるところから始まりましたね。
この女の子がどうしてウシジマくんと関わって刑務所行きになるのか・・・が主軸なのかな。
ぜんぜん気づいてなかったんですけど、この「女の子」、光宗薫さんだったんですね。
ピースオブケイクに出てた子ですよね。
イヌイとは関わりなさそうな役だけど、綾野剛くんとの共演は2回目かなぁ?
光宗さん演じるまゆみに近づくなんだかアブなそうな男、神堂役は中村倫也さん。
初回出会だけだったけど、2話は実家にまで上げちゃって、妹夫婦とオヤまで顔合わせしちゃって、みんな完全に神堂のこと信じ切っててやばい空気。
実際に起こった事件をモチーフにしてるとのことで、怖そうですね。

生活保護のだらしない男とネカフェで暮らす娘とパチカスでなけなしのお金も男に貢いでるお母さんの親子のお話も同時進行。
パチカスのお母さんは貢いでる男に捨てられる未来しか見えないんですけど
こちらの親子はウシジマくんじゃなく、高橋メアリージュンさん演じる女金融さんからお金を借りています。
ウシジマくんも関わってくるのかな?

それにしてもこのドラマ、怖いのについつい見てしまう不思議な魅力がありますね。
フィクションだけど、実際にもこんな人たちがいるんだろうな。怖いです。
いつも通り「次回も楽しみです」って素直に書けない
次回も観ます

家売るオンナの初回と2話の感想です
家族が「面白いよ!」と勧めてきたので、初回はTVerで、2話は録画して観ました。

出演者が好きな方ばかりだったので観て良かった
北川景子さんは今までみたことない役柄ですね。話し方も違う!
工藤阿須加くんは演技が上手くなりましたね。とっても自然。
千葉雄大くんは相変わらずキュート「王子」と呼ばれる役にピッタリ
仲村トオルさんはコミカルな役で面白かった

脚本は大石静さん!前シーズンは「コントレール」の脚本を書かれていた大石静さん。

初回は医者の夫婦に家を売るエピソード。
「家を買わせる」ドラマを観るのは初めてなので新鮮でした。
三軒家が、医療モノで言うスーパードクターのような立ち位置で、観ていて楽しいですね。
大石脚本だと、お天気お姉さんが似たようなノリだったかも。
お天気お姉さんも面白かったな。

2話は引きこもり二ートを抱える夫婦に家を売るエピソード。
二ートへの対処が面白かった。
外に出させるんじゃなく、家の中で、徐々に自信を取り戻させるみたいな。
でもいいなぁ家賃収入。ヒキニートって親が金持ちじゃないとできないのね~。
庭野くんは家を売れる日が来るのかしら・・・。
初回の馬になってた庭野くん可愛かったわ。
庭野と三軒家のコンビで家を売っていくエピソードが続くのかしら?

イモトアヤコさんは、なんかバラエティとかに出てる子よね?
全然知らないので初めて見る顔でした・・・、、、
なんかひどい扱いの可哀想な役に感じたんだけど、イモトさんが大げさに演じすぎなのかな?
この子だけこのドラマで浮いてて怖い・・・箸休め的存在なのかな?

万智が事故物件に住んでたのが面白かった。
一家8人惨殺事件って、万智の家族が殺されたのかと思ったけど、ただ事故物件に住んでるだけなのね。
「怖いです」とか「ドアが勝手に開いたり閉ったりする」とか「安いからです」って言ってたのが面白かった。
そこ正直に話すんだみたいな。
家を売るためなら平気で嘘も吐くって言ってのけるところも面白い。
良いキャラしてるわ。
次回も楽しみです
今期は水族館ガールと家売るとウシジマくんを観ることになるかな~。
今期はこれ以上増やす気はあまりありません

水族館ガール、第3回の感想です
先週の放送がなかったので一週間ぶりの水族館ガール!!
今回も内容のまとまった一時間で、とても面白かったです
松岡茉優ちゃんの演技の巧さが今回も光ってました

魚類担当の今田くんのお当番回。
気弱だった今田くんが一歩踏み出せてよかった。

由香は相変わらずドジですね
由香が起こすトラブルが上手く作用するシナリオも素敵です。
今回は伏線の張り方もよかったですね。

梶@桐谷健太くんがウルウルしちゃうシーンがあったのも良かった
鬼の目にも涙?
梶可愛い~由香とイイカンジにならないかな~ってワクワクしちゃいます。
くっつくかくっつかないかのビミョーな距離を保つのもアリ

由香の両親がかっつり登場して、お母さんとのやり取りがあったのもグー。
誘導尋問面白かったお母さんを騙すのは難しいよね

このドラマ、水族館に行きたくなるような内容で毎回とても楽しいです
普段見ることができない、水族館で働く人たちの姿や水族館の在り方なんかが見れて面白いですね。
次回も楽しみです!録画しててまだ観てない!

OLですがキャバ嬢始めました最終回の感想です
全4回だったんですね。めちゃ短い
結構面白かったので少し残念。
ドロドロしたところがなくて、サッパリした内容で楽しめるドラマでした。

キャバ嬢の仕事が楽しくなり始めた菜奈子。
ところが彼氏から、そんな仕事はやめて結婚しようと突然プロポーズされます。
ゲームばっかりしてるし、仕事にやりがいも特に感じてないし、貯金もないけど・・・結婚しよう!
と、最低なプロポーズ。

ドジで素直な菜奈子がどんな反応を返すのかドキドキしました。

菜奈子が私と同じ気持ちで良かった。
なにそれ。キャバクラで働いてる子の方がもっとしっかりしてるよ。
菜奈子がバッサリ振ってくれてよかった。

菜奈子に振られるや、手のひら返してキャバクラ嬢を馬鹿にし始める彼氏。
こんなやつと菜奈子がくっつかなくて良かった。

キャバクラのお店では、新人だった菜奈子とカズミが「新人」でなくなり、指名ノルマが発生。
露骨な営業メールを送ってしまったりと、四苦八苦する菜奈子。
先輩キャストからアドバイスをもらってがんばります。

待機席で、まだ仲直りができてなかったメグミと二人残ってしまった菜奈子。
指名が入ったメグミは、指名を入れてくれたお客様の名前が思い出せず焦ります。
ヘルプでついた時にメモを取っていた菜奈子は、メグミに助け舟を出します。

このことがきっかけで、仲直りができた菜奈子とメグミ。
ツンケンしてたメグミちゃん、仮面ライダーウィザードのコヨミちゃんの時のような可愛らしい笑顔

お昼の職場でも「女子力が上がった」と褒められたり、仕事でも気が利くようになった菜奈子は、新しい仕事を与えられます。
お小遣い稼ぎ目的で始めたキャバクラで、お金意外の物も手に入れた菜奈子。
キャバクラでバイトしてみるのもアリ?とちょっと思わせる素敵な内容のドラマでした。
キャバクラへの偏見も減るといいですね。

↑このページのトップヘ