ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

映画

SCOOP!(スクープ)がAmazonプライムビデオで観れるようになってたので、軽い気持ちで鑑賞。
予告編を劇場で観て、ちょっと気になってたんですよねー。
いや、起、(起承転結の「起」) なげ~~~~。
転が、(起承転結の「転」) 怖すぎる~~~~!!!!!!
こんな血まみれになるなんて。
PG12ってエロシーンがあるからちゃうんかい。
そして、古い!!全体的に古い!!!!本当に3年前の映画?!ってぐらい古い。
酒ェ!タバコォ!女ァ!とか、いまどき古すぎる!!!!!驚愕。
元ボクサーでヤク中の情報屋で謎の「デッカイ借り」って設定も古!!!!!
どっかで見た設定、どっかで見た展開、どっかで聞いた台詞ばっかりでヤバい。
そして調べて知った。原作がある!原作はなななんと1985年の作品。そりゃ古いわ。
しかも元ボクサーでヤク中の情報屋で謎の「デッカイ借り」がこの映画では語られない。
そもそも「元ボクサー」って点も語られない。ただただシズカ(福山雅治)と異様に仲が良い情報屋(ヤク中)ってだけ。
元ボクサーの源とパパラッチのシズカはもともとコンビでスクープ写真をあげていたが、危険なやり方をしすぎたせいで源はサツにパクられシズカは雑誌をクビに、シズカもパクられなきゃならないような状態だったが、源がサツに黙秘をつらぬいてシズカを守って一人だけ服役したという過去があるそうだ。
クソつまらん編集長の自慢話やシズカのカーセックスやイメージビデオのようなノビ(二階堂ふみ)とのラヴシーンをやるヒマがあったら、ここちゃんと語れよ!と心の底から思った。
以下、この映画の内容のネタバレ。

福山雅治演じるカメラマン(パパラッチ)の"シズカ"が二階堂ふみ演じる新人記者の"ノビ"の教育を任されてふたりでコンビを組んですごいスクープ写真(芸能人のスキャンダル)を撮りまくる…というのが起承転結で言う「起」の部分的な映画です。
ここまでは、予告で観た「アレ」です。
軽快にバンバンスクープ写真を撮りまくっていたところから丁度半分(1時間経過地点)くらいのところで、「承」が始まります。
この映画は全部で120分きっかりなのですが、半分ぐらい「起」に割いてるのでとても長く感じました。160分ぐらい観た気になりました。
で、「承」ですが、二階堂ふみ(ノビ)が怖い人たちの写真を撮ろうとして失敗して捕まり、福山雅治(シズカ)が助けに来ますが、シズカはすげー弱くてすぐやられてしまいます。
そこへさらに助けに来るのがリリー・フランキー演じる情報屋の"源"。シズカと2人合わせて源しずか(ドラえもん)じゃん!というツッコミは置いておいて、この情報屋の源は元ボクサーでヤク中でちょっとトチ狂ってるのでめちゃくちゃ強くて、一瞬で怖い人たちをやっつけてしまいます。
そこからなんかノビとシズカの信頼関係が深くなってなんか恋愛みたいになってシズカがカメラマンを目指したきっかけがどーのこーのという眠い展開が展開されます。そして唐突にやってくる「転」。
元ボクサーでヤク中でトチ狂っていた源がさらにトチ狂って元奥さんと奥さんの彼氏を銃殺して娘を連れて街に繰り出し、シズカは「源にはでっかい"借り"があるから何があっても見捨てられない」などと言って源のもとに駆けつけます。
パパラッチな福山雅治が芸能スキャンダルを撮りまくるコメディ映画だと思っていたので、なにが起こったんだ状態です。
このテの物語にありがちな無能な警察が無能に動いているなか、こっそりついてきていたノビがシズカと源の写真を撮ります。
シズカ、源、ノビの3人のうち誰か死ぬんだろうな~~という緊張が高まり(演出で)、そして源の銃がシズカの頭を撃ち抜き、それをノビが撮影します。
シズカが憧れていた会心の一枚を、シズカがみずからつくりあげてノビが撮った、っちゅうことでしょう。
そんでシズカの死を乗り越えた感じのノビが今度は新人を教育しているところで終わります。(「結」。)

