ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

水曜ドラマ

家売るオンナ8話から最終話までの感想です

ここ最近「家売る」の感想をサボってしまっていました
と言うわけで8話から10話までまとめて感想

8話は屋代の元妻が登場。
2度目の離婚の慰謝料代わりに貰った家を売却して新しい家を買いたいと言われます。
元妻は屋代と新しい家でやり直したい様子・・・
足立王子は人気のお天気おねえさん・あかねの仲介をすることになってウキウキですが、イザ会ってみるとあかねはテレビの中とはまるで別人の蓮っ葉な態度
ビックリした足立はお茶を持ってきた庭野を強引に巻き込みます
しかもマネージャーの男と既婚で二人で暮らす家を買いたいと言われて足立王子のテンションは一気にダウン
篠田麻里子さんの演技が面白かったですちょっとヘタだったけど
あかねの旦那役の和田正人さんは庭野役の工藤阿須加さんと並ぶと、ルーズヴェルトゲームを思い出します~。
良いドラマだったな。犬彦久しぶり~。
テンパって頼りない態度を見せてしまった足立王子と庭野は担当から外され、三軒家が家を探すことに。
ちちんぷいぷいでは屋代と庭野に三軒家が「好きです」と言う衝撃展開。
でも「男性として」ではなく「人として」の「好き」。
ボクは振られたのかな???仲村トオルさんのコミカルな演技が面白かった
家を探すさ中、三軒家はあかねの夫にオンナの影を察知し、足立と庭野に探偵の真似ごとをさせて浮気相手を発見、浮気を止めさせたのでした。
しかし今度は三軒家とあかねの夫がふたりきりで喫茶店で会っているところを週刊誌に撮られてしまい、あかねの結婚、夫の浮気を週刊誌に面白おかしく書きたてられあかねの人気はガタ落ち。
生放送で泣いてしまうあかね。
波乱の展開でしたが、三軒家がふたりにぴったりの家を見つけ出し、あかねも新しいキャラで斬新なお天気おねえさんに転身!
また人気のお天気おねえさんに戻ったのでした。
屋代は元妻にとても広い家を紹介し、独身女性友達と一緒にルームシェアを提案。
上手くまとまったお話しでした。
家売るオンナは毎話安定していますね。

9話は2世帯住宅の売却のお話し。
庭野と足立王子はお互いのお客さんが同じ姓で、親子だと気づきます。
さらに三軒家の行きつけの餃子屋にいたナイジェリア人のバイトが雨宮家の長女の恋人で、恋人と一緒に住む家を探すことに。
別々に行動していては家は売れないと、足立王子と庭野に雨宮家から手を引けと宣言する三軒家。
足立王子は簡単には引き下がりませんでしたが、結局三軒家の言う通り、家を買う決意はしてもらえませんでした。
雨宮家の母と長男の嫁は長女の恋人がナイジェリア人と知って猛反対。
ナイジェリアに行くと言い出す長女にさらに反対。
共通の敵ができたことで不仲だった嫁姑の距離が一気に縮まり、三軒家の手腕で雨宮家は2世帯住宅の家を買い、長女とナイジェリア人の恋人はボロアパートで愛を育むのでした。
このお話しも良くまとまっていて面白かったです。

