ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

連ドラ

何食べ3話の感想です
原作を忠実に再現してますね~~厳密に言うとちょいちょい違うところもありますが、、原作ではもっとあっさりしたシーンだったな?みたいなのとか。ありますが、満足してます!そもそも私は原作を2巻までしか読んでない超ニワカだし……。

初のグッズのマグカップの売れ行きすごくないですか?
即完売で、再生産分の予約も完売、現在は2次再生産の予約を受け付け中とのこと。
そんなに数作れないってことなんですかね。でもすごいな。
私は再生産分を予約しました
仕事の帰りにLoppyで買おうとしたら完売してて、あきらめて再生産分をネットでポチったのです。
東京駅や六本木のテレ東ストアまで行く気力は無く……東京駅や六本木って用事ないんですよね~~。
せめて汐留のあればなあ。(シオドメにあるのは日テレストア。)

さて、いよいよ4話はシロさんとケンジの出会いの話!
ドラマ内の季節はクリスマス……このドラマ、時間が経つのが早いですね。
原作の2巻に載ってた出会いの話、すごく好きなので楽しみ~~

きのう何食べた、略して何食べ
初回、第一話の感想です。
内野聖陽さん、可愛い!!!
ケンジがひたすら可愛いんですけど、シロさんもきちんと可愛い!!"愛す可し"って感じの可愛さが出てて、良いですわ~~。

けっこう原作の漫画そのままですね。原作の1話1話はとても短いので、何話かをうまくミックスしてますね。
忠実すぎて逆にヘンな感じ笑いや、原作に忠実なのはいいことです。
最近のドラマって、なんか画面に加工がかかったような気取った画ヅラのドラマがちょくちょくあって、いやだな~と思ってたんですが、何食べは素直な画で良いなと思いました。
ハンディカメラ風の(というかスマホ撮影風)のオープニングはカメ止めのすごい酔った前半の映像を思い出してちょっと憂鬱になりました笑

なんだか観ててムズムズするドラマですね。料理ドラマでありつつ男同士の恋愛のドラマでもあるからかしら・・・カップルの日常を覗き見るのってムズムズするんですね。私知らなかった。
すでにつきあっているカップルのおだやかな日常を覗き見るのって幸せです。ふたりのほっこりした愛情とか優しさ触れるのが気持ち良い!しかもイケメン(いけおじ?)ふたり!

シロさんとケンジが付き合いはじめたきっかけの話の回とかも楽しみだなあ。
第1話は内容盛りだくさんで2時間くらいの映画をみたような満足感がありました。
2話、3話もこの密度できてくれたら・・・神ドラマ認定してDVD買うかも。(ブルーレイ?)

はじこいの最終回の感想です~~~
ありがちな展開でありがちな終わり方をしましたが、王道は正義!ハッピーエンド最高!と思ってるので、結果的にすごく良かったです!!!!!!!!!!

ちょっと雅志が可哀想だったかなあ。「いいひと」って本当に報われないこと多いよね~~。
まあでもユリユリがかわいすぎるから・・・。
最終回の前話、順子が事故に遭う回は、一瞬折れかけたユリユリが再起するシーンめっちゃ泣けた
最終回がかすむくらい良いシーンでしたね~~~。

最終回は雅志が松岡と西大井に本当に財布を買ってあげてたのがめっちゃ面白かった・・・。
ボッテガの財布いいね笑
どっちも10万ぐらいしそう。雅志金持ち。
雅志・・・スピンオフとかで良い人みつかるといいですね・・・牧瀬朋奈はどうなん?笑。

山下くんが政治家になるって展開には驚いたな~~~。どんなんやねん!って。笑。
順子もユリユリも親との確執も解決して本当に良かった。

家売るオンナの逆襲、ついに最終回を迎えてしまいました~~
結局足立王子の留守堂への恋が実らなくて残念
でもハグしたり告白したりまでは行ったからいいか~~。
しかもドジスケのファム・ファタルはマンチッチではなく別の女性だった、と。
ドジスケは可哀想だったけど(あんなにサンチーをファム・ファタルだと信じて追いかけてたんだから・・・)
逆に別の女性だったおかげで、サンチーは屋代と、ドジスケは本来のファム・ファタルとくっついて良い感じ。
足立王子は庭野と本当にゲイのカップルになっちゃえばOKOK!(え)
「カップルってことにしよう」って庭野に頭のせた足立王子可愛かった~~~~

最終回はサンチーの手品好きと留守堂のフェンシングが伏線になってて面白かったです。
伏線だとは思わなかったな~~~。伏線を伏線と悟らせずに配置してうまく回収するのすごい!
最後はサンチーが社長になり、子供もでき・・・大団円でしたね。
大石静さんの書くお話し好きだな。
また大石静さんの脚本のドラマがあったら観よう。

アマゾンプライムビデオにdele(ディーリー)が入ったので観てみることにしました。
プライムビデオだと録画予約も必要ないし一気観もできるし、とても便利ですね。
動画配信サービスはたくさんありますが、Amazonの通販をよく利用する主婦としてはプライム特典も使えて利用料もリーズナブルなプライムビデオ一択です。

ディーリーは金城一紀さんが関わってると知って敬遠してリアルタイムでは観なかったんですよね。
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班やBORDERが合わなかったので、きっと合わないだろうと。
でもまあプライムビデオで一気観できて、しかも8話しかないならいいかな、と。

結論から言いますが、やっぱり合わなかったです。笑
レビューサイトとか見るとけっこう評判良いんですよね。
ちょっと引くぐらい絶賛の嵐。

私は金城一紀さんとは相性が悪いんだな~~としみじみ思います。
CRISIS、BORDER、deleなどに共通して出てくるショッカーみたいな名もなき悪役は何なんですかね?
あの特殊警棒みたいなの持ってるひとたち。
共通して出てきますよね?
あのひとたちが出てくるとすっごい興醒めするんですよね・・・。
祐太郎とケイがなんであんなに体術使えるのも謎いし・・・。
つっこみどころで言えば、登場人物がどいつもこいつも簡単なパスワード使いすぎなところも気になりました・・・逆に超簡単な「0000」みたいなのに設定してる人とか、パスワードを「PASS」にしてる人とかが出てこないのも気になった~~~。

あと、CRISISの結末がそうでしたけど、deleは「説明しすぎない」描写が多くていやでした。
【5本の薔薇の花言葉】とか、車に轢かれて死にかけてた男が本当に好きだった相手とか、バザーの毒物混入事件の犯人とか。
バザーの話は韓国映画の「殺人の追憶」みたいでしたね。
そう、なんか全体的に既視感が・・・そこが私が苦手な理由なのかも。
CRISISの感想でも「色んなこういうアクションドラマをつまんでつまんで作ったような印象。」って書いたけど、やっぱり同じだな~。

なんか絶賛されてる作品が合わないと、「私、ズレてるのかな?」とか、「感受性が低いのかな?」とか考えちゃうんですよね。
絶賛されてるってことは、合う人にはとことん合うけど合わない人にはとことん合わないんだと思うことにしておきます。
万人ウケとは違うドラマだった、ということで。

↑このページのトップヘ