ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

2019年06月

8話で見る気をなくして9話はスルーしたのですが、母が「9話面白かったよ!!なんで面白かった回見なかったの!!」と言うので、見逃し配信で9話を視聴、、、そして最終回も結局視聴しました。
最終回後、母が電話で「キントリ面白くなかった!見なくて正解!!」と、、、
いやいやいやいや!!!見ちゃったから!!!面白いって言うから!!!!!手遅れだから!!!!
激おこぷんぷん丸です。

正直今期は自分が見ていたドラマでは執事西園寺が一番面白かったし、執事西園寺以外はいまいちでした。まだ最終回迎えてないドラマもありますが、、、
きのう何食べた?もいまいちなんですよね、、、原作の私の好きな回、スルーされてるし。
カットしてつないでるお話しもあるので、話ごとスルーされた回は今後パート2などでやる可能性がありますが、カットされたエピソードはもうやらないでしょう。やるかな?

脱線しましたがキントリの話に戻しますか、、、
なんか犯人読めてたし、かといってあっと驚くようなウラもなく、、、。
動機もショボくて残念。
8話とあまりかわらないかも。
ガケから突き落としただけでトドメを刺さないとことか、人ちがいで殺して肝心の殺したかった奴は野放しとか、お腹壊すくらいで、と思って殺しまくっちゃうとか、犯人たちのやってること無茶苦茶すぎ!
あと、第1話の登場人物のことなんて9話の時点じゃもう忘れてるんですよねー。
1話に出てきた女の子が医大生を毒殺した極悪人だってこと、母も私も忘れてました。
ていうか、女の子の演技が大根すぎて、私、第1話の女の子の取り調べのシーンは真壁の研修とか模擬試験?みたいなのだと思ってたんです。
ほ、ほんとに人殺しだったんだ?!って驚愕しました。
距離感取れてる?って感じの、舞台の上で話してるような、ミュージカルのような演技にイライラ、、、
そういうディレクションだったのでしょうか。

初期のキントリの面白さはもうないですねー。
4があってもおかしくないような終わり方をしましたが、4でまた初期のころのような構成に戻って欲しい気もしますが、、もう会話劇で魅せる演技ができるゲスト役者がいないのかも。

執事西園寺の名推理シーズン2の最終回の感想です!

もう終わってしまうの~~!!って感じですね
もっと観ていたかった。思わずシーズン1を全話振り返ってしまいました。
やっぱり良いです~~~西園寺~~~!上川隆也さんのアタリ役じゃないでしょうか。

最終話はアクション多めで、シーズン1の最終回を彷彿とさせましたね。
銃を華麗に避ける西園寺カッコイイ!!!
ロシアかなんかの軍隊格闘術みたいな動きですね。格闘技の動きではないよね。動きが最小限というか……銃やナイフにも一切ひるまないし、軍人あがりっぽいんですよね。それか亡国のスパイ。西園寺、多言語操るし。整形して日本人顔になっただけで外国人なのかもしれない。素性が謎なので妄想がふくらむ。

犯人を怒って締め上げてる西園寺は、シーズン1の犬の回の犯人を締め上げてたやつを思い出しましたね~~~。百合子様に狼藉をはたらく者にも腹を立ててたけど、百合子が関わりない外道にもちょくちょくぷっつんしてる。優しい西園寺。

結局西園寺が何者なのか?
西園寺の過去に何があったのか?
わからないことだらけですが、
それがまたシーズン3への期待になっていいですね

実家の母は執事西園寺の名推理を観ていないのですが、「なんで、なんでもできるスーパー執事なの?」という母の質問に、「なんでなんでもできるスーパー執事なのかは、謎だよ。」とシーズン1のころ、答えていましたが、シーズン2が終わっても同じ回答になるとは……と思いつつ、謎なところがいいのでは?とも、思います。

よく漫画で、サングラスや仮面のキャラクターが登場するじゃないですか。
サングラスや仮面を取ったら、美青年なのでは?と、妄想してドキドキしまうんですよね。ていうか、仮面の男ってたいていイケメンですよね。
サングラスや仮面を、最終回やエピローグで取ってしまう漫画もありますが、とらずにずっと謎のまなにしておく漫画も好きです。

なんだか脱線してしまいましたが、謎が残ったままの西園寺、シーズン3も期待しています。
やはり勧善懲悪は観ていてスカっとするし、西園寺と百合子の信頼関係や絆の描写がとても良い。
お互い大切な人を失っているけれど、傷を舐めあうような、お互いに依存するような関係ではないところが素敵で、悲しい過去を乗り越えた強さや、ふたりの精神的な健康さがまぶしく、観ていて癒されるのです。
願わくば、シーズン3、4、、、と、続けられるだけ続けてほしい。
西園寺のスーパー執事スキルのネタが尽きて、そのうち船やヘリの運転なんかしたら面白いかも。