最終話・10話は屋代課長のオアシス、バー・ちちんぷいぷいのママ・こころさんがテーコー不動産に駆け込んできたところからスタート。
ちちんぷいぷいが入っているビルの取り壊しが決まり、ちちんぷいぷいは立ち退きの危機に。
ちちんぷいぷい以外のテナントや上の階に住んでいた人はみんな出て行ってしまい、ビルに残っているのはちちんぷいぷいだけという状況。
テナントを埋めてビルの価値を高めて売却できればちちんぷいぷいは存続できるということで、テーコー不動産の男性陣は奔走します。
三軒家は元プロバレリーナの望月から、娘が事故で足が不自由になったので、新しい家を探して欲しいと頼まれます。
望月役は元宝塚トップスターの凰稀かなめさんですね。
バレエのシーンはすごいオーラでした
望月の娘はとっくに足は治っているのに、バレエがもうできないかもしれないという恐怖で病院からも出たくないと意固地になっています。
入院費もかなりの額なのでは?と三軒家は望月に問いますが、シンガポールにいる夫がお金だけは出してくれる、向こうに女も子供もいるけれど、罪滅ぼしにお金だけは惜しまないと望月。
足立王子は庭野に三軒家が異動するかもと焚きつけますが、なかなか行動できません。
三軒家はちちんぷいぷいの入っているビルを一人でひっそり訪れてあちこち下見。
壁紙の裏をチェックしたり、床の状態を確認したり。
さらに望月が夜な夜な公園でひとりでバレエを踊っているところを撮影し、娘に見せます。
娘に気をつかって、望月は娘の事故以来バレエ教室も畳み、バレエの話をしなくなっていましたが、まだバレエへの執着が残っていたのでした。
ゴキブリのオモチャをワザと落とし、「ゴキブリだー!!!」と三軒家が叫ぶと、望月の娘は慌てて立ちあがりました。
やはり、足は治っていました。
テーコー不動産の男性陣により、ビルのテナントが全て埋まりいよいよ、というところで、テーコー不動産の常務から、この地区に再開発の計画があるからビルはとり壊す、この件からは手を引けと圧力をかけられます。
ビル売却もちちんぷいぷいの存続も諦めようとする屋代に、三軒家は「会社の犬!!」と怒ります。
すこし涙目になって怒りを露わにする三軒家。最終話にして初めて人間らしい、女性らしいところを見たな、と思いました
シンガポールまで行き望月の夫に会いに行ってきた三軒家。
望月の元を訪れ、件のちちんぷいぷいが入っているビルを紹介します。
2階は居住スペース、1階はバレエ教室になっていました。
望月の夫にはもう話はつけてある、愛はお金だと説く三軒家。
10億円でビルを望月の夫に買わせたのでした。
最終話だけあって金額もすさまじいです
テナントからの収入があるから取り戻せるでしょうけれど。
望月はまたバレエ教室を始め、望月の娘はまたバレエの夢を取り戻したのでした。

さて、テーコー不動産の本社に逆らった三軒家。
屋代は僕の名前でやればいい、二人で仲良く辞表を出そう、と言います。
「仲良くとは?」と訊き返す三軒家。
ドアの向こうでは複雑そうな庭野。

庭野ではやっぱり頼りなかったか~~と思いましたね。最終回の展開。

仲良く辞表を出した三軒家と屋代。
時は流れて1年後。
どこ?って聞きたくなるようなボロボロの建物に、「サンチー不動産」の看板。
三軒家と屋代が「仲良く」机を突き合わせて、たった2人だけの不動産屋を営んでいたのでした。
相変わらず三軒家には頭が上がらないようすの屋代。
三軒家の元には1枚のFAXが。
庭野からとどいたFAXには、現在のテーコー不動産のようすが綴られていました。
課長になった布施さん、チーフになった足立。
三軒家に「辞めなさい」「守ってくれる人をみつけなさい」と言われ、足立王子にも振られていなくなっていた白洲は宅間と結婚してお腹も大きくなっていました。

みんなが明るく楽しそうな大団円の最終回でしたね。
読める最終回だったかもしれませんが、読めるくらいがちょうどいいと私は思います。
ドクターXシーズン3の最終回ぐらい突き抜けててもいいかもしれないですけど。笑。
三軒家が最後までブレない無敵ぶりで良かったです。
嫌なところやモヤモヤイライラする部分が極力そぎ落とされていたように思います。
毎話気軽に楽しく観られる良いドラマでした~

面白かったです。
最後まで観て良かった!!!

