ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

映画

紀里谷監督ハリウッド初進出作品「ラスト・ナイツ」観てきました~
監督が紀里谷監督でクライヴ・オーウェンとモーガン・フリーマンが出てるってことしか知らないで観に行きました
忠臣蔵がモチーフっていうのも観る前にチラっと見たかな。
恥ずかしながら私は「忠臣蔵」をよく知らなくて、キアヌの「47RONIN」も忠臣蔵がモチーフだって最近知ったし、「赤穂浪士」とか「吉良上野介」とか、なんとなく聞いたことはあったけど内容はサッパリでした。
たぶんその「忠臣蔵」のあらすじを知らない方が新鮮に受け止められる映画だったんじゃないでしょうか。
「ここが忠臣蔵と違う」「忠臣蔵だったらこうなってたはず」みたいなモヤモヤが無い分ね。

「ラスト・ナイツ」は忠臣蔵を、中世ヨーロッパ的などこかの帝国のお話に置き換えた作品で、世界観やキャラクターの造形なんかは結構現実的。ほんとにありそうな感じ。
「GOEMON」の時の方が個性的で魅力的なキャラクターがたくさん出てきて楽しかったな~と思ったんですけど
ファンタジーすぎて漫画的になってもアレだしこれはこれでよかったかな。
主人公たちの衣装が黒いから、画面がまっくろで全体的に沈んだ雰囲気だったわ。
ヨーロッパの騎士ならもう少しフリフリのゴージャスな衣装でもよかったんじゃないかしら。

紀里谷監督らしい美しい映像の連続、無駄のないシナリオで眠たくなるようなことはありませんでした。
少し前半が説明的すぎたかな。
戸田奈津子の字幕もなぜか、わざとなのか「刀」とか「刀傷」ってフレーズが出てきてちょっとフシギ。
セリフだけ忠臣蔵?

クライヴオーウェン演じるライデン隊長の失意からのどんでん返しは「おお!」と感動。
丁寧でよくまとまったシナリオだったと思います。
悪く言う必要はないけど、悪く言えば良い子ちゃん過ぎたかしら。
もう少しアクのある脚本でも良かったのでは。

この前観に行った「ジョン・ウィック」は銃撃とカンフーを組み合わせた「ガン・フー」が見どころだったけど、「ラスト・ナイツ」は騎士のチャンバラが見どころかしら。
クライヴ・オーウェンはキアヌよりもさらにタッパがあるから刀を振り回すシーンに迫力があったわ。
外国人の描くチャンバラや日本人ってドーモ変てこなんだけど、日本人が監督だと美しく仕上がるわ。
ストーリーが多少ありきたりでも映像が美しいと繰り返しみたくなるもの。
DVDの購入も検討します。
紀里谷監督には、また力を蓄えて新しい映画を撮ってほしいわ。

面白くないかも~とこぼしながら観ていた「無痛」ですが
6話は大きくお話が動いたので夢中になって観てしまいました

パズルのピースがハマり始めた感じですね。
5話では、「犯因症」が出ていなかったのに殺人事件が・・・?
為頼の「眼」は役に立たないの・・・?と思われたところで終わり、でしたが
6話では自分の「眼」を信じることにした為頼。
私もすっかり騙されたわ。
あのストーカーにやっぱりそんな根性なかったのね。

中村蒼くん演じる「イバラ」がかな~り怪しいなぁと思っていたら・・・
6話ラストのシーンは完全にホラー
ロッカーから転がり落ちる腕・・・
怖すぎだったわ~
なんか刑事モノ、医療モノ越えてホラーになってない?
このドラマってそもそもいったいジャンルは何だったのかしら・・・サスペンス?

高島先生はアホすぎだし、あんな事件があったのに病院のセキュリティは甘すぎだし、白神先生は怪しすぎだし、イバラはホラーだしツッコミどころの多いドラマだわ。
なんだかんだ面白いしファンタジーだと思って観ることにするわ。

私の母がホラー好きだから西島くん目当てで観てただけなのに思わぬ収穫になったんじゃないかしら。
最近のホラー映画って、CGの技術が進むにつれてどんどんつまらなくなってる印象よ。
昔のスペイン映画とかってほんとにキモチワルくて怖かったわ。
最近のホラー映画でスッゴク怖かったものがあったら教えて欲しいわ・・・私の母に・・・
2012年公開のポゼッション、2013年公開の死霊館あたりが最近観たホラー映画で好きだな~と思えた作品だわ。
なんか無痛がホラーすぎてホラー映画の話題になっちゃった。
私個人はホラーよりスパイアクションやバイオレンス映画が好きよ。
すごく強い主人公が悪者を容赦なくボコボコにしていく映画が好き爽快

