ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2016年08月

家売るオンナの5話の感想です
相変わらず安定した面白さですね。
「家を売る」という明確なゴール、屋代と庭野のタイプの違う2人のメンズとのラブの予感、「不動産屋」というテーマの真新しさ、予想のつかないような展開。
今のところ文句なしの良ドラマだと思います。

5話はともさかりえさん演じるフリージャーナリストで独身女性の詩文を庭野が担当、仕事も見た目も地味な独身女性の歩子を三軒家が担当と、2人とも独身女性を担当するお話し。

独身女性が家を買おうとしていることについて、アレコレ言うテーコー不動産のメンツに、三軒家は「結婚=ゴール」という考えを否定。
「独身」は結婚というゴールに向かっている途中の人間じゃないと言います。
三軒家、結婚願望はあっても、なんでもカタに嵌めようとする考えにはすぐ怒りますね。
引きこもりを働かそう、家から出そうとした時も怒ってたし。

さてさて、そして冒頭の独女2人、同じマンションに惚れ込んじゃいます。
庭野は地道な努力で同じマンションにもうひと部屋空きがでないか探しまわって、ついに「売りたい」と言う女性を発見。
売買の仲介も行い、三軒家の客に2階を買わせ、自分の客には7階を売る、予約を成立させます。
フツーなら、庭野が三軒家を出しぬいて売買成立!ってところで終わるでしょう。

5話はここからの展開がすごく良かったです。

浮かれる庭野に「本契約まで気を抜くなー!」と怒鳴る三軒家。
負け惜しみかと思いきや、本当に雲行きが怪しくなっていきます。
家を買う決意をしたはずの歩子と詩文、貯金が一気になくなるのが怖くなった・・・、貯金もないし何十年後も同じ収入で働けるとは限らないのにローンを組むのは・・・と、二人とも家を買うのをやめると言い出しちゃいます。

そんな2人を三軒家は「蟻とキリギリス」に喩えて口説き落としてしまいます。
三軒家の手腕はさすが。

後日庭野が二人のそれぞれの部屋を訪ねると、詩文はなんと結婚!
家を買ったらモテだしちゃって~とウキウキしながら言います。
歩子は壁紙をアニメ?ギャルゲー?のイラストが全面に描かれた壁紙に貼り替えてノリノリ。
幸せそうで本当に良かった

そんな「家を売る」エピソードの合間に、庭野の三軒家へのラブ?があったのも良かった5話。
雨宿りしながらホームレスだった時期の話を庭野に語る三軒家。
三軒家の「家」への思いが伝わるエピソードでした。
折り返しにふさわしい回でしたね。

6話も楽しみです

闇金ウシジマくんのシーズン3、4話の感想です♪
シーズン3はウシジマの出番が少なめですね。
徐々にバイオレンスなキツいシーンが増えてきて物語が加速している印象ですが、いかんせんウシジマが出て来ないと物足りないです。

4話はテルミ@卯水咲流さんを盗撮したリーマンの川崎@ムートン伊藤がオトシマエとして10万円を要求されてウシジマに泣きつくところからスタート。
高田と柄崎がカネの価値について語るシーンが印象的でした。
1万円札の原価は30円。
1万円札は1万円の価値があるものとの交換券にすぎず、何に1万円の価値があると判断して1万円を払うかは個人の自由なのね~

そんなこんなで、返済を引き延ばしてさらに10万円の借金をした川崎は、ウシジマからアドバイスをもらいます。
川崎から10万円を受け取ったテルミとチンピラは、さらにお金を要求しますが、川崎はウシジマからのアドバイスでテルミとチンピラの恐喝を録音・録画していました。

ていうか、このシーンの喫茶店、コントレールにも出てきた上野の御徒町駅の近くにある、「丘」っていう喫茶店じゃん!ていう。
ドラマの撮影でよく使われる喫茶店なんでしょうか?
行ったことのある喫茶店がたびたびドラマに出てくるってなんだか面白いわ。

テルミとチンピラがぼろアパートで10万円を広げてピザを食べていると、犀原たちがやってきて、川崎から10万円もぎとったことを追及されます。
上に許可を取らずに勝手にそういうセコい商売をしちゃダメなのね。
チンピラくんは犀原にハサミで手をザクーっとやられます。ヒィィ

