ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

映画

たまに行くコーヒースタンドの店主が「もっとも好きな映画」として挙げていたので観てみました。
観るまでスッカリ忘れていましたが、私はクリストファー・ノーランと非常に相性が悪く、
これまでダークナイト、インセプション、ダンケルク……と、けっこうクリストファー・ノーランの映画は観てきてるんですが(しかもダークナイトとダンケルクは劇場で鑑賞)、毎度、相性悪いな~~と思わされています。
今回のインターステラーもやはりそうでした。
リアリティ重視の絵作りとこまかいディティールは作り込むのに、どうにもツッコミどころがフワっと残っていてご都合主義が漂い、こねくり回した複雑なシナリオ構成なのに結末はストレートパンチな熱い力技というアンバランスさがどうにも私の肌には合わないようです。
ここまで合わない人間がいるということは、逆に合う人間にはぶっ刺さるのでしょう。
以前ディーリーの感想で金城一紀氏と合わない、と書きましたが、ノーラン監督も同じく、といった感じです。
金城一紀とノーラン監督の作るものはだいぶ別物ですけどね。
インターステラーを観た後は「なにがそんなにいいのか?」「絶賛している人はどこを褒めているのか?」が知りたくてひたすらAmazonのレビュウを漁りましたが、ノーラン監督と根本的に合わない私には理解不能な感想ばかりでした。
逆に私と同じように低く評価しているレビュウの方が同意できる点が多いのですが、レビュウのコメント欄が荒れていて「信者」の存在を感じとり、戦慄しました。こ、怖い……。
こういうのを見せられると、ああ、熱い信者の方がついてらっしゃるのね、低評価すると攻撃されるのね……と、もう近寄るのも鑑賞するのもいやになりそうなところですが、個人的には、ノーラン監督とどこまで徹底的に合わないか検証したくなってきました。
金城一紀氏に関しては、GO、SP、BORDER、CRISIS、奥様は取り扱い注意、deleと、観れるものはだいたい観て、観た上で合わないと言っているので、ノーラン監督の映画ももう少し観てみて「合わなさ」を確認したいと思います。

そろそろ春ドラマの季節ですね~~~きのう何食べた?は確定で観ますが、あとはキントリと執事西園寺と……春ドラはすでに3本視聴を決めているので忙しくなりそうです。
クボタマの出る月9はどうするか悩み中。

とうとうソウシリーズの決着となる7作目までたどり着きました!
なんかすっかり忘れてましたけど、これ3D映画だったんですね。
言われてみると確かに飛び出したり飛び散ったり立体感を活かした感じの画面づくりがなされています!

さてさて、なんと冒頭からいきなりソウ1作目に登場した医師が登場します。生きてたんかい!
そして、ゴードン医師がジグソウ(ジョン)の協力者であったことが明かされます。
また1~6までずっと観てないとわかんない掘り下げ!!!!
3の女医をチョイスしたのもゴードン医師であったことが明かされます。
シリーズを追いかけてきた人には嬉しいサプライズですが7作目まできて1とか3とかのタネ明かしなん?!という気持ちも。
ミルクレープのようにあとからあとから何重にも裏設定の層が増えていったような感覚です。層…ソウだけに…

今回は「準備はどうやったの?」と言いたくなるたくさんの人が観てるなかでのゲームやピタゴラ装置のような連鎖反応のゲーム、どうやって設置したの…?と言いたくなうような大掛かりなゲームが仕掛けられます。
最後のおおがかりなやつはゴードン医師とアマンダとホフマンとジョンとジルで準備したのかな…この人数ならなんとかなるか…

ソウのゲームの参加者って頭悪い人が多いですよね。今回は特にそうでした。こういう状況になると思考能力が低下するのかもしれませんが…焦ると思考停止しますもんね…子供が服が燃えて火だるまになっちゃって、気が動転したお母さんが救急車を呼んだあとなにもできずにずっと電話にすがってたって話もあったし…いや、火を消せよ…無理なんか…。
声を出さなければ死なないって言ってるのに大声出したり、わざわざ胸筋にフック刺す必要ある?とか。
「他人から観ればカンタンだけど本人には難しい」が今回はなかったな。


↓以下ネタバレあらすじ↓


新しい登場人物のギブソン刑事と、「ゲームからの帰還者」として本を出して富と名声を得たボビーくんが登場します。

ジグソウ(ジョン)の元妻ジルはホフマンがジグソウの協力者だと証言する代わりにホフマンから守ってほしいとギブソンに依頼。でもソウシリーズの警察が有能だったことないからなあ…汚職刑事と無能刑事しかいないからなあ…。

一方、ボビーは実は「ジグソウのゲームとか参加したことないけど参加してたことにして金儲けしたろ!」というペテン師でした。
しかもサイン会にジグソウ(ジョン)が来ていたという怖い過去も。
ていうか前回の悪徳保険会社の人が挑戦したゲームとほぼ同じジャン!!
もうネタが尽きてきたのでしょうか。ちょっとがっかりです。

ジルの方はホフマンに殺される!とビビって殺される夢までみてしまいます。ソウ初の夢オチ。

ホフマンを追いかけるギブソンですが、ぜんぶ裏をかかれて無事、全員死亡。おいおい。
まんまとジルを保護している警察署にたどり着いたホフマンが無双して警察を殺しまくってジルまでたどり着きます。
ジルを殺してなんか色々証拠も燃やしてどっか行こうとするホフマン(もう手遅れでは…?)に、ブタのかぶりものの3人組が襲いかかります!えー!!3人もいる!!!
ゴードン医師と、調べたらあと2人は最初のゲームで生き残った2人だそうです。
ゴードン医師が閉じ込められた最初のゲームのバスルームへ連れて行かれるホフマン。
足にはかせと鎖。ゴードンにのこぎりを奪われ、ドアを閉められます…「ゲームオーバー」…。

