前回の更新から随分日が経ってしまいました。
ドラマ自体は観ていましたが、キントリは面白いけど感想を一生懸命書くほどじゃないし、4号警備は・・・合わなかったし。
フランケンシュタインの恋はちょっとついていけなくて観るのしんどいし・・・と、なかなか感想を書く気になれず。
やっと筆を取ったのがクライシスの最終回の感想です。

いやーーーーーこれ、ダメじゃないですか???
毎話毎話、モヤモヤっとするスッキリしない終わり方で、最終回は「ご想像にお任せします」END。
正直、深夜枠や映画でならやっていいと思うんです。コレ。
でも、これは火曜日の9時枠でしょ?
テレビのくせにお茶の間がまったく意識されてなかったと思う。
火曜の9時にこんなの観たくないよ。
なーんのカタルシスもない。
モヤ~~~~っとするだけ。

話のつくりは面白かったですね。
いままでさんざんテロリストから国や要人を守って来てた主人公たちですが
総理の息子がテロリストでした~~!というわけで、
今度はテロ被害者の恋人から元テロリストの総理の息子を守るという。
総理的には息子の命よりも息子のテロをもみ消すことの方が重要で、ナントモやり甲斐のない仕事を命がけでこなす主人公たち。
そしてラストは、今度は主人公たちがテロリストになったことを示唆して終幕。

日本のスパイアクションドラマ!と、観始めは期待したんですけどね。
このドラマの描きたかったことは「日本の上層部は腐りきってる」ってことでOKですかね??

最後のテロ、スキャンダルやらで失脚させればよかったのでは?と思うんですけど。
【標的:警視庁】の爆弾ぶっ込んだのか何したのか知りませんけど・・・。
とにかくガッカリでした。
BORDERのSPドラマが決まったそうですが、本当のラストを描くって。
じゃあクライシスもいずれラストをひっくり返すんですかねえ??
いままで死んできたテロリストたちが「こちら側へようこそ」と小栗旬の肩を叩く面白エンドでもやってチョーダイ。