ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

木曜ドラマ

8話で見る気をなくして9話はスルーしたのですが、母が「9話面白かったよ!!なんで面白かった回見なかったの!!」と言うので、見逃し配信で9話を視聴、、、そして最終回も結局視聴しました。
最終回後、母が電話で「キントリ面白くなかった!見なくて正解!!」と、、、
いやいやいやいや!!!見ちゃったから!!!面白いって言うから!!!!!手遅れだから!!!!
激おこぷんぷん丸です。

正直今期は自分が見ていたドラマでは執事西園寺が一番面白かったし、執事西園寺以外はいまいちでした。まだ最終回迎えてないドラマもありますが、、、
きのう何食べた?もいまいちなんですよね、、、原作の私の好きな回、スルーされてるし。
カットしてつないでるお話しもあるので、話ごとスルーされた回は今後パート2などでやる可能性がありますが、カットされたエピソードはもうやらないでしょう。やるかな?

脱線しましたがキントリの話に戻しますか、、、
なんか犯人読めてたし、かといってあっと驚くようなウラもなく、、、。
動機もショボくて残念。
8話とあまりかわらないかも。
あと、第1話の登場人物のことなんて9話の時点じゃもう忘れてるんですよねー。
1話に出てきた女の子が医大生を毒殺した極悪人だってこと、母も私も忘れてました。
ていうか、女の子の演技が大根すぎて、私、第1話の女の子の取り調べのシーンは真壁の研修とか模擬試験?みたいなのだと思ってたんです。
ほ、ほんとに人殺しだったんだ?!って驚愕しました。
距離感取れてる?って感じの、舞台の上で話してるような演技にイライラ、、、

キントリシーズン3の8話の感想です~~~。
キントリ、ずっと観てたんですけど。
シーズン3とあってネタ切れなのか、あまり感想が浮かばず日記にはしてませんでした。
でも8話は超不快な内容だったので感想をしたためようかと。

なんか美談風にまとめてましたけど、劇中の真壁のセリフがよみがえります。
「人ひとり死んでるんですよ?」
人ひとり殺しておいて、退職金がもらえなくなっちゃうから隠ぺいしよう!何十年も我慢して務めあげたのに!って、、、
男の悲哀?みたいなのは女の私にはサッパリわかりません。
閑職に追いやって退職を迫るパワハラが実際に存在することも承知してますし、パワハラ上司は死ねばいいと思いますけど、大人しく退職まで勤め上げるかパワハラ上司を糾弾するかすればいいのに、勝手に情報漏洩して自滅して、、、バカすぎて見てられませんでした。
そしてそのバカを庇ってる男も、部下の女の子に自分のミスをなすりつけて、観ててクソむかつきました。
仕事が忙しいフリして「晩飯いらない」って奥さんにメールしてバーでだらだら飲んで帰ってるとこもムカつくわー。仕事がヒマならとっとと帰って家事のひとつでも手伝えよ。バーで飲んで飲み代のムダ遣いしてんじゃねーよって思いましたねー。気持ち悪……。

情報漏洩のくだりや部下にミスをなすりつける描写がなく、徹底的に女上司がいやなやつに描写されていればまだ納得できました。
それか、3人組の友情を美談のようにまとめないで欲しかった。人が死んでるのに、「退職金が!」って。思考がやばすぎる、、、まともじゃないよね。サイコパスかよっ……。
あー、いやなものを観たって気分です。。。シーズン3まで観てきて、こんなものを見せられるのかって気分。もう次回は観なくていいかな。

木曜ドラマ、ハゲタカの感想です
綾野剛くんが好きなので期待していたのですが、イマイチでした・・・。
スーツ姿と眼鏡は非常に似合ってるけど、なんか全体的にチャチなんですよねえ・・・。
いっそ深夜枠にして只野仁みたいなコメディ世直しドラマならよかったかも。

まず、キャストたちがぜんぜん登場人物として生きてないです。
キャストは一流なんで、ホンか演出がダメなんでしょうね。
渡部篤郎、小林薫、沢尻エリカ・・・この辺のキャストなんか、胸がひりつくようなすごい演技をする役者なのに・・・。
面白いドラマ、シリーズが長く続いている愛されてるドラマは、役者がちゃんと登場人物として生きてますもん。
ムカつく役の役者は、本人のことも嫌いになりそうになるし、おっとりした役の役者は、本人もおっとりした人なのかと錯覚してしまいます。
そういうのがないなあ・・・。上っ面と言いますか・・・。

ミスチルの主題歌も雰囲気にぜんぜん合ってなかったです・・・。
アンナチュラルって、ハマりこそしなかったけど、主題歌の使い方上手かったなあ・・・って思いますね。

・・・とはいえまだ1話なので、ここから神ドラマになるのを期待して録画も保存しておきます。
剛くんのことは好きだし・・・。

たぶんいままで感想を単独記事では書いてませんでしたが(だってツマンないんだもん)、最終回だけ書きます。
ファイナルカットは面白くなさすぎるところが面白かったんですけど、BGはそんな感情も湧かない面白く無さだったんですよね。
あ、でも一応早送りとか途中で観るのヤメるとかはなかったから、一定のクオリティはあった・・・と・・・思います・・・よ・・・(フェイドアウト)

いや~~~~~~~~~

何回誤差なしって言うの???????