光宗薫さん演じるまゆみパートは、徐々に危険な香りが漂い始めてハラハラします・・・。
神堂のプロポーズを受けて友達からも祝福モードだけど、どうやらその友達がまゆみの元恋人のハシくんと浮気してたり、まゆみ自身も友達に優越感を感じていたりとビミョーな雰囲気。
神堂はまゆみの妹の夫を待ち伏せして相談に乗りますが、アホなダンナは自分が大麻を吸っていることをあっさり神堂に話してしまいます。
大麻吸ってるんですか?と興味津津な神堂の顔が、獲物の弱点を捉えたような顔でとても怖かった
神堂は、まゆみの妹の不倫を疑うまゆみ妹の夫に、友人の探偵に調査を頼みますか?と持ちかけます。
さらに神堂はまゆみの父に近づきますが、父は警戒心が強いようすで神堂を突き放します。
しかし、まゆみ母は神堂の手にあっさり落ち、父も神堂からのプレゼント攻撃で陥落した様子。
さらにさらに、まゆみ妹が本当に不倫していたのは、まさかの神堂。
まゆみ妹の夫には以前揉めていた男との2ショット写真を突きつけ、イライラしたまゆみ妹の夫はまゆみの家でなんと大麻を摂取
神堂は、巧みな話術(?)でまゆみにも大麻を吸わせます。
その様子を撮影しながら・・・。
まゆみとまゆみの周囲の人々を神堂が徐々にめちゃくちゃにするための準備をしているのが感じられます。

ネカフェで暮らす美奈と男に貢いでお金がない美奈母は相変わらずセットで売春。
テレクラで必死こいて価格交渉するお母さんの姿がなんともやばい・・・。
「オプション」として手錠とかいろいろ付けて稼ぐお母さんと、徐々に心が壊れて行く美奈。
ある日美奈は尋常でない様子で顔面にバットマンのジョーカーみたいなメイクをして待ち合わせ場所に現れます。
ヒース・レジャーのジョーカーが圧倒的な演技すぎていまだにこのメイク見ると恐怖心が湧きます
美奈ちゃんはこれからどうなっちゃうんだろう・・・。

生活保護のコセちんは希々空の借金を肩代わりしたことを絶賛後悔中。
企業の為になんか勉強するみたいです。
が、がんばれ。

まゆみパート、仕事が順調に進むまゆみですが、上司に神堂を見られてなんだかビミョーな雰囲気。
婚約の事を会社に言っていなかったまゆみ、婚約指輪も仕事中はしていませんでした。
そんなまゆみに冷たく怒る神堂。
あわてて薬指に婚約指輪をはめたまゆみ。
神堂は、まゆみの薬指をガラスで叩いて傷をつけ、指輪が外れないようにするのでした。
神堂の狂気に触れて恐怖するまゆみ。
5話から神堂の本領発揮が始まるのでしょうか?
怖い~
でもガラスで切られた時のまゆみの演技はちょっとビミョ~光宗さんがんばって

物語が加速したのでがっつりあらすじ付きで感想書いてみました~
バイオレンスなシーンが増えてドキドキしながら観てます。笑。
しかも深夜は見れないので、お昼ごはん食べながら録画で見てるの。
でもドー見てもご飯食べながら昼間っから観る内容じゃなくて笑える。あはは。

家売るオンナ4話の感想です
相変わらず面白いですね。
今期はあんまりドラマを観ないつもりだったのですが
このドラマは観ることにして良かったな~と思います

前回の3話が3つ物件が出てくるなど、不動産屋としてのパートが多かったからか
4話は前半にがっつりテーコー不動産のメンツの描写が入りましたね。
売った家も1軒のみで、冒頭に出てきた高額の物件も売れないまま4話は終幕。

三軒家と屋代の関係に進展があり、庭野は三軒家のラブ?って感じで
徐々に人間関係に変化が。
三軒家に結婚願望があったのが意外
ロボみたいに無表情の三軒家に可愛いところがあるのが分かって面白かった
てゆか、三軒家って家を売るだけじゃなく料理も完璧でお酒も強いのね・・・。
でも恋愛の仕方はわからないなんて可愛いわ

庭野役の工藤阿須加さんは本当に演技が上手くなったな
酔ってちちんぷいぷいのママと会話してるシーン、めちゃ可愛らしかった
うっかり三軒家の家に行っちゃったシーンのBGMと演出面白かったな~

ちちんぷいぷいのママのおまじないでうっかり三軒家の家の前まで来てしまった庭野。
タクシーで家まで送ってきた屋代が、酔った勢いで三軒家にチューしてしまった所をグーゼン見ちゃうというドキドキの展開

そんなこんなで前半はかなり人間関係の描写が入りましたが、後半はどーみてもホームレスのおじいさんに三軒家がなにやらピンときて家を売るための作戦(作戦なのかマジなのか分からないけど)を実施。
家を売る時はこんなに相手に合わせられるのに、恋愛になるとダメなんて可愛いわ(2回目)