キアヌ・リーヴス主演の映画、「ジョン・ウィック」を観て参りました

「コンスタンティン」でキアヌのファンになったのですが、
大ヒットした「マトリックス」以来、キアヌはなかなか良い作品に恵まれず・・・
なんか色々迷走したり
ぼっち写真パパラッチされたり
そのぼっち写真が大人気になってフィギュア化までされたり
激太りが報道されたり
そんな中「キアヌ・リーヴス完全復活!」と銘打って発表された作品が
「ジョン・ウィック」!!!

日本での公開が米国に比べて随分遅かったので
駄作過ぎて日本未公開なのかと不安になったりしました

元凄腕の殺し屋が愛犬を殺されて復讐の鬼と化するという単純なストーリー。
説明なんて要りません。
バン・バン・バンとリズムよく仇のマフィアを倒していくサマが最高。
スーツに身を包んだキアヌの186cmの体躯も最高。
つま先まで徹頭徹尾美しかった。
長身だからスーツが似合うわ~。
キアヌは「イケメン」っていうより「クール」とか「美しい」って表現が似合うわ。
甘いマスクの伊達男が似合うようなイケメン俳優陣とは全く違う
鬱鬱とした暗い表情で機械的に敵をボコにしていくキアヌが最高にクールよ。
トム・クルーズなら笑顔で顔も見ずにボコにしていくところね。
服装はアメカジかタキシードがいいわ。トムはね。
インタビューウィズヴァンパイアのフリフリ衣装も私は好きだったけれど・・・。

キアヌ以外にも魅力的なキャラクタがたくさん出てくるんだけれど、
ほとんど死んじゃうのよね。
悪役のイメージの強かったウィレム・デフォーが珍しく良い役だったわ。
愛犬のためにマフィアに復讐するんだけど、そのワンコが可愛かったわ。
クーンクーンって・・・。
キアヌのワンコへの接し方もすごく自然で素敵だった。
キアヌって犬を飼ってるのかしら・・・。

50歳も越えちゃって、久しぶりに「スピード」とか観ちゃうと
キアヌも老けたわ~と思うけど
良い感じにトシを重ねてると思います
もう既に「ジョン・ウィック2」の撮影も始まってるとか。
ハリウッド3部作の法則で「3」も期待して良いのかしら。
「2」の方が面白い作品って結構あるから、是非がんばって欲しいわ。
ミッション・インポッシブルなんて、「5」が一番面白かったもの。

ワンコが目立つジョン・ウィックですが
カッコイイ車も登場するの。
ジョンウィックの愛車は「マスタング」。
1969年式BOSS429に乗っています。
むしゃくしゃしたジョンが爆走するシーンや
ワンコがマスタングに乗ってクーンクーンって鳴いてるシーンもあるわ。
セクシーでかっこいい車だわ。マスタング。
そんなマスタングとかわいいワンコを奪われるジョン。
しかも最愛の奥さんを失った5日後に。
冷酷に淡々とマフィアに復讐していくジョンが最高にクールでした。
DVDが出たら買うわ~。Blu-rayでもいいわ。
楽しみ~

週末は紀里谷和明監督の「ラスト・ナイツ」を観に行く予定です
クライヴオーウェン楽しみ~

「デスけ」とか「デヌけ」なんて愛称までつけられて
みんなに愛されていたTVドラマ版デスノートも遂に完結です

最終回、窪田正孝くんの怪演が光ってました~~
漫画みたいに表情によって顔つきがコロコロと変わる人ですね~。
漫画の実写化に向いてるのかも。

原作と違う部分も多かったですが決着部分は同じですね。
「松田に撃たれる」っていうのがどうにもショボい気がしていたんですが
(松田ごめん)
ドラマ版の月は最後まで自分の正義を貫こうとしていて
松田たち対策部のメンバーも、月に目を覚ましてほしい一心で
月を撃ったっていうのが良かった。

原作の魅上はライトに「神じゃない!」って怒って罵倒するけど
ドラマの魅上は最後までキラを神って呼んでたのが良かったわ。

てゆかまたノートの複製って!!!
ジェバンニいないのに。このワタリ有能すぎるわ。
原作だとLと一緒に死んじゃうのにな。
おじいちゃんだからって甘く見過ぎたわ。

ノートが燃えて、魅上とミサミサは
ノートに関する記憶が無くなっちゃって終わり、っていうの、個人的に好きです。
ライトはノートと一緒に炎に包まれて、綺麗さっぱり、灰になって・・・。
下手にノート残っちゃったら処理に困るもんね。
リュークとレムもずっと地上にいなきゃならないし。

そういえばドラマのレムは灰になりませんでしたね。
ニア・メロとの対決に魅上じゃなくミサを連れていってたら
窮地でレムがノートを使ってくれたかもしれなかったな。
まぁそうなっちゃうと終わらないし月が勝っちゃうけど。

最後の、Lのもう一つビデオレター、面白かったわ。
ドラマは「ビデオレター」を使って、実質的に月をLが倒したっていう図式をやってくれて良かった。
やっぱりLvs月の対決が観たいもの。

さてさて、最後に唐突に発表された映画の続編ですが・・・
果たしてどんな感じになるんでしょう・・・。
月とLのDNAを受け継ぐ新たなカリスマとか書いてあったの読んだけど・・・
DNA受け継ぐってなに?二人の親戚?子孫?(なわけないか)
6冊のノートとか、「誰が保持者なのかわからない」らしいですけど
ヨツバキラの壮大ver.って感じかしら。
キャスト含めて謎だわ~。

絶対みんな藤原竜也と松山ケンイチを期待しちゃうでしょ。
私もミサは戸田恵梨香派だし。

ニューヒーロー、ニューヒロイン、ニュー死神・・・
どんなものになるか分からないけど、期待してます。

綾野剛のお尻・・・生尻・・・

・・・失礼しました。
ジョージ朝倉原作、映画「ピース・オブ・ケイク」
封切日の9月5日に観に行ってきました

S-最後の警官-の劇場版と迷ったのですが
綾野剛の出番が多いのはピースオブケイクだろう、ということで
ピースオブケイクを観に行くことに。

原作は1巻だけ読んで行きました。
けっこう原作の流れに沿ってたと思います。

ラブシーンが結構多かったので
そういうシーンが多いと気まずいような相手と観に行かないように!

男性陣が、綾野剛(仮面ライダー555)・松坂桃李(シンケンジャー)・菅田将暉(仮面ライダーW)・小澤亮太(ゴーカイジャー)と、特撮好きにはたまらないキャスティング。
中でも桃李くんはオカマ役で、男性とのキスシーンもあって体張ってるカンジでした。
オネェ言葉が自然で、桃李くんすごい!って思いました。

綾野剛くんはギリギリまで脱いでます。
冒頭でも言いましたけど、ハダカのおしりが観れます。笑。

多部未華子ちゃんも下着見せたりぱんつ脱いだりしていて
かなりキワドいシーンも演じてます。
大人になったのね・・・って感じ。

多部ちゃん演じる志乃と京志郎を取りあうライバルのあかり役、光宗薫さんも
セクシーなベッドシーンを演じてます。喘ぎ声も披露。

菅田くんもタベちゃんと濃厚なキスシーンアリ。
糸引いててエロ~かったです。
劇場を出たあと、「菅田くんの手つきが綾野剛に比べてぎこちなかった」「経験の差かな」って会話が聞こえてきて面白かったです

セクシーなシーンだけでなく、志乃&京志郎のイチャイチャラブラブなシーンも可愛くて見どころたっぷりだと思います。
笑えるシーンは笑えるし。周りからも笑い声が聞こえてました。
綾野剛くんがいっぱい映るからファンにはお勧め!
にっこり笑った顔が可愛かったです~。

多部ちゃんは演技が上手いですね~。
ラブラブなシーンは自然だし、ちょっとした会話のシーンに説得力があって、怒って叫ぶシーンは迫力がありました。

いらないシーンがなくて、最初から最後まで飽きずに楽しめる映画だと思います。
一緒に観に行った家族が「一度も寝なかったよ!面白かったってことだ!」と謎の基準で褒めてました。笑。
最後もスッキリと終わるので後味も良かったです。

イケメンがガツンガツン出てるんで女性ホルモンも分泌されると思います。
うるおい不足を感じてるヒトにもオススメ

↑このページのトップヘ