トチ狂ったリリーフランキーの演技と、斎藤工演じる政治家と巨乳アナウンサーのスキャンダル写真(巨乳)は見応えがありました。素晴らしい巨乳。素晴らしいセクシー下着。

めちゃくちゃ話題になった映画、君の名は。ですが、まったく興味がなくて観に行ってなかったので、テレビでやったのをきっかけにやっと観ました。
知り合いが映画館で観たそうで、どんな話なのか教えて!と頼んだのですが、なんか知らないですけど教えてくれなかったんですよね。
私はネタバレされても(内容を知っていても)漫画や小説、映画なんかを楽しめるタチ(むしろ結末を先に見ておいてから見たりする)なので、教えてほしかったです。

さてさて、君の名は。の感想ですが、、、

なんか、、、私にはあまり良さがわかりませんでした。残念です。
キャラクター先行で作った物語ではないですね。
ストーリー主導って感じで、定められたシナリオを成立させるためだけに登場人物が動いている印象で、まったく感動できませんでした。
私はストーリーが破たんしてたりクソだったりしても、キャラがたっていればハマれるんですが、それがなかったなあ。タキくんがいつミツハを好きになったのかも謎い…。

ふたりの入れ替わりには3年のタイムラグがあったと途中で明かされますが、カレンダーとかテレビの内容とか見て、「アレっ?」ってならなかったんですかね。
入れ替わっている間のできごとは夢のようで、元に戻ると記憶がすこしずつ薄れてしまうっていうのも、物語の都合上の設定すぎて。。。
糸守町の景色はあんなに正確に絵にできるのに3年のタイムラグに気づかないとかあり得ます…?
とにかく決められた結末に向かって突き進んでるだけ感がアレでした。
入れ替わりモノとタイムリープモノをミックスさせたってところは新しいですが、リアルに描かれた風景とファンタジィ~すぎる設定がミスマッチに感じました。
インターステラーを観た時と同じ感想だな~。逆にインターステラーで感動した人には君の名は。もウケそう。

最近Amazonプライムビデオのプライム見放題に入った「いぬやしき」を観ました~~~
いぬやしきは原作を読んでいて、アニメも観ました!!
さてさて、実写映画いぬやしきですが・・・

うん!!!!!

これはダメですね!!!!!!!

なんでこんな改変しちゃうかな~~~。

あんなに映画向きの内容なのに、どうしてこんなことに・・・。
原作をきちんと読んだのでしょうか?
原作に悪意や嫌悪感でもあったのかと思わせるくらい、キャラクター造形がめちゃくちゃになっていて残念です。尺の都合があって説明不足になるのはわかりますが、それだけじゃないでしょ、これ。っていう感想。
キナシノリタケがミスキャストだったのかキナシの演技力がアレだったのか・・・。
しかもいわゆる「俺達の戦いはこれからだエンド」で終わってしまいました。アカンやろー!!

描写不足のくせに無駄に長く感じるという致命傷。
1時間40分地点で、あまりのつまらなさに早送りしそうになりました。
そして、あと20分以上あるの?!と驚愕しました。

私が原作で「好きだ」と思ったシーンがことごとく削除、改変され、結末は「俺達の戦いはこれからだエンド」。
あと、ヒロインと言える、娘・麻理が可愛くない!!!!!!!!!!!
いや、役者さんは可愛いです。とっても美人です。
スタイルもよくて……原作の麻理と同じロングヘアじゃなかったのは残念ですが。
麻理の性格の可愛い部分がぜんぜん描写されてないのはホント、ダメですよ・・・。

ていうか主人公の犬屋敷の性格や設定も変えられすぎじゃないですかね。
見た目がすごい老けてるってだけで、あとは平凡なサラリーマンだったはず。
仕事もできない上に弱虫で家族からも疎まれてるって、そこまでドン底な設定にする必要ありましたかね。

映像面も、ホームレス狩りの少年達を社会的に抹殺するシーンは原作でめちゃめちゃ印象的なシーンで、アニメでもよく再現されていたのに、映画ではばっさりカット。
犬屋敷が意識を失って自律モード(?)でミサイルをめためたに撃ち込むシーンもないし、犬屋敷が初めて自分の癒しの力に気づく猫の親子のシーンはまさかの道端のハトに改変。
猫の親子を用意する予算も無いんかいっ。
飛行機を操るシーンもバッサリとカットされてましたね。飛行機の予算がなかったんでしょうね。あはは。