家売るオンナ・7話の感想です
早いもので、もう7話なんですね~。

そろそろ秋ドラマもピックアップしていかないと・・・。
ドクターXぐらいしか観るのが決まってない

家売る7話は、やる気ゼロの社員・シラスミカがメインのお話し。
シラスが1時間映りっぱなしだとうざったくなってこないか心配だったけど、庭野の見合いとか居酒屋パートの部分が合間、合間にあったから楽しく見られたかな。

三軒家が過去の経験のせいで家というものに自分はとらわれていて、白州は自分のようになってはいけない、と言ったシーンが今回の見どころですね。
一番重要なシーンというか。
そういえば、白州家の土地を買った人がどんな人か分からずじまいだったな。
ミカの両親が三軒家が誂えた家で幸せそうに暮らしていたのはさすが。
こういう優しい展開にしてくれるところが好き。
ミカは家を売れるようになるのかしら?
ソコはビミョー。

見合いをした庭野は超声の小さい女性とお見合いデート中に、三軒家の顔が頭にチラついてしまって・・・。
三軒家のアドバイスも空しく、失敗だらけの庭野
しかも断ろうとしたら、逆に既に断られていると屋代から言われちゃう庭野。

7話の印象に残った部分はそれくらいかな。
次回予告を見たら、8話の方が気になるシーンがたくさんあったので楽しみです。
庭野と屋代、どっちと三軒家がくっつくのか?どっちともくっつかないのか?

家売るオンナ6話の感想です
今回も安定した面白さですね。
今週はウシジマくんもお休みなので観るドラマが家売るオンナしかないという・・・。
というわけで今回はあらすじもコミでちょっと長めに書いちゃいます。
あらすじ前後してたらゴメン

6話は足立王子メインのお話し。
三軒家にトップの座を奪われた足立王子。
反・三軒家派に誘われるも「派閥に興味ない」と作り笑顔で断っちゃいます

6話が始まるなりいきなり、自分のお客さんを三軒家に取られちゃう足立王子。
三軒家に怒りをぶつけますが、「家が決まらず放置してた方が悪い」とあっさりバッサリ。
まだ怒りが収まらない足立王子の元に、アポの無い来客が。
足立王子を訪ねてきた男は家を買うふりをして来店し、足立王子にヘッドハンティングを持ちかけます。
今持ってる人脈を活かして転職してステップアップに誘われる足立王子。
そんな足立王子のもとに、今度はむかし足立王子から家を買ってくれた宮澤氏が再来店します。
足立王子が売った家のお客様として社報にも載っている宮澤氏。
幸せそうな宮澤一家の写真が社報に大きく載っています。
しかし、宮澤氏は家のことや家族のこと、社報のことを話されてもちっとも嬉しくなさそう。
社報を仕舞ってくれと言って、宮澤氏が呼んできたのは若い女性でした。
宮澤氏は不倫をしていて、愛人にもマンションを買ってあげたいと言うのです。
幸せそうな宮澤婦人や小さな子供のことを思うと乗り気になれない足立王子。
でも宮澤氏は前に家を買った時に足立王子が誠実だったので、今回もお願いしたくなったと言います・・・。

一方、テーコー不動産では超豪華なのに1000万円の一軒家を誰が売るかという話しになっています。
私が売ります!と言うシラスミカですが、事故物件と聞いて一瞬で嫌がります
三軒家が勢いよく「私が売ります!」といつものセリフ。
オバケを怖がるシラスミカを強引に同行させ、現地販売することに。

庭野は同じ家の3回目の内見。
お客さんは、「お隣さんがフツウの人なら買いたい」と言い出します。
お隣が普通なら買ってもらえるなら、もう売れたも同然、と喜ぶ庭野ですが
三軒家に「普通とはなんだ、私は普通か」と怒ります。
またまたいつもの「だから庭野は家が売れないんだ!!」
しかも庭野がお隣の家を見に行くと、お隣さんは女物の服を着て植物を可愛がっています。
「普通じゃない!」と驚愕する庭野。

事故物件を売る三軒家とシラスミカは現地に見に来たお客にこの家で起きた事件の全容を語り、ドン引きしたお客は即効で退散。
三軒家とシラスミカはなぜか家に泊まり込み
目を閉じていて起きているのかどうかハッキリしない三軒家に、ミカは「庭野さん、三軒家さんのこと好きですよ」と爆弾発言