「家を買いたい」と言っている客を、「見た目がお金を持ってなさそう」というだけで追い返してしまった白州に三軒家が怒鳴るシーン、素晴らしかったわ。
イモトさんも演技上手いわよね。
叱られる部下と叱る上司の図がすごくよく描けてたわ。
酔った屋代にチューされて腑抜けにでもなったかと思ったけど、まったくそんなことなし。
家を売ることに関してはバリバリの三軒家
見事、どーみてもホームレスのおじいさんを大手電機メーカーの会長と見抜き、3億円の家を売ったのでした・・・。
三軒家の手腕、スゴすぎ。
釜に縋りつき、「これだ~~~」とおじいちゃんが嬉しそうに言い、電気釜をたくさん作って売ってきたけど、母さんが早起きして釜で炊いてくれた白飯が~と語るシーン、思わずウルっときたわ。
今回のお話し、かなり好きです
でも三軒家は冷静に心の中で「落ちた・・・」と独りごちる・・・

次回は庭野がついに家を売る?気になります

そーいえば、ウシジマくんで生活保護のコセちんを演じてる本多力さん、コッチにも出てたのね。
今期は観てるドラマが3本しかないのにその3本の中でキャストかぶりするとは。笑。

ウシジマくん3話の感想です♪
3話でお話が大きく動き始めましたね~
登場人物たちがどんなふうに転落していくのか、怖いけど楽しみです
今のところウシジマの出番が少なめなので早くガツガツ取り立ててほしいな。

希々空役の小瀬田麻由さんが犀原役の高橋メアリージュンさんにチョット似てて、ヒトの顔を覚えられない私は大混乱
せめて髪型ぐらい変えてくれ~

3つの大きなエピソードが同時進行なので、なかなかお話しが進まなくてじれったい
生活保護の男と援交親子と、光宗さん演じるまゆみの3本立て。
今回はまゆみ父の部下がボコにされるエピソードもあったのでボリュームが多く感じました。

生活保護くんがマジに汚らしくて見てて不快作り手からしたら「しめしめ」って感じでしょうけど
コセちんは希々空にダマされてメチャクチャになってくのかな・・・。
ウシジマと接点ない登場人物だったのに、希々空のせいで3話でついに顔合わせしちゃったし。

まゆみサイドは4話でついに神堂が本性出すのかな?
怖い怖い。
ハシくんにしとけばよかったのに・・・。
勅使河原先生怪しすぎて怖い。神堂とグルなのかな~。

ともあれ4話の展開が楽しみです。

しばらく水族館ガールがお休みなのでウシジマくんと家売るオンナしか観てなくてブログ更新が捗りません。笑。
また食べ物ネタもやりたいと思ってます。

水族館ガールの4話と5話の感想です
一週放送が飛んだのもあって久々の水族館ガールの記事です

3話の最後にイルカのC1の状態が悪く、最悪死ぬかもしれない、と不穏な台詞が。
しかも4話のサブタイトルは「生命」。
つきっきりでC1の状態を見守る由香と梶と磯川先生。
そんなC1のエピソードを中心にしつつ合間に魚類担当の今田さんとの約束の合コン
合コン会場で由香が元カレとバッタリ、由香の離席中に1話に出てきたラブホの写真を由香の元同僚が梶に見せて笑いものにし、梶が「不愉快だ」と画像を削除したシーン、カッコ良かった
友達の梨花からその話を聞いた由香、やっと梶にラブが芽生えたかというところで、まさかの恋人発覚。
待ってましたラブ展開
しかも「異動してくれる?」とイルカ担当から外されてダブルパンチの由香。

C1が息を引き取るシーンや、解剖シーンでC1の胃から出てきたお菓子の袋を見て「自分の掃除不足のせいだ」とショックで倒れてしまう由香、胸にせまるシーンで思わず泣いてしまいました。
動物はダメよ~

5話は由香の異動からスタート。
総務に異動になった由香はさっそく梶の恋人(?)のイルカセラピスト・夏子のトークショーの企画担当に。
由香の水族館のスタッフとしての成長、梶の過去、梶と由香の恋の予感など、大きくお話の動いた回でした

毎話毎話、お話がよくできていて最初から最後まで楽しめ、ウルっと来るシーンや笑えるシーンがあって素敵なドラマですね。
水族館に行きたくなります。笑。

5話の最後、由香の働いてい水族館にやってきた由香の母が、何かに気づき・・・と伏線。
次回予告で梶に抱きしめられる由香。
次回は放送が飛ぶので6話はだいぶ先になりそう~
めちゃ気になるので早く観たいです。
何の放送で飛んじゃうんだろう?
テンポよく毎週放送してほしいです

↑このページのトップヘ