ハリウッドでリメイクとかやんないですかねー。あーもったいない。
とても良いレシピがあっても、食材をそろえる予算と腕の良いシェフがいないと台無しな料理が完成するんですね・・・。
ガンツの実写映画も「ハァ?」っていう改変されてましたし、奥さんは実写化運がないなーと思ってしまいました。
最新作の「ギガント」が実写化不能な内容なのは、実写化への抵抗かな?って思っちゃいます。残念だなー。

まだまだAmazonプライムビデオで映画を観るのにハマっています。
今回観たのはストロボエッジ!この前のアオハライドと同じ原作者さんの漫画のやつです。こちらも原作のまんがは雑誌で読んでいました。
ちょっと尺が足りなかったかな~~って感じですね。
蓮の心の動きとか、原作だともっとあったのにな~~あ~~って感じでした。
映画の、2時間前後っていう時間にまとめるのは難しかったようです。
主人公の仁菜子も、原作だともっと可愛いのにな…いや、有村架純はめちゃくちゃ可愛いし演技も良いんですけど、脚本が可愛くない!可愛く描けてない!…と思いました。
蓮もぜんぜん魅力的じゃなくて残念でした…福士蒼汰くんはフォーゼの時から好きだし、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」はめっちゃ良くて泣いたんですけど、蓮が魅力的に描けてないせいで台無しや~~!!
いくらキャストが良くてもホンがダメだとダメなパターンですね。ひたすら残念です。
安堂くん役の山田裕貴くんも好きなのにな~~~。勿体ないです。
このテの映画は観ているじょしをキュンキュンさせてナンボだと思うのですが、はじまりからもう仁菜子が蓮を好きで、蓮が仁菜子に惹かれていくエピソードも特になく、蓮がイマカノとどれぐらいラブラブなのかの描写もなく、とにかく視聴者を置いてけぼりに話が進むので、すんごい淡々として見えるんですよね。
監督?脚本?の人は原作をちゃんと読んでないか原作が好きじゃないか原作をがんばって詰め込もうとして爆死したかどれかなのでは。
おかげで最近観たのにあまり内容が記憶に残っていません。
なんか蓮がバイトのしすぎで倒れてたな…とか、なんかそんなおぼろげな記憶が点、点、と残っています。
なにしろキュンキュンするような素敵な心に残るシーンがなかったのです

そういえば、「いぬやしき」が5月20日からプライム見放題に入りましたね!
劇場で観ようかな?と思っていて結局スルーしてしまった映画なので、観たいな~~と思っていたのですが、、、レビューを見るとこちらも原作からの変更点やカットがあり、評価があまり良くないみたいですね。アニメの方がいいという声も…。
あんなに映画化に向いた、むしろ映画化を意識したような内容なのに、映画化で失敗する意味がよくわかりませんね!尺が足りないならガンツみたいに2本に分けるとかにすればよかったのに~~。
でも見てみようと思います。

最近、Amazonプライムビデオで映画を観るのにハマっています。
この前観たのはアオハライド!原作のまんがは雑誌で読んでいました。
東出くんって身長高くてルックスは良いんですけど、演技やしゃべりかたが田舎くさい?朴訥としてる?棒読み?大根?、、、とにかくダメだったんですよね~~~。
でも、ちょっと気が向いたので観てみました。
観てびっくり!吉沢亮くんと千葉雄大くんが出てるじゃあないですか!!
キラキライケメンが2人も。
相乗効果で東出くんもキラキラして見える。
目の保養ですわ~~~~~~
原作知ってるけど、コウにフタバが「理解したい!」と言ってコウが泣くシーン、私も感激して涙目
ユウリやシュウコも原作の再現度高いし(むしろ主人公のフタバのばっさーがばっさーを起用することが先行した感じ)、そうそう、田中先生が小柳友だったのもアツい!
かなりの巻数出てる原作をギュ!とまとめたせいで、まるっきり存在がなかったことにされてる登場人物もいるし、ギュ!とまとめてるはずなのになんか途中ダレるところあって、無駄に長く感じるし(面白い映画って、もう終わり?とか、まだ終わらないで!みたいな気持ちになりますよね?)連ドラのような方程式で作られてたかなーと思いました。映画っぽい一貫性?一本の流れ?みたいなのがないというか。
でもイケメンいっぱいだし泣けるとこは泣けたし、ラストシーンもほっこりしてすごい良かったです。
観てよかった~~っていう映画でした!

↑このページのトップヘ