ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

連ドラ

石原さとみさん主演の「アンナチュラル」1話と2話の感想です

いやーーーー、面白い!!!!
面白いですね。
初回は拡大放送だったのかな?
ちょっと冗長な感じがしましたが
2転3転して面白かったです。
予想を裏切る展開と切なさがナイス!
2話はハラハラドキドキして面白かったです。
まあ助かるだろうとわかっていてもハラハラしました。

井浦新と竜星涼くんがなにやら裏であやしげな取引・・・
後半ではこちらの伏線回収に入るのかな。気になるし楽しみ。

窪田正孝くんは年相応のフワフワした役ですね。
(なんかクボタマはハードな役やらされてるのが多いので・・・デスノートとか・・・)
優しくて可愛くてナイスよ。

この面白さを3話以降もキープしてほしいですね。
石原さとみちゃんは若干声がハスキーなので、こういうサバサバした役が似合いますね~~。
プリチーな役よりこういう役やってる方が好きだな。
ルックスはプリチーなんだけど。
ディアシスターもこういうサバサバ系の役でしたよね。

3話も楽しみです。
視聴率は、やはりキムタクが強いですね。笑。
(BGも観ました!さすが、お金もかけてるし脚本もシッカリしてるなーって印象。役者もなかなかの顔ぶれ。)
視聴率ランキングでアンナチュラルの上にいるのはぜんぶジャニーズ主演ドラマ。ジャニーズ強し。
そんな中、下から数えた方が早い位置にいる亀梨くんのファイナルカット・・・
やっぱり面白くないのね・・・視聴率は正直だわ・・・。

亀梨くん主演の連ドラ・FINAL CUT(ファイナルカット)の感想ですー。

どんなドラマか知らずに、キャストだけで視聴を決めたドラマです。
亀梨和也・藤木直人・佐々木蔵之介・林遣都と、なかなか・・・どころじゃない、かなりのイケメン揃いのメンツ。
女性陣も栗山千明・橋本環奈・水野美紀と美女揃い。

・・・で、視聴しましたが。

ちーがーうーだーろー!!!

こんなに美男美女揃えてやることがそれー??????????!!!!!
ないわーー。ない。ないわーーー。

なんというか、すべてが「ないわー」って感じで、ないわー以外の感想が浮かびません。
勿体ないわーー。

もっとカメがキラキラしてるキュンキュンなドラマ作ってよーー!!!!!!!!

こんな暗い上に荒唐無稽のドラマ、少なくとも私には需要なかった。
カメの需要はあるのに。勿体ないーーー。

栗山千明・橋本環奈姉妹とのラブ要素が一応あるけど、
こんなに復讐に燃えてて
真犯人かも知れない男のきょうだいに本気で恋するなんて到底思えないから、
「禁断の恋」!ってプッシュされても・・・え?慶介は本気じゃないよねってなっちゃう。
ちゅーかハッピーなエンドが想像できないのよ。
復讐を遂げてもせいぜい幼馴染くんの腕の中で息絶えるぐらいの悲しいエンドしか想像できない~~。
というか幼馴染くん、危ない橋渡りすぎじゃない?なんでそこまで協力してくれるのかしら。
いっそ幼馴染くんはゲイで慶介に恋してるぐらいの「禁断の恋」のテコ入れくださーい。

あと、主人公がコロコロと偽名を使いすぎて、脳内に「名前忘れたけど・・・カメナシくんのコ」という記憶しか残らない・・・。
wikiで調べて「慶介」という名前をやっと把握したレベル。

あと、何がキツイって園児殺害事件絡みで慶介が経験した「復讐の動機」が小出しで。
2話であとだしジャンケンしてきたってことは3話以降も小出しで「こいつにこんなことをされました」って出てくるんだよね?
慶介が受けた「復讐の動機」の全容が見えてないので、感情移入しづらいんだよねー。
主人公の名前も覚えられなくて、感情移入もしづらいとなると、物語そのものに入っていきにくくなっちゃう。
復讐は全話を通しての流れで、基本は1話完結でテレビ局の悪い人たちを一人ずつ成敗するのがメインなんだろうけど
1話完結部分がよっぽど面白いか、背景の復讐や園児殺害事件への興味をそそられなかったら継続視聴難しいよ。
3話以降観るかビミョーなところです。