キントリシーズン3の8話の感想です~~~。
キントリ、ずっと観てたんですけど。
シーズン3とあってネタ切れなのか、あまり感想が浮かばず日記にはしてませんでした。
でも8話は超不快な内容だったので感想をしたためようかと。

なんか美談風にまとめてましたけど、劇中の真壁のセリフがよみがえります。
「人ひとり死んでるんですよ?」
人ひとり殺しておいて、退職金がもらえなくなっちゃうから隠ぺいしよう!何十年も我慢して務めあげたのに!って、、、
男の悲哀?みたいなのは女の私にはサッパリわかりません。
閑職に追いやって退職を迫るパワハラが実際に存在することも承知してますし、パワハラ上司は死ねばいいと思いますけど、大人しく退職まで勤め上げるかパワハラ上司を糾弾するかすればいいのに、勝手に情報漏洩して自滅して、、、バカすぎて見てられませんでした。
そしてそのバカを庇ってる男も、部下の女の子に自分のミスをなすりつけて、観ててクソむかつきました。
仕事が忙しいフリして「晩飯いらない」って奥さんにメールしてバーでだらだら飲んで帰ってるとこもムカつくわー。仕事がヒマならとっとと帰って家事のひとつでも手伝えよ。バーで飲んで飲み代のムダ遣いしてんじゃねーよって思いましたねー。気持ち悪……。

情報漏洩のくだりや部下にミスをなすりつける描写がなく、徹底的に女上司がいやなやつに描写されていればまだ納得できました。
それか、3人組の友情を美談のようにまとめないで欲しかった。人が死んでるのに、「退職金が!」って。思考がやばすぎる、、、まともじゃないよね。サイコパスかよっ……。
あー、いやなものを観たって気分です。。。シーズン3まで観てきて、こんなものを見せられるのかって気分。もう次回は観なくていいかな。

最近Amazonプライムビデオのプライム見放題に入った「いぬやしき」を観ました~~~
いぬやしきは原作を読んでいて、アニメも観ました!!
さてさて、実写映画いぬやしきですが・・・

うん!!!!!

これはダメですね!!!!!!!

なんでこんな改変しちゃうかな~~~。

あんなに映画向きの内容なのに、どうしてこんなことに・・・。
原作をきちんと読んだのでしょうか?
原作に悪意や嫌悪感でもあったのかと思わせるくらい、キャラクター造形がめちゃくちゃになっていて残念です。尺の都合があって説明不足になるのはわかりますが、それだけじゃないでしょ、これ。っていう感想。
キナシノリタケがミスキャストだったのかキナシの演技力がアレだったのか・・・。
しかもいわゆる「俺達の戦いはこれからだエンド」で終わってしまいました。アカンやろー!!

描写不足のくせに無駄に長く感じるという致命傷。
1時間40分地点で、あまりのつまらなさに早送りしそうになりました。
そして、あと20分以上あるの?!と驚愕しました。

私が原作で「好きだ」と思ったシーンがことごとく削除、改変され、結末は「俺達の戦いはこれからだエンド」。
あと、ヒロインと言える、娘・麻理が可愛くない!!!!!!!!!!!
いや、役者さんは可愛いです。とっても美人です。
スタイルもよくて……原作の麻理と同じロングヘアじゃなかったのは残念ですが。
麻理の性格の可愛い部分がぜんぜん描写されてないのはホント、ダメですよ・・・。

ていうか主人公の犬屋敷の性格や設定も変えられすぎじゃないですかね。
見た目がすごい老けてるってだけで、あとは平凡なサラリーマンだったはず。
仕事もできない上に弱虫で家族からも疎まれてるって、そこまでドン底な設定にする必要ありましたかね。

映像面も、ホームレス狩りの少年達を社会的に抹殺するシーンは原作でめちゃめちゃ印象的なシーンで、アニメでもよく再現されていたのに、映画ではばっさりカット。
犬屋敷が意識を失って自律モード(?)でミサイルをめためたに撃ち込むシーンもないし、犬屋敷が初めて自分の癒しの力に気づく猫の親子のシーンはまさかの道端のハトに改変。
猫の親子を用意する予算も無いんかいっ。
飛行機を操るシーンもバッサリとカットされてましたね。飛行機の予算がなかったんでしょうね。あはは。

ハリウッドでリメイクとかやんないですかねー。あーもったいない。
とても良いレシピがあっても、食材をそろえる予算と腕の良いシェフがいないと台無しな料理が完成するんですね・・・。
ガンツの実写映画も「ハァ?」っていう改変されてましたし、奥さんは実写化運がないなーと思ってしまいました。
最新作の「ギガント」が実写化不能な内容なのは、実写化への抵抗かな?って思っちゃいます。残念だなー。

↑このページのトップヘ