ファイナルで3Dだけあってグロというか痛~い要素もなかなか多めで頑張ってたんじゃないでしょうか。
1~3ぐらいまであった驚きみたいなのはもう無かったですけど…。
ジョンがカリスマすぎるのと他に魅力的な登場人物を作れなかったのが4以降のテンションダウンの原因ですかねー。難しい。まあどんな映画もシリーズを長く続けていくのって難しいのかなって思いました。
悪くはないですね!飽きずに全部観れたし。
機会があれば最新作のジグソウ:ソウ・レガシーも観ます。プライムビデオに落ちてくるかなあ。

引き続きソウの感想です。
ソウ5、もはや全然記憶にありませんでした。
もしかして観てないのかな?でもひととおり観たはずなんですよね~~。
ソウ5はグロさもホラー感もイマイチでストーリーも微妙ですね。
これまでのような驚きもなく・・・。
こう、1~3ぐらいまではアハ体験みたいなすっきり感が最後にあったのに。
観返して、忘れててもしょうがないかな、と思いました。

か~ら~の~、6。
ジョンが死に、アマンダが死に、ジグソウの後継者ホフマンとジョンの元妻ジルの対立が主軸ですかね。
ジョンが遺したファイルに従ってジョンが仕掛けた最後のゲームを実行する2人。
ホフマンはツメが甘いせいで警察に追い詰められていきます。
そんでもってまた過去の回想が入り、実はここはこうでした、とタネ明かし。
3でアマンダが女医を撃った本当の理由、引き出しに入っていた手紙の内容がやっと6で明かされます。引っ張ったなー!!!
構想は最初からあったんですかね?もはや連ドラみたいな内容ですよね。
6の最後は思い切り「つづく」と言った終わり方。ファイナルこと7作目で決着です。8作目まであるけど。

さてさて、ジョンやアマンダがどのナンバリングで死んだかすら覚えてなかったんですが、観返すと回想で何度もジョンが出てくるのでしょうがないかなと思いました。
ジグソウの人形ですら、「全部に出てくるの?」と訊かれて「……どうだっけ?」ってなってたんですよね。だって、ビデオで「ゲームをしよう」って語りかける時とテープで済ませる時あるじゃないですか。あれ、今回ビデオあった?みたいな。6ではもうジョンがみずから顔だししてビデオに出てるし。

グロも見慣れるとなんか味気なくなりますね。それでも6の冒頭の夫婦の肉切断対決はエグかった笑
5は本当に微妙だったけど6で持ち直しましたね。7(ファイナル)も観まーす。

前回、前々回に続いてソウの感想です。
絶対にレンタルで観たはずなんですけど、ここまで覚えてないか?ってぐらい内容覚えてませんでした。
でもオチ(誰がジグソウの後継者なのか)だけは覚えているという・・・笑
4はオチ知ってるとあまり楽しめませんね。
知らずに観たかったな~~~って、知らずに1回観てるんですけど・・・笑

4はジグソウ(ジョン)の過去も明かされ、どうしてこんなゲームを始めたのかなどが描かれています。
ジョンの元妻がジョンの過去を回想するパートと、3の裏側で起こっていたもうひとつのゲームのパートの2本立て。
3のウラで黒人のおまわりが挑戦するゲームの内容がまたなんともソウらしい内容です。
ハタから観ればカンタンなのに、本人には難しいってやつ。

個人的にギデオンを喪うシーンが、どんな痛くてグロいシーンよりもつらかったです。
ここがあるからジョンが闇堕ちするのも納得できるんですけど。

4は3のラストにつながり、後継者が明らかになって次回の5からは後継者編に移ります。
5の記憶が驚くほどないので楽しめそうです。笑
旦那に「7まで観たら8観たくなるんじゃないの?」って言われたんですけど、たぶん大丈夫

前回に引き続き映画ソウの感想です!
3も2と同じく、絶対観たはずなのに全然思い出せなくて新鮮な気持ちで楽しめました・・・でもオチだけは記憶しているというw

ソウ3は2で登場したアマンダを主軸に物語が展開します。
末期がんで死にそうなジグソウことジョンさん、とある男性のゲームを見届けたいので女医さんを誘拐してきて延命してもらいます。
男性がゲームを進めるにつれ、ジョンの具合もどんどん悪化・・・ジョンに心酔するアマンダは徐々に冷静さを失います。
そして、ソウ・ソウ2・ソウ3でのゲームの裏側がちょこっと明かされます。最初からアマンダが協力してたんかーい。
過去作を巧く使って話を拡げてますね。

ソウ3ってもっとグロかった記憶があったんですが、あらためて観るとあれ・・・?意外と大したことなかったな・・・?って思っちゃいました。
前に観た時よりもグロ耐性がついたのかもしれません。
2の注射器の方が痛そうだったかも。

ソウ3も相変わらずジグソウは最前列でゲームを鑑賞。
自分まで巻き込んでます。まあ2でもボコボコにされてかなり消耗してたけど、今回はジグソウの消耗が比じゃないですね。
1と2に比べると3は落ちるというような評価も見ますが、3もちゃんとこれまでの流れを汲んでいて面白かったです。オチを知っていながら観たので、細かい伏線なんかに気を配りながら観れたのかもしれません。

一応3で終わっても問題ないくらい、伏線をまとめて終わっていますが・・・4でさらなる裏側が明かされるのでした・・・。

↑このページのトップヘ