ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

朝ドラ

半分青いの、この前記事にしたところから今朝の放送までの感想です

ユーコとの友情に胸キュンしていたのに、まさかのユーコ結婚で離脱!
ボクテ&ユーコが去り、残されたスズメは・・・律にプロポーズされるも、自分も秋風のもとを去ることはできずバッサリお断り。
自分が売れっ子漫画家になって律を迎えに行くくらいの気概でいたようですが、一瞬に咲けが打ち切られてからは良い漫画が描けず・・・。
長年前線にいるような息の長い一部の漫画家以外の、新人漫画家の寿命は5年程度、っていうのをどこかで読んだ記憶があります。
私は少女漫画が好きで、「マーガレット」や「別冊マーガレット」、「別冊コミック」などを読んでいましたが、確かに5年くらいで見なくなる作家さんがチラホラいた気がします。
スズメ、ここが正念場ですね。

ハルさんが秋風に送った手紙の内容、悲しかったな。
私は、親が一番信じてあげないといけないと思うんですよね。
「できる!」って。「できない」って、親の自分が一番よくわかってる、って、ひどくないですか。
ショックでした。

チラリと他の方の半分青いの感想を見に行ってみましたが、そんなことよりも律のプロポーズのあと4年ワープしたことのほうが衝撃みたいで、ぜんぜんこのことについて書いてるひとがいなかったのも悲しかった・・・。

そろそろ夏ドラも始まりますね。ハゲタカとヒモメンを観るつもりです。
2018年の夏ドラは興味をそそられるタイトルが少なくて、逆に「これにしよう!」とすぐ決められて助かりました。
朝ドラと再放送のカーネーションを観ているので、これくらいでちょうどいいかな。

しばらく書いてなかった半分青いの感想です
ずいぶん感想をさぼってしまいました。
さぼっている間にたくさんのキャラクターが退場(一時退場?)してしまって驚くばかり。
まさか律くんまで去ってしまうとは・・・。
サヤが典型的な女に嫌われる女で、同・北川悦吏子氏の脚本のドラマ「運命に、似た恋」に出てきたマホを思い出しました。笑。
"嫌われ役"のサヤを演じきった役者のコはあっぱれです。
でもマホは良い女だったな。サヤも良い女だった・・・と思わせる展開がほしい。
リツごとスズメの視界から消えて行ったけど・・・。
「運命に、似た恋」と言えば、スズメのデビュー作になった「一瞬に咲け」、完全に「運命に、似た恋」のツグミとカメ子じゃん!!
まさかのここでコラボ(?)。
ファンはニヤリ、の展開ですね。
斎藤工くんも半分青いへの出演が決定しているそうですが、ワコさん@原田知世とまたしても北川悦吏子ドラマで共演じゃん!っていう。
おきにいりの役者なのネ。
マーくん、リツに続きボクテもスズメのもとを去って行きましたが、ユーコとの友情には胸キュン。
今後斎藤工くんも登場するし、スズメはまた新たな男と出会って恋に落ちたりするのでしょうか。
「運命に、似た恋」みたいに、いろいろあったけど結局リツくんとくっつくといいのにな。
リツとはくっつかない展開もアリかもしれないけど、やっぱり少女まんがならリツとくっつくのが王道!

↑このページのトップヘ