奥様は、取り扱い注意、ハハと友達が観てたダケで私は全く観てませんでした。
どんなハナシなのか聞きかじってたダケ。

最終回を観た友達が、「ポカーン」みたいなコメントをしていたので、
ドンダケ「ポカーン」な仕上がりなのか観てやろう!という野次馬根性で最終回ダケ観てみました。
リアタイしてなくても、録画してなくても、TVerで無料で観れるから便利~~。

サテサテ、奥様は、取り扱い注意最終回ですが・・・
確かにひどい!笑
まあ最終回のシナリオだけじゃなく、スリル中毒すぎる主人公もやばいけど・・・
「あずみ」みたいな人生送ることになりそうだけど大丈夫???
まあ生き方はそーカンタンには変えられないよね・・・。

「凡人には理解できない傑作!」「見る側にも読解力や教養は必要」とか書いてる人が居て引いたわー。
そういうニッチなドラマは深夜枠にやんなさいよ・・・茶の間が凍るってば・・・民放ゴールデンでゲイジュツ流されてもね。
テレビの在り方?みたいなものが最近は変わりつつあるってことですかね??
映画化も決まってる?そうですが、それならBORDERのSPドラマを映画でやった方がよかったんじゃ?
Mr.&Mrs. スミスみたいなのをやりたかったのでは、という意見に仰天。
まじかー。ムリムリ。

・・・とはいえ、良かった!と絶賛してるヒトもいるので、
合う・合わないがあるってことで・・・。

私は今回でホンットーに決定的に金城一紀さんの脚本とは肌が合わないと確信しました。
いや、もう既に合わないから観てなかったんだけど。
だってー、どんなにひどいか気になっちゃうじゃん。

超強い女の人が無双するドラマといえば、私は「ごくせん」なんですが、
奥様は、取り扱い注意にはごくせんのような爽快感も、感動も、笑いもなかったな。
西島クンは棒読みが治らないよねー。
はっきりと記憶に残ってる最初の西島クンは「仔犬のワルツ」なんだけど、それよりも前のドラマでもなんかチョイ役で観た気がするんだけどなー。
まー、とにかくずっと棒読み治らないよね。
だから胡散臭いウラのあるキャラクターが似合う似合う。
あとまーったく逆の朴訥とした純粋キャラね。
八重の桜のお兄ちゃん役は良かったのにな~・・・
そういえば八重の桜で綾瀬はるかと西島クンは兄妹役でしたね!
あれ、そういえば八重の桜、玉山鉄二も出てたな・・・。

脱線しまくりましたが、クライシスも奥様~も似たよ~な「ご想像にお任せします」ENDでしたね。
あんまり立て続けにこういうホン書くと、このヒトこのオチしか書けないの?ってなりそーな気がするんですけど、どーなんでしょう。

日本のスパイアクションドラマはムツカシーですね。
スパイアクションは大人しく海外ドラマで観るわ。

クライシスがサッパリ合わなかったので、これから金城一紀作品は避けようと思っていた矢先の「BORDER 贖罪」の放送ですよ~。
「奥様は、取り扱い注意」は回避。
「BORDER 贖罪」は、まあ、「BORDER」は観てたし~?と、しぶしぶ録画・・・。
友人は絶賛。母も早く観ろと私を催促・・・。
録画したまま2週間くらい放置していましたが、HDDも圧迫してるし、観てみるか・・・としぶしぶ視聴。

・・・

・・・

やっぱり面白くない!!!

