ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

連ドラ

半分、青い。第14週「羽ばたきたい!」の感想です
遂に斎藤工くん登場!

もうオフィスティンカーベルで出会った面々とは会うことは無いんでしょうか~~。
ナオとブッチャーの顔もたまーにしか見ないもんな~~。
個人的には、次々と登場人物が主人公を通り過ぎていくカンジ、少女漫画っぽくて気にいっています。
いま再放送しているカーネーションとは全然テイストが違いますね。
カーネーションは既存の登場人物を使ってうまく回してるな~~という印象。

くらもちふさこ神の生原稿が登場してびっくり。
贅沢な画面でしたね~~。よく生原稿貸してくれたな~~。あれは複製じゃなかったですよね。すごいなあ。そんな貴重なもの手袋せずにさわっていいの?そんな雑に扱っていいの?ってスッゴク思っちゃいました。
だってカメの飼い方すらてきとうだったから・・・しかも明らかに寿命より早く死んだしw
ミレーヌも元気にしてるかな。

15週ではリョウちゃんと良い感じになるようですが、マサトなみにするりとスズメを通り過ぎて舞台から退場しそう。
かといって果たしてリツともう一度・・・なんてことは・・・あるのか?!
私はネタバレとかあまり見ないので、毎話どうなるのかまったくわからずハラハラしながら見守っています。笑。
しかし、まだ15週ですか~~。
折り返しは過ぎましたが、まだまだ色々ありそう。楽しみです。

半分、青い。第13週、仕事が欲しい!の感想です
この13週は、前回の4年ワープに比べて随分のんびり進みましたね。
律の結婚相手について秋風ユーコボクテがアレコレ妄想して、スズメがハガキを手に取るまでで1話使った時は、のんびりしすぎじゃない?って思ったり。

大阪まで結婚相手を見に行っちゃうスズメ、やばかったな・・・。
律はこれで物語から離脱なんでしょうか?
ドーデモいいけど律の嫁、石橋凌の娘、思いっきり石橋凌のアゴでびっくりしたわ・・・アゴをしっかり引き継いだのね・・・。
そういえば、亀のフランソワが死んだとサラっと言ってて怖かった・・・ミドリガメは20年~30年ぐらい生きるハズだけど・・・まああんな雑な飼い方してたらね・・・って感じはするけど。もっと動物大事にしてほしいなあ・・・。

14週「羽ばたきたい!」も少し観ましたが、やはりスズメは漫画家としてはもう終わりなんですね。
スズメは"アイデアマン"だけど、漫画の才能はなかったのかなあ・・・。

最後(になるのかな)また劇中に新たなくらもちふさこ先生の絵が映って嬉しかったな。
月が屋根に隠れるの表紙はオレンジデイズのノベライズの表紙ですね。
・・・そうか、オレンジデイズ、北川悦吏子だった。
オレンジデイズのヒロインも"萩尾"だったな。"マホ"もいたな。北川先生は同じ名前使うの好きですね。

どうやらスズメは100均でバイトを始めたりしちゃうみたいですね。
"漫画"はもう出て来ないのかな。
もうすぐ登場の斎藤工&間宮祥太朗くんは映画会社のひとみたいですが・・・どうスズメと絡むんだろう。
イケメンも多数登場し、いままでの下地を築いてきたスズメがどんな恋愛や生き方をこの先していくのか楽しみです。ワクワクしますね
律くんが結婚しちゃったのは残念だけど・・・。


スズメが誰ともくっつかず、律が先に事故かなんかで若くして亡くなり、葬式にスズメが顔を出し、律嫁から「律にはずっと好きな人がいた。わかっていて私は結婚した」って吐露される・・・なんて暗い展開をつい妄想してしまいますニシシ。。。

半分青いの、この前記事にしたところから今朝の放送までの感想です

ユーコとの友情に胸キュンしていたのに、まさかのユーコ結婚で離脱!
ボクテ&ユーコが去り、残されたスズメは・・・律にプロポーズされるも、自分も秋風のもとを去ることはできずバッサリお断り。
自分が売れっ子漫画家になって律を迎えに行くくらいの気概でいたようですが、一瞬に咲けが打ち切られてからは良い漫画が描けず・・・。
長年前線にいるような息の長い一部の漫画家以外の、新人漫画家の寿命は5年程度、っていうのをどこかで読んだ記憶があります。
私は少女漫画が好きで、「マーガレット」や「別冊マーガレット」、「別冊コミック」などを読んでいましたが、確かに5年くらいで見なくなる作家さんがチラホラいた気がします。
スズメ、ここが正念場ですね。

ハルさんが秋風に送った手紙の内容、悲しかったな。
私は、親が一番信じてあげないといけないと思うんですよね。
「できる!」って。「できない」って、親の自分が一番よくわかってる、って、ひどくないですか。
ショックでした。

チラリと他の方の半分青いの感想を見に行ってみましたが、そんなことよりも律のプロポーズのあと4年ワープしたことのほうが衝撃みたいで、ぜんぜんこのことについて書いてるひとがいなかったのも悲しかった・・・。

そろそろ夏ドラも始まりますね。ハゲタカとヒモメンを観るつもりです。
2018年の夏ドラは興味をそそられるタイトルが少なくて、逆に「これにしよう!」とすぐ決められて助かりました。
朝ドラと再放送のカーネーションを観ているので、これくらいでちょうどいいかな。

しばらく書いてなかった半分青いの感想です
ずいぶん感想をさぼってしまいました。
さぼっている間にたくさんのキャラクターが退場(一時退場?)してしまって驚くばかり。
まさか律くんまで去ってしまうとは・・・。
サヤが典型的な女に嫌われる女で、同・北川悦吏子氏の脚本のドラマ「運命に、似た恋」に出てきたマホを思い出しました。笑。
"嫌われ役"のサヤを演じきった役者のコはあっぱれです。
でもマホは良い女だったな。サヤも良い女だった・・・と思わせる展開がほしい。
リツごとスズメの視界から消えて行ったけど・・・。
「運命に、似た恋」と言えば、スズメのデビュー作になった「一瞬に咲け」、完全に「運命に、似た恋」のツグミとカメ子じゃん!!
まさかのここでコラボ(?)。
ファンはニヤリ、の展開ですね。
斎藤工くんも半分青いへの出演が決定しているそうですが、ワコさん@原田知世とまたしても北川悦吏子ドラマで共演じゃん!っていう。
おきにいりの役者なのネ。
マーくん、リツに続きボクテもスズメのもとを去って行きましたが、ユーコとの友情には胸キュン。
今後斎藤工くんも登場するし、スズメはまた新たな男と出会って恋に落ちたりするのでしょうか。
「運命に、似た恋」みたいに、いろいろあったけど結局リツくんとくっつくといいのにな。
リツとはくっつかない展開もアリかもしれないけど、やっぱり少女まんがならリツとくっつくのが王道!

上川隆也さん主演の執事西園寺の名推理、最終回の感想です
最近おっさんずラブに浮気していて感想を書いていませんでしたが、最終回だけは・・・と。

最終回は盛りだくさんの内容でしたね!
西園寺がハメられて犯人に仕立てあげられる今回、
これまでの刑事さんとの信頼関係があったからこその展開でした。
手錠で繋がれて、刑事さんと一緒に共闘!(?)
繋がれたまま一緒に海にダイブ・・・。

百合子に無言で電話をかける西園寺、なにも言わなくても西園寺の考えを理解する百合子。
相思相愛の主従ですね。とっても素敵でした。
それがブレずに最後まで描かれていたのが良かったです。

しかし、マジ、西園寺一体何者なんだ・・・っていうくらいの超人ぶり。
油絵を描いたり、ピアノを弾いたり、なんでも完璧にこなす西園寺。面白すぎです。
スーパードクターものに通ずるものがありますね。こういう超人主人公って言ったらいいんでしょうか、主人公無双モノは大好きです。
毎回毎回、犯人も意外で楽しめました。

結局西園寺の過去ははっきりと明らかにはなりませんでしたが、謎のままにしておいた方が素敵な気がします。
なんかぜんぶ説明してしまうと陳腐になってしまう気がして。
百合子も西園寺の過去は知らないのかも。
なにも訊かずにそばに置いて、しっかりと信頼しているって素敵ですよね。
百合子の懐と自信があってこそ。
「2」も期待したいですが、スケールアップした単発ドラマなんかも欲しいですね。
面白かったので、このキャラクタたちを大切にしてほしいです。

↑このページのトップヘ