あれって、スポーツとかライブ、舞台とかで円陣組んで気合い入れるヤツの、ボディガード版?だと思うんだけど、実際のボディガードもあんな誤差なし誤差なし連呼してるのかなあ????
私は時計好きなので、ちゃんと時報なんかを聞きながら時計をセットするシーンがないのに「誤差なし」って言ってるのに違和感を覚えました。だって時計合わせる描写がないのにずっと誤差ないわけないじゃん・・・(え?どうでもいい?そうね

落合を白々しく悪役っぽく演出する描写も寒かったなあ・・・
江口洋介が悪役するわけないんだもん。
ファイナルカットでも、藤木直人が悪役するわけないから絶対味方になると思ったけど、江口洋介もよ。
ぜーーーったい悪役で終わる役やるわけないんだよねえ・・・。
面白くないわ・・・。
氷川@宇梶をたばかってただけでした~~~って・・・知ってる・・・。

SPがわらわら集まって落合を止めようとする描写もさあ・・・ギャグなの?
クライシスでも見たなあ・・・立ちはだかってあの棒をヒュンってする描写・・・ダサいからヤメて~~~。

主役級の役者をこんなに配置してこの有り様は本当ひどいわ。
ドラマは役者じゃないんだなあってつくづく思い知らされますね。

ずーっとキムタクのお当番回って感じで、他の登場人物の掘り下げがなかったのも良くなかったと思います。
時計と一緒で、そういう、登場人物が物語の中で確かに生きてるっていう存在感とか、感情移入させるための要素が少なすぎたなあ。
斎藤工が苺買ってきたシーンの何が面白いのかサッパリわからなかったけど、キャラクタを作った側はドラマで流れた部分以上のキャラクタ像を知っているから、さぞかし面白いと思ってやったのでしょう~~。
もっとファンシーなパッケージのスイーツとかにしなきゃ分かりやすいギャップ出ないよ・・・。

最後のBGの対象がYAZAWAだったのめっちゃ笑ったわ。
YAwwwwwwwZAwwwwwWAwwwwwwwってかんじ。
YAZAWAはやっぱオーラあるね・・・。

まあ江口洋介が悪役なわけがないっていう答え合わせの最終回でした。

緊急取調室、略してキントリ!
今期一番楽しみにしていたドラマです。
前シーズンにハマって観てたんですよね~~。
天海祐希を中心に据えて、演技の上手い中年のオジサマをナイトのように配置。
イケメン枠でもこみちと隙の無い布陣でしたね~~。
シーズン2もメインキャストがそのまま帰ってきて嬉しいです!

さてさて、シーズン2の初回ゲストは三田佳子!
いきなり大物が出て参りましたね~~。

ミスリードを誘うようなイジワルな脚本ではなく、
キントリのメンバーと一緒に推理を進めて行くつくりが良かったですね。
アレコレと推理しながら楽しめました。
絵を見て白河民子の絵だと真壁が気付くシーンの動揺も伏線かと思うと
三田佳子の演技の繊細さと脚本のヒントの散りばめ方の上手さにグッときますね~~。
本当のことを言っているのか嘘をついているのか分からない白河民子。
元劇団員で演技の経験があるという設定のおかげで嘘がうまいのも自然に見えますね。
「おばあちゃん」と呼ばれるのを嫌がる白河民子はまだ「女」を捨てていなかった・・・のだから、やっぱり配達員クンへの恋心は嘘じゃなかったんじゃないかな~~。

最後の幕切れは思ったよりもあっさりとしていましたが、
真壁が「ミセスレインの初恋」とラベルに記入するシーンは良い感じにポエティックで観終わったあとに良い余韻が訪れました。

先日攻殻機動隊の感想を書きましたが、
キントリの女性リーダーとおじさんの組み合わせはまさに攻殻機動隊と同じじゃないですか?
とハタと気が付きました。
そう思うとシーズン2の真壁のショートカットもだんだん少佐に見えてきたり・・・笑。

↑このページのトップヘ