ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2017年02月

さんざん文句言いつつ懲りずに観てるA LIFEの感想です
やっとこのドラマの楽しみ方を理解してまいりましたよ。

医療モノだと思って見ちゃダメッ!!!

これです。

どーしても、病院が舞台のドラマなので
毎話毎話、患者が訪れ、その患者の病気を取り除き、患者は病院を去っていく・・・
という流れを想像してしまうんですよね。

ていうか、だいたいの医療ドラマってそうですよね?

でもこのドラマは病院内の登場人物が毎話毎話主役になるって感じですね。
4話が木村文乃さん演じるオペナースの回なら
5話はミッチーの回、6話はナナオの回って感じで。
ですが、オペナースの回は
この病院、マトモなオペナース木村文乃しかいなの?!
とびっくりするし
残った理由も、残って良くなった理由も、本当にアッサリしていて
じゃあ最初から・・・とイライラしちゃいます。
5話も同じ流れ。
ミッチーが武田鉄矢のためにがんばろうとしてプンプン怒っただけの回って感じ。
なにも入ってこなかった。
6話もしかり。
菜々緒が怒ってずっこけてただけの回。
彼女の親子関係の問題もサラっと語られただけで何も感情移入できない。
でも沖田が説教してきたシーンは、親子の問題の苦しみは当事者同士にしかわからない深く辛いものなので分かったように言うのはやめてください~~~って思ったわ。
わかっていても、できないことってありますよね。
正解や真実をただ言うだけで解決できるなら楽なものですよ。
アメリカ帰りだから奥ゆかしさがないのかな??

どんどん病状が悪化して追い詰められていく深冬ですが、
あまりにも治療法に沖田が悩み続けるので
沖田以外にもアメリカ帰りの脳外科医って探せばいるんじゃないの・・・?
と思い始めました。
壮大も沖田に任せきりにしないでなにか方法を探せばいいのに・・・
不倫してる場合?

そういえば壮大が不倫してるせいで
公式HPの「深冬を愛していながら」という記載を見てなかった友人が
「え、壮大って院長になるために深冬と結婚したんじゃなくて、ちゃんと好きだったんだ?!」と驚いてました。

あれ、楽しみ方を理解してきたって言ってたのに
結局愚痴ばかり?
いいえ、こうやって人間模様にツッコミを入れ倒して楽しむドラマなのだと理解したのです。
けっしてスカっとしようとかスーパードクターものを期待して観てはいけなくて、
人間って弱くって面倒くさくって傍目で見てるとイライラすることばっかりなのね、と思いながら観るドラマだったのですね。
そう考えると、とても現実的でリアルです。
深冬のカルテを開きっぱなしにしていた沖田だって、こうやって情報漏えいは起こるのね・・・としみじみします。リアルだわ~。

最近書いてなかった「カルテット」の感想です♪
なんか・・・色々ありましたね。
マキの夫殺害疑惑を引っ張りながら、別府くんがストーカーまがいのことしてたことが判明したりすずめちゃんのお父さんが死んだり家森くんを追っていた男たちの正体がわかったり・・・。
・・・で、5話のラストでとうとうマキの夫登場!
クズな夫役似合うな~~~クドカン。
目が笑ってないバイトの女の子があんなに重要なキャラクタだったなんて以外。
ぜんぜん華がないからてっきり脇役かと。
結婚とか愛とかについて知ったげに語ってたけど、そんなに人生経験豊富なのかしら・・・?

毎話毎話ちょっとした小ネタが面白くて、飽きないです。
あとエンディングの曲と映像が良いわ。
ちょうど半分の話数で一番最初の伏線(マキの夫殺害疑惑)を回収してきたところはナイス。
無駄に引っ張られるとイライラするので・・・。
全員嘘つき、全員片思い、みたいなキャッチコピーがついていた気がするけれど、あんまり「全員片思い」的な恋愛要素は感じないですね。
人間模様が面白いので観れてますけど。
後半がどうなっていくのか楽しみです~。

4話まで観ましたがそろそろ脱落しそうデス・・・
4話は特に酷くなかったですか?
内容がまったく頭に入って来ませんでした・・・。
3話と流れが同じだし。
病院を守るためにこうしなきゃ!→沖田が反発→壮大が解決
って流れ。同じでしたよね。
壮大にも感情移入できずに観てきましたが、自由に振舞う沖田にも感情移入できず、唐突に倒れちゃうまで自覚症状スルーの深冬にも感情移入できません。
深冬って壮大のこと好きなの?好きじゃないの?
秘書とデキてるの気づきそうなモンだと思うんだけど、自覚症状スルーするぐらいだから超鈍感なのかな??
木村文乃サンはオーラなさすぎて、お当番回が設けられるほどの重要キャラだと思ってなくて4話での扱いに驚き。
残留までの流れもアッサリしすぎだし、なんじゃそりゃ~~って感じ。
あとPC画面開きっぱなしでどっか行ってる沖田クン。
触らなかったらスクリーンセーバー起動するでしょ普通?
ドクターXのウイルスメールを開いちゃう回思い出しました。
ここだけギャグ並みの設定。どうよ~。

愚痴ばっかりですみません・・・。
役者さんのファンだとか、繊細な演技をじっくり観られる人向けなんですかね。
気持ち良く観られるような内容のドラマじゃないな、と思い始めてます。
5話のゲストはまさかの武田鉄矢。
正直、何しにくるの・・・?という気持ち。
深冬が倒れて、いよいよ深冬の手術ですよね?
そんな大事な回に突然の濃いゲスト。
深冬の手術は手術方法が見つからないから、倒れたけど1回お休み頂いて武田鉄矢回?
なんじゃそりゃ~~。
結局愚痴になっちゃいました。
もう観ないかな~~。ここから到底面白くなると思えないんですよね。
期待ハズレでガッカリです。

実は観ていたんですけど、感想書いてなかった「お母さん、娘をやめていいですか」。
タイトル長いですね!何か略称ないのかな。
4話放送直後ですが、1話から3話までの感想をここらへんで書いておこうかなと。

いやー、なんと言っても斉藤由貴さんが怖い!!!!!!
最初の方はちょっと過保護なママって感じでしたが、その時からな~んか怖かったんですよね。
ヤバイ雰囲気を湛えているというか・・・。
ヒガンバナの最終回悪役で出てきた時にソックリ!と思いました。

そして3話のタイトルは「暴走」!まさに暴走してましたね~~。
2話の、松島に警告するママのようすがめちゃくちゃ怖かったです。
ロフトに憧れてた、とか作り話して対抗したり。

ハラハラドキドキする、サスペンスドラマですね。
じつはこんなに怖い内容だと思ってなくてびっくりしました。笑。
エンディングの、人形と曲が美しいのに怖ろしくってこのドラマの雰囲気に合っていますね。

脇役まで素敵な役者さんが揃っていて、美月の学校の生徒も雰囲気があっていいです。
後藤さん役の子は18歳とは思えない落ち着き~。
壇蜜さんが出てるのもイイです

私も母親と仲が良く、服を買うにも家具を買うにも、何を買うにも一度母に「これ、どう?」と尋ねてから買っていました。
でも、このドラマと違うところは、母も私に「これ、どう?」と訊いてくるところかな。
変だったり似合わないと思ったら、バッサリと「変」と答えていました。
顔色をうかがったりすることもなく。笑。
意見言ったって聞かないくせに!と喧嘩になったことも。

4話のタイトルは「甘い罠」、5話は「裏切り」。
親子&松島の三角関係、父のリストラ、母の祖母との確執・・・いつ破裂してしまうかわからない危険がいっぱいでドキドキです。

↑このページのトップヘ