ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

映画

映画「渇き。」、予告を観て気になってたんですが、つい最近Amazonプライムビデオに入ったのでやっとこ観ました~~~

加奈子という高校生の女の子が失踪し、不死身の父親ががんばって娘を探すというお話しです。
探すうちに加奈子がヤクをバラ撒いたり売春のあっせんをしたり大物のオヤジが未成年とエロエロしてる写真を勝手に持ち出してエラいことになったりしていたことが発覚して大変なことになるお話しです。
映画は、なぜ加奈子がそんなブッ飛んだ行動に出たのかよくわからないまま、加奈子がブチやべーやつなまま終わります。ちなみに加奈子は見つかりません。

原作は「果てしなき渇き」というタイトルだそうです。
映画はなんか過去と現在と別視点が交錯してゴチャゴチャしていて、1回観ただけではすべてを理解するのは難しそう、というか難しかったです。
しゃーないので原作のあらすじと映画化したことで発行されたストーリーブックのあらすじをチェキして、やっと話を理解!!

エーガはエンタメ色強めでぶっ飛んだ感じでしたが、原作とストーリーブックを見るとけっこう繊細に色々設定があって、加奈子がなぜブッ飛んだ行動をしていたのかキチンとわかります。

父親に性的虐待を受けて「死のーかな?」と思っていたところに緒方という同級生と出会い、自殺を思いとどまって緒方と恋人同士になるも、緒方のことをもっと知りたくて勝手に緒方に会いに行ったことで、緒方が少年愛ヤバヤバ親父に強姦されているところを目撃してしまい、緒方は加奈子に見られたショックで自殺して(もしかしたら少年愛ヤバヤバ親父に口封じに殺されて)しまいます。
加奈子は「自分のせいで緒方が死んだ」と自分を責めてしまいます。
緒方を好きだったからもっと知りたくて、知ろうとしてしまったことで、結果殺してしまったっちゅーことですね~~~
これちゃんと知ってから映画を観ると、ハーナルホドとお話しが理解できるんですが、この辺の説明がサブリミナル的にボヤボヤとしか出てこないんで、映画を観てるあいだはひたすら加奈子がやべーやつなことしかわからないんですよね~~~。
というわけで加奈子はたくさん道連れを作って破滅的な自殺をしたとゆー流れです。

同中島哲也監督に「告白」がかなりヘビィな内容だったので、似たようなのを想像してたんですが、思ってたのとチト違いました。
そこまでグロくないし、コワくないし。
妻夫木クンが演じてたアメちゃんをずっと舐めてるヘラヘラ刑事がやたら印象に残りました。

朝ドラを観るのをやめてしまい、連ドラも今期はリーガルV一本しか観ていません。
テレビを観る時間が減ってますね~~~
Amazonプライムビデオなど、ネットで映画やドラマを観る時間が増えています。
テレビをネットにつないだので、気軽にプライムビデオやYouTubeが観れるんですよね~~。

今回観たのは黄金のアデーレ!

映画館に何かの映画を観に行った時に予告が流れて、実は予告だけで感動して泣いてしまったんです(爆)
ずっと気になってたはずなんですけどすっかり忘れてましたね~~~というわけで今更視聴

私は歴史とかサッパリなので、オーストリアが~~とか、ナチスが~~とか、ユダヤ人が~~とか言われてもサッパリ。
劇中、主人公のマリアについている弁護士クンが「オーストリアに行く」と言うと、「カンガルーが見たい」と返されるシーンがあったんですが、劇中の人物ですらオーストリアとオーストラリアと間違えるレベルなんだから歴史知らなくても良いですよね!

オーストリアに住んでいた主人公のマリアは、ナチスがなんかいろいろやって、家とか色々奪われて、今はアメリカで暮らしています。
姉が亡くなったのを機に、本来は父から相続する権利があるはずのクリムトの絵をオーストリアから取り戻そうとするっちゅー話です(雑)

絵の価値を知った眼鏡の弁護士くんがお金目当てでマリアに協力を申し出ますが、だんだんマリアに感情移入して、奪われたものをオーストリアから取り戻そう!と純粋な気持ちで頑張ります。

正直、予告がピークでしたね。
内容的には予告だけで十分で、ストーリーに予告以上のものは無かったな、と思いました。

しかーし!
映像がとても美しい!
名画をテーマにしている作品だけあって、ウィーンの景色やアメリカでの景色、役者の撮り方、すべてにおいて美しいのです。
光の当て方などもとてもうまく、観ていてうっとり。つい一時停止して見入ってしまいそうになりました。
映像だけでも価値のある映画でした。劇場で観たら迫力あっただろうな~~。
4kテレビでも十分綺麗でしたが・・・

綾野剛くん主演ということで、観たいな~~と思いつつ観てなかったので、いまさらですがAmazonプライムビデオで視聴!

綾野剛くんがいっぱい観れるとこは良いんですけど
剛くん、ここまでする必要あった・・・?
剛くん、この役する必要あった・・・?
という気持ちになりました。

剛くん自身の演技は素晴らしく、役になりきってハマっていて、とても良かったですが・・・。
剛くんのファン層は、もっとキラキラした剛くんが観たいんじゃないかな~~と。
まあ私の勝手な意見なんですけどね~~

前半はういういしい警察官の剛くんがいいかんじに成功して
イケイケ(死語)で観ていて楽しかったですが
後半の転落は非常に暗く、剛くんも見た目が汚くてしんどかったです。

ヤクを打つシーンの演技がすごすぎて怖かった・・・。

この映画を観て思い出したのが、トムクルーズのバリー・シール/アメリカをはめた男。
バリーシールも実話をもとにした、そそのかされてどんどん悪に染まって金儲けしていく話でしたよね。
バリー・シールもまた、トムの魅力が全然引き出せてない感じがして、途中で観るのをやめてしまいました。

役者の寿命って、長いようで短いじゃないですか。
綾野剛くんはいま36歳ですが、映画なんて年に1、2本出られたら良い方で、そう考えると36歳の剛くんが出られる映画は1本か2本、0の可能性だってあるし・・・。
そう思うと、これ~~?って映画に出てるのみると・・・ファンとしてはもったいなく思うのでした~~。

剛くんが出た映画では、2007年のLifeがいちばん好きです。
ラストシーンの疲れた顔でベッドにころがるシーンがとても好きです。

映画コーヒーが冷めないうちにの感想です
4回泣けますってポスターに書いてありましたが、まんまと4回泣いてしまいました。
なんて良い客なんでしょう、私!!
涙活映画ですね。
涙活したい方におすすめです。
まわりの座席からも鼻をすする音がいっぱい聴こえたんで、みんな泣いてたと思います。

お話がわかりやすいところがいいですね。
飽きずに最初から最後まで観ることができました。

強いて言えば、最後の方、ちょっとメタ的な演出が入るところがちょっとアレでした・・・
林遣都くんが「誰に言ってるの?」って突っ込むところ。
なんであんなシーン入れたんだろう。
ああいう演出はプリキュアの映画で鑑賞前のお願いとライトで応援をお願いする時だけでいいのだよ。

映画を観ると気になるのが原作ですが、原作には伊藤健太郎くんのポジションの登場人物がいないと母から聞いてびっくり!
それってぜんぜん違う話になっちゃうと思うんですけど、だとしたら今回の映画は原作ファンには不評そうですね。

しかし、原作のAmazonのレビューを見ると★1が一番多く、原作は原作であまり好評でないようす。
だったらこんなに面白くなった映画は成功なんですかね。
原作を絶賛している人もいないわけではないし、映画を★1評価にしている人もいるので一概には言えませんが…。


以前、半分青いの感想で「人の死って、お手軽に観る人を感動させられる手段だと思うんですけど、人の死を使っておいて何の感動も生み出せなかった半分青いはヤバいと思います。」って書きましたが、
今回、あらためてそう思いました。
人の死を使っておいて感動させられないのはクソです。

映画 検察側の罪人の感想です
二宮くんのファンなので観に行きました!
ニノは相変わらず演技がうまいですね。
安心して観られます。

123分だそうですが、もっとあったように感じました。
とにかく内容が濃く、「2時間で終わるの?」と思うくらい内容が詰め込まれています。
原作は文庫上下巻なんですね。
カットされている部分も多そうです。

役者さんがみんな良く、とくに松重豊さんは存在感抜群でした。
脇役だから輝く役どころでしょうが、松重さん演じる諏訪部だけで一本スピンオフが書けそう。

キムタクは演技が成熟してきた感じ。
私はドラマ華麗なる一族でキムタクの演技良くなったな、と思ったんですが、
今回の映画でまた演技良くなったな、と思いました。
2度目の脱皮でしょうか。
最近観たBG〜身辺警護人〜がちょっと「あれっ・・・」って感じだったので、そこは良かったです。

ニノは最初から演技が上手いんで文句のつけようがないですね。
松倉を怒鳴って追い詰めるシーンの演技が特に素晴らしかった。

大物役者の配置や、いかにもフィクションといったテイストの登場人物のちりばめ方が上手いなと思いました。
嘘っぽくなりすぎないギリギリのライン。
ただでさえ存在感のあるキムタクを画面の中で浮いた存在にしないためのテクニックかなあ。

とにかく内容が濃く、とくに前半はずっと気を抜かずに観ないといけないので大変です。
こんなにがんばって観た映画は・・・最近だとインセプション以来かなあ。

役者さんの演技もよく、内容も濃く、面白かったです。
映画!って感じですね。
ドラマに毛が生えたようなチープい邦画ではありません。
原作が読みたくなったので、いずれ読んでみようと思います。

↑このページのトップヘ