ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

映画

たまには映画の感想をば~~と、実写版ゴースト・イン・ザ・シェルを観て来たので書いちゃいます!

攻殻機動隊については原作の漫画を読んだことがあります。
最新のARISEシリーズも実は観てました。
アニメと、劇場版ですね。新劇場版ってタイトルだったかな?
すっごい昔のアニメの映画もビデオで観たことがあります。
ビデオですよ、ビデオ。笑
VHSで観ましたよ~~GHOST IN THE SHELL、攻殻機動隊・・・。
もうビデオデッキなんて見かけませんよね~~、貞子VS伽椰子でも骨董品扱いだったし・・・

というのは置いといて。
そんなわけで、多少の予備知識がある状態での鑑賞でした。
ビデオで観たきりのアニメ映画でしたけど、実写映画を観ながら、「あーこんなシーンあったな~」とデジャヴを感じました。

マトリックスがパク・・・リスペクトした数字がガチャガチャ~ってなるやつは再現しなかったのね~~とか色々考えながら観てました。
原作、アニメ映画との違いをいちいち考えながら観ちゃったせいで
ちょっと映画に入りこめなかったのは残念かな。

漫画を原作に作ったというよりは、押井監督のアニメ映画を実写化したという印象を受けました。
原作の漫画はけっこうコミカルで主人公の素子もざっくばらんな感じの男勝りな性格ですよね。(女性らしいところもあるケド)
原作の短編エピソードの部分を映画化したのが押井監督の映画ですけど、それをさらに実写化したのが本作、って感じ。
アレンジのアレンジだからさらに原作から遠いというか。
ARISEシリーズは原作をよく読み込んで創った印象を受けて・・・原作への熱いリスペクトを感じたのですが、実写映画は押井監督への熱いリスペクトを感じました。
どちらかが好きな人もいれば、どちらも好きな人もいるでしょう。
私はARISEの方が好きだけど、実写映画のシナリオもうまくアレンジしていて好きですよ~~。
ARISEのテーマが「青春」だったように、それぞれの攻殻にテーマがあると思うんですけど、
実写映画は素子が自分の名前を取り戻す物語といったところでしょうか?

スカーレットヨハンソンさんはすっごく綺麗で、適役というかハマリ役というか。
バトーはもっとゴツい人が良かったな。いや、十分ゴツいんですけど・・・もっと面長でちょっとブサイぐらいの人の方がバトーっぽかった気がするのよね~~。
フチコマがいなかったのもちょっと残念。
フチコマは和ませ役なので欲しい存在ですよね~~。
実写映画の和ませ役は犬かな。

ともあれ、総合的に満足してます。
面白かったですね~~。
主婦としては素子の母役の桃井かおりさんのシーンでめっちゃ泣けました
自分のお墓を目の当たりにし、母に「もう来なくていい」と告げる素子と、頷く母・・・良いシーンでした。
自分の名前と、自分の過去を取り戻した素子。

そういえばハリウッドには「3部作の法則」があると思うんですけど、この作品には1回こっきりで良いから最高の物を作ろうという意気込みを感じました。
正直に言えば3部作になってほしいですけど笑
続編ありますかねー。

Jホラー作品「リング」のサダコと、同じくJホラー作品「呪怨」のカヤコが戦う?!
映画、「貞子vs伽椰子」、略して「さだかや」を観て参りました!

ふざけたタイトルですがちゃんと「ホラー」していて、Jホラーの「お約束」をちゃんと守ってくれマス。
怖いところは鳥肌が立つくらい怖かった
いやー、でもラストは笑いました。
もうね、最後の20分の盛りあがり方がハンパない。
期待を裏切らない終わり方からの、デーモン閣下の「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」!
主題歌が最高。
帰り道はずっと旦那と口ずさんでました。
シャナナナナナナ!シャナナナナナナ!wowowo!

今まで「リング」や「呪怨」を一切観たことがなくてもついてこれるように、序盤で解説が入ります。
“貞子フリーク”な大学のセンセイが講義してるという
さらには子供が見たって平気なように、血が出ない。
グロい死に方をしない。
でもメッチャ怖い
正直、リングとココが違うとか、呪怨とココが違うとか変なトコが目につかないぶん、両作品を適度に知らなかったり忘れてたりした方が楽しめると思います。

貞子パートの主人公と伽椰子パートの主人公がそれぞれいるという構造。
貞子と伽椰子のバトルパートまでは、貞子パートでは貞子の呪いの強力さや貞子自身の強さがこれでもかと描かれます。
伽椰子パートでは家に入った人間は否応なしに抹殺していく伽椰子のパワフルさと呪いの家の不気味さが描かれます。
高名な霊媒師っぽい人もまったく歯が立ちません。貞子強すぎ~!

呪いのビデオの内容の全貌を小出しにしたり、貞子が「必殺・睨み殺し」を重要人物を殺す時にしか使わなかったり、貞子パートが小出しで大物感を出してるのに対して、伽椰子はガンガン露出してバンバン殺します。
アクティヴ~!
ただし貞子も呪いの執行を邪魔する者はその場で排除!
パワフル~!

貞子パートの主人公・有里の窮地に登場した霊能力者?の経蔵くんの「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」という発想?により、ビデオの呪いと家の呪い、それぞれに呪いにかかった二人主人公が、さらに2重の呪いを受けて、貞子と伽椰子に獲物の奪い合いをさせよう、というのが「vs」に発展した理由。

サテ、観る前に旦那も私に聞いて来た「どっちが勝つの?」
これはもう、観て、知ってほしいところです。
でも予想できる結末じゃないかしら?
期待を裏切らない結末です。
こうでなくっちゃ~!と思いました。

貞子と伽椰子がぶつかり合うまでのお膳立ても、バトルのオモロさも、結末も全部よかった。
閣下の歌もサイコー。
映画が台無しになるような主題歌がくっついてる作品とかあるけど、これは主題歌まで含めて作品として仕上がってた。

ただし、リングでも呪怨でもない別の映画に仕上がってたのは確か。
「リング」や「
呪怨」を期待して観に行っちゃダメよ。
貞子と伽椰子がぶつかるっていう2大アイドルのお祭り騒ぎに参加する気持ちでゴーよ。
4DXとの親和性が高そうだと思った。
時間が合えば4DXで観たかったナ・・・。

役者の話を全然してなかったので少し・・・
山本美月ちゃんは、ドラマとかに出始めた頃は演技もミビョーだし顔もあんまりカワイクないとか思ってたんだけど(ゴメンネ)、今回は演技も成長してたし、
有里のキャラクターが男前でカッコ良かった。
美月、イケメンだったわ・・・。
途中で、無駄にキャラが立ってる霊能力者のコンビ・
経蔵くんと珠緒ちゃんが登場。
経蔵くんと珠緒ちゃんが主役のスピンオフとかできそう。
てゆか
経蔵くん、安藤政信じゃん!!
「サトラレ」、好きだったわ・・・安藤政信くん・・・。

最初の「リング」って公開されたのすっごく前ですよね。
なんかいっぱい作品が出過ぎで把握し切れてないんですけど、多分だいたい観てます。笑。
呪怨は「ファイナル」は観てないです。パンデミック止まり・・・。
リングも、「貞子3D」「3D2」は、3D酔いする体質なのでパス。

映像に関してはそんな感じで、書籍は
呪怨のノベライズだけ読んでます。
バイオレンス&エロスな怖い本ばっかり書いてる大石圭が書いてたから、ホラーよりバイオレンスが目についたワ。笑。
あとは貞子のフィギュアを持ってたり・・・、「リング」のお化け屋敷で生貞子に追いかけられたり。

母がホラー作品好きな影響で結構がっつり観てきた両作品。
まさか最新作がこんなお祭り騒ぎのような仕上がりになるとは・・・。
ゴチャゴチャ細かいことを考えずに観られる、良いエンタメ作品に仕上がってました。
色んな人に、友達を連れて気軽に観に行ってほしい。
「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」
間違いなくこの台詞がこの作品の名セリフでしょう。

そーいえば、劇場に貞子vs伽椰子グッズがぜんぜんなかったの!
売り切れたのかしら?
しょっくです。
封切日直後なのにな。
まあそれだけファンが多い作品ってことでしょう。
久しぶりに過去作品も観返したくなりました。
とりあえずコップのフチ子になってるさだかやだけ買って帰ったわよ

紀里谷監督ハリウッド初進出作品「ラスト・ナイツ」観てきました~
監督が紀里谷監督でクライヴ・オーウェンとモーガン・フリーマンが出てるってことしか知らないで観に行きました
忠臣蔵がモチーフっていうのも観る前にチラっと見たかな。
恥ずかしながら私は「忠臣蔵」をよく知らなくて、キアヌの「47RONIN」も忠臣蔵がモチーフだって最近知ったし、「赤穂浪士」とか「吉良上野介」とか、なんとなく聞いたことはあったけど内容はサッパリでした。
たぶんその「忠臣蔵」のあらすじを知らない方が新鮮に受け止められる映画だったんじゃないでしょうか。
「ここが忠臣蔵と違う」「忠臣蔵だったらこうなってたはず」みたいなモヤモヤが無い分ね。

「ラスト・ナイツ」は忠臣蔵を、中世ヨーロッパ的などこかの帝国のお話に置き換えた作品で、世界観やキャラクターの造形なんかは結構現実的。ほんとにありそうな感じ。
「GOEMON」の時の方が個性的で魅力的なキャラクターがたくさん出てきて楽しかったな~と思ったんですけど
ファンタジーすぎて漫画的になってもアレだしこれはこれでよかったかな。
主人公たちの衣装が黒いから、画面がまっくろで全体的に沈んだ雰囲気だったわ。
ヨーロッパの騎士ならもう少しフリフリのゴージャスな衣装でもよかったんじゃないかしら。

紀里谷監督らしい美しい映像の連続、無駄のないシナリオで眠たくなるようなことはありませんでした。
少し前半が説明的すぎたかな。
戸田奈津子の字幕もなぜか、わざとなのか「刀」とか「刀傷」ってフレーズが出てきてちょっとフシギ。
セリフだけ忠臣蔵?

クライヴオーウェン演じるライデン隊長の失意からのどんでん返しは「おお!」と感動。
丁寧でよくまとまったシナリオだったと思います。
悪く言う必要はないけど、悪く言えば良い子ちゃん過ぎたかしら。
もう少しアクのある脚本でも良かったのでは。

この前観に行った「ジョン・ウィック」は銃撃とカンフーを組み合わせた「ガン・フー」が見どころだったけど、「ラスト・ナイツ」は騎士のチャンバラが見どころかしら。
クライヴ・オーウェンはキアヌよりもさらにタッパがあるから刀を振り回すシーンに迫力があったわ。
外国人の描くチャンバラや日本人ってドーモ変てこなんだけど、日本人が監督だと美しく仕上がるわ。
ストーリーが多少ありきたりでも映像が美しいと繰り返しみたくなるもの。
DVDの購入も検討します。
紀里谷監督には、また力を蓄えて新しい映画を撮ってほしいわ。

面白くないかも~とこぼしながら観ていた「無痛」ですが
6話は大きくお話が動いたので夢中になって観てしまいました

パズルのピースがハマり始めた感じですね。
5話では、「犯因症」が出ていなかったのに殺人事件が・・・?
為頼の「眼」は役に立たないの・・・?と思われたところで終わり、でしたが
6話では自分の「眼」を信じることにした為頼。
私もすっかり騙されたわ。
あのストーカーにやっぱりそんな根性なかったのね。

中村蒼くん演じる「イバラ」がかな~り怪しいなぁと思っていたら・・・
6話ラストのシーンは完全にホラー
ロッカーから転がり落ちる腕・・・
怖すぎだったわ~
なんか刑事モノ、医療モノ越えてホラーになってない?
このドラマってそもそもいったいジャンルは何だったのかしら・・・サスペンス?

高島先生はアホすぎだし、あんな事件があったのに病院のセキュリティは甘すぎだし、白神先生は怪しすぎだし、イバラはホラーだしツッコミどころの多いドラマだわ。
なんだかんだ面白いしファンタジーだと思って観ることにするわ。

私の母がホラー好きだから西島くん目当てで観てただけなのに思わぬ収穫になったんじゃないかしら。
最近のホラー映画って、CGの技術が進むにつれてどんどんつまらなくなってる印象よ。
昔のスペイン映画とかってほんとにキモチワルくて怖かったわ。
最近のホラー映画でスッゴク怖かったものがあったら教えて欲しいわ・・・私の母に・・・
2012年公開のポゼッション、2013年公開の死霊館あたりが最近観たホラー映画で好きだな~と思えた作品だわ。
なんか無痛がホラーすぎてホラー映画の話題になっちゃった。
私個人はホラーよりスパイアクションやバイオレンス映画が好きよ。
すごく強い主人公が悪者を容赦なくボコボコにしていく映画が好き爽快

キアヌ・リーヴス主演の映画、「ジョン・ウィック」を観て参りました

「コンスタンティン」でキアヌのファンになったのですが、
大ヒットした「マトリックス」以来、キアヌはなかなか良い作品に恵まれず・・・
なんか色々迷走したり
ぼっち写真パパラッチされたり
そのぼっち写真が大人気になってフィギュア化までされたり
激太りが報道されたり
そんな中「キアヌ・リーヴス完全復活!」と銘打って発表された作品が
「ジョン・ウィック」!!!

日本での公開が米国に比べて随分遅かったので
駄作過ぎて日本未公開なのかと不安になったりしました

元凄腕の殺し屋が愛犬を殺されて復讐の鬼と化するという単純なストーリー。
説明なんて要りません。
バン・バン・バンとリズムよく仇のマフィアを倒していくサマが最高。
スーツに身を包んだキアヌの186cmの体躯も最高。
つま先まで徹頭徹尾美しかった。
長身だからスーツが似合うわ~。
キアヌは「イケメン」っていうより「クール」とか「美しい」って表現が似合うわ。
甘いマスクの伊達男が似合うようなイケメン俳優陣とは全く違う
鬱鬱とした暗い表情で機械的に敵をボコにしていくキアヌが最高にクールよ。
トム・クルーズなら笑顔で顔も見ずにボコにしていくところね。
服装はアメカジかタキシードがいいわ。トムはね。
インタビューウィズヴァンパイアのフリフリ衣装も私は好きだったけれど・・・。

キアヌ以外にも魅力的なキャラクタがたくさん出てくるんだけれど、
ほとんど死んじゃうのよね。
悪役のイメージの強かったウィレム・デフォーが珍しく良い役だったわ。
愛犬のためにマフィアに復讐するんだけど、そのワンコが可愛かったわ。
クーンクーンって・・・。
キアヌのワンコへの接し方もすごく自然で素敵だった。
キアヌって犬を飼ってるのかしら・・・。

50歳も越えちゃって、久しぶりに「スピード」とか観ちゃうと
キアヌも老けたわ~と思うけど
良い感じにトシを重ねてると思います
もう既に「ジョン・ウィック2」の撮影も始まってるとか。
ハリウッド3部作の法則で「3」も期待して良いのかしら。
「2」の方が面白い作品って結構あるから、是非がんばって欲しいわ。
ミッション・インポッシブルなんて、「5」が一番面白かったもの。

ワンコが目立つジョン・ウィックですが
カッコイイ車も登場するの。
ジョンウィックの愛車は「マスタング」。
1969年式BOSS429に乗っています。
むしゃくしゃしたジョンが爆走するシーンや
ワンコがマスタングに乗ってクーンクーンって鳴いてるシーンもあるわ。
セクシーでかっこいい車だわ。マスタング。
そんなマスタングとかわいいワンコを奪われるジョン。
しかも最愛の奥さんを失った5日後に。
冷酷に淡々とマフィアに復讐していくジョンが最高にクールでした。
DVDが出たら買うわ~。Blu-rayでもいいわ。
楽しみ~

週末は紀里谷和明監督の「ラスト・ナイツ」を観に行く予定です
クライヴオーウェン楽しみ~

↑このページのトップヘ