合わないですねー。
BORDERは面白く観てたはずなんですけどね。
SPも、あんまり覚えてないですけど一応観てましたよ。

面白くなさすぎて途中で早送りしました。
やることないのにむりやり引き延ばしたような内容にうんざり。
事件もSPドラマらしい事件ではなかったな。
コロコロクリーナーがヒントになって解決とか、解決の糸口がショボすぎる~~。
ネットで実況とかもねえ・・・いぬやしきの二番煎じに感じちゃうな。

BORDERの放送直後にやっていれば、まだ当時の熱量を持って、衝撃のラストから続けざまに観れて良かったカモね。

メインの役者さんたちの演技と、川井憲次氏の音楽は100点です。
画も素晴らしかったし、ホンと放送時期以外は良かったと思いマスよ。
勿体ないですね~~。

今期のドラマは「コウノドリ」だけ観ています。
コウノドリは綺麗にまとまりすぎててツッコミが、この前の「今のジャムパンと焼きそばの交換なんなの?!」ぐらいしかなくてわざわざブログの書くことがないんですよね~~。

来期の2018年1月スタートドラマは、「BG~身辺警護人~」は観てみること確定!
キムタクのドラマってなんだかんだ好き!
キムタクのボディーガード、楽しみです。
脚本がキントリの井上由美子さんっていうのもポイント高し。

桂正和の電影少女(ビデオガール)も気になるけど、やばそうなフンイキしか感じないわ・・・。
漫画は母が持っていて、読んだことあります。
「ビデオ」がもう廃れつつ・・・っていうかもうほぼ廃れてるこのご時世にまさかの実写ドラマ化・・・。
当時のファンなんてスッゴイ良いトシになってると思うんだけど・・・。
よっぽど原作がないのかしら。
あの内容をどこまで再現できるのか、イヤな予感しかしないけど頑張ってほしいわ・・・。
このチョーシでシャドウレディも実写化しちゃいなさいな。

随分更新をさぼってしまいました。
今期は観たい!と思うドラマがあまりなく
前期ドラマがあまり楽しめなかったのもあって
ドラマ視聴をサボってレンタルで映画三昧していました~。

とりあえず窪田くんが好きなので初回観てみました。
「僕たちがやりました」・・・

う~ん?

とりあえずパイセンの中途半端なエセ関西弁が終始不快・・・原作の漫画もエセ関西弁のキャラクタなのでしょうか?
エセならもっとステレオタイプのエセ関西弁にすればいいのに・・・演技下手ですね(バッサリ)

予告で散々ヤバ高を爆破してるシーンが映ってるので、爆破からの逃亡生活って流れは分かり切ってるのに、爆破するまでの話の長いこと。
ただでさえ登場人物多いのに原作にいないオリジナルキャラクターまで出して話をややこしくするていたらく・・・。
何度も途中で切りかけましたが頑張って最後まで観ましたよ。

マルがボコにされてダン箱に詰められて爆破を計画する主人公たちですが、爆弾をつくる知識はあるのに警察や弁護士に相談するアタマがないのはどうなの??
しかもヤバ高に復讐するキッカケになったマルの暴行シーンは無くて、マルが他の生徒をボコってるシーンが延々とあるのはナゼ???あの子あとから関わってくるのかな?ていうかこのことは主人公たち知ってるのかな・・・?
原作読んでないから知りませんけどマルがセコくてマルに裏切られる気がしてしょうがない・・・

暴行シーンについても、内容的にPG12ぐらいで映画でやるような内容じゃありません?
ウシジマくんでももう少しマイルドだったと思うんだけど。
もっと残酷な内容の映画も地上波で流してる!って意見してる人がいたけど、そうかな?って思いました。
地上波で流す時ってグロシーン綺麗にカットされて流されますよね。映画ではハッキリ映るのにテレビでは一瞬しか映らなかったり。
「臨場」も劇場版、冒頭の殺人シーンがかなりショッキングで心に残るシーンだったけど、地上波で放送した時はほとんどカットされてたし。
「僕たちがやりました」は、そういうフツーはカットしそうなシーンをフツーに流したところが、ダメと思うかイイと思うかでバッサリ意見が変わりそう。
私はダメ派でした。
マルがボコられるシーンが延々とあるんだったら、主人公たちが蜂起するきっかけだからそこまで気にならなかったかな~。
たぶん2話は見ません。
そうなると今期は連ドラの視聴なしかな・・・。

↑このページのトップヘ