足立王子は宮澤氏と愛人を連れて物件の内見に行きますが、愛人は気に入らない様子。
仕事があるからと足立王子は愛人と二人きりにされてしまいます。
愛人は「宮澤氏の会社と家の間にしようとしていない?」と聞いてきます。
確かに宮澤氏からそういう指示を受けていますが、足立王子はしらばっくれます。
「それじゃ都合の良い女になってしまう」「都合の良い女で終わりたくない」と語る愛人。
難航する家探しに足立王子はますます塞ぎ込みます。
ヘッドハンティングを持ちかけた男の元を訪問し、条件などを詳しく聞く足立王子。
かなりの好条件に驚き、揺れます

庭野は例の女物の服のオジサンをまた訪ねますが、またまた女装して植物を可愛がる姿をみてガックリ。

三軒家&シラスミカの元にはちょっと太ったお姉さんが家を見に来ます。
お姉さんは事故物件と聞いても、殺人事件の全容を聞いても、逃げ出さず、遂に購入を決めます。
三軒家はこの家のチラシを病院や葬儀屋に配っていたのでした
目の付けどころがスゴイ!

テーコー不動産には一人の女性が来店。
なんと彼女は足立王子のお客、宮澤氏の奥様。
宮澤氏のカバンにマンションの資料が入っているのを見て、愛人に家を買おうとしていると気づいたのでした。
私たち一家に家を売って、今度は愛人に家を売るのかと足立王子を怒鳴る宮澤夫人。
「もう家を探さないで」と一方的に責め立てる宮澤夫人に、三軒家は私たちは不動産屋なので家を売ること以外はしないし関係ないと言い放ちます。

宮澤氏に電話をする足立王子ですが、夫人が来店したことはもう宮澤氏の耳に入っていました。
宮澤氏は奥さんにバレたからには愛人と別れる、手切れ金にマンションは買う、好きな家を選んでやってくれと言います。
愛人は足立王子に「家なんてもういらない」「あなたは私の気持ちを考えてない、宮澤氏のことしか考えてない」と愚痴。
幸せそうな宮澤一家の写真の載った社報をくしゃくしゃにして、落ち込む足立王子に、庭野が「飲みに行きませんか」と声を掛けます。
カワイイ庭野

三軒家のいきつけの汚い中華屋へ足立王子を連れて行く庭野。
「きたな!!!」と叫び、こういう店一番嫌い、と毒づく足立王子。
カワイイ足立王子
足立王子はカワイイ顔で毒吐いてる時が一番可愛いわ

三軒家がいたらガツンと言ってもらおうと思ってこの店を選んだと庭野。
しかし三軒家の姿はありません。
やっぱりいなくてよかったかも、とにこやかに言う庭野ですが、数分後トイレから三軒家が戻ってきます
「お会計」と言って帰ろうとする三軒家に、庭野がすかざず餃子とビールを注文します。
何しに来た、と怒り気味(いつも怒り気味だけど)の三軒家。

三軒家は、足立王子と庭野に「ウジウジ!」とガツンと言ってくれます
すごいいっぱい喋ってたから内容は書き起こせませんけど
核心をついた三軒家の言葉がふたりを動かします。
このドラマは台詞がイイですね。
私も三軒家の台詞を聞いて、クヨクヨ悩んだりせずに、ただまっすぐ仕事をがんばろうって気持ちになったわ。

翌日、足立王子は「割り切って、貰える物は貰ってしまいましょう」と宮澤氏の愛人にキッパリと言います。
いつもの自信に溢れた足立王子の復活
やっと私の気持ちを考えてくれた、と愛人も喜びます。

庭野はお隣さんの家のインターホンを押し、女装オジサンと会話をしてみることに。
実際に話してみると、オジサンは奥さんを亡くしてから奥さんにもっと惚れてしまい、亡くなった奥さんの服を着て奥さんの好きだった花の手入れをしていた、というなんとも素敵なオチ。
お隣の家にまで伸びていたツルはバラのツルで、そのバラでつくったローズティーを庭野に振舞います。
「少し持っていくかい?」と言われ、笑顔でハイと答える庭野。
お隣の家を買おうとしていた自分のお客に、頂いたローズティーを振舞い、お隣のオジサンが素敵な紳士であっらことを話し、ついに契約書に判子をもらいます。

足立王子は、ヘッドハンティングを持ちかけられていた男に、NOの返事をしに行きます。
「もっといい条件のヘッドハンティングがありましたか?」と訊かれ、いいえと答える足立王子。
不動産の仕事でもっとがんばりたいと笑顔で答える足立王子。

6話の冒頭で苛立って怒っていた足立王子が、6話の終わりに素敵な笑顔になっていて良かった
素敵なお話しでしたね。
シナリオにいやなところがなくて、素直に観られる実に良いドラマだと思います

家売るオンナは「立川の物件」とか、時々地名が出るのもなんか親近感が湧いて楽しいです。
「ゆとりですがなにか」の高円寺とかみたいな感じ。
シラスミカがサボってたカフェのロケ地は原宿にある「エコファームカフェ 632」ってカフェなんだそう。
原宿ってこの前カフェネスカフェに行くために行ったわ~チラ見しておけばよかった。
原宿っていろんなお店が20時ぐらいで営業終了しちゃうから、夜がとっても健全な街よね。笑。
昼間は観光客でいっぱいだけど・・・。
前述の立川は怪しいお店とかキャバクラ、ガールズバーのお店がいっぱいあって、駅前開発も活発だし夜でもすごくにぎやかに見えたな。

家売るオンナの5話の感想です
相変わらず安定した面白さですね。
「家を売る」という明確なゴール、屋代と庭野のタイプの違う2人のメンズとのラブの予感、「不動産屋」というテーマの真新しさ、予想のつかないような展開。
今のところ文句なしの良ドラマだと思います。

5話はともさかりえさん演じるフリージャーナリストで独身女性の詩文を庭野が担当、仕事も見た目も地味な独身女性の歩子を三軒家が担当と、2人とも独身女性を担当するお話し。

独身女性が家を買おうとしていることについて、アレコレ言うテーコー不動産のメンツに、三軒家は「結婚=ゴール」という考えを否定。
「独身」は結婚というゴールに向かっている途中の人間じゃないと言います。
三軒家、結婚願望はあっても、なんでもカタに嵌めようとする考えにはすぐ怒りますね。
引きこもりを働かそう、家から出そうとした時も怒ってたし。

さてさて、そして冒頭の独女2人、同じマンションに惚れ込んじゃいます。
庭野は地道な努力で同じマンションにもうひと部屋空きがでないか探しまわって、ついに「売りたい」と言う女性を発見。
売買の仲介も行い、三軒家の客に2階を買わせ、自分の客には7階を売る、予約を成立させます。
フツーなら、庭野が三軒家を出しぬいて売買成立!ってところで終わるでしょう。

5話はここからの展開がすごく良かったです。

浮かれる庭野に「本契約まで気を抜くなー!」と怒鳴る三軒家。
負け惜しみかと思いきや、本当に雲行きが怪しくなっていきます。
家を買う決意をしたはずの歩子と詩文、貯金が一気になくなるのが怖くなった・・・、貯金もないし何十年後も同じ収入で働けるとは限らないのにローンを組むのは・・・と、二人とも家を買うのをやめると言い出しちゃいます。

そんな2人を三軒家は「蟻とキリギリス」に喩えて口説き落としてしまいます。
三軒家の手腕はさすが。

後日庭野が二人のそれぞれの部屋を訪ねると、詩文はなんと結婚!
家を買ったらモテだしちゃって~とウキウキしながら言います。
歩子は壁紙をアニメ?ギャルゲー?のイラストが全面に描かれた壁紙に貼り替えてノリノリ。
幸せそうで本当に良かった

そんな「家を売る」エピソードの合間に、庭野の三軒家へのラブ?があったのも良かった5話。
雨宿りしながらホームレスだった時期の話を庭野に語る三軒家。
三軒家の「家」への思いが伝わるエピソードでした。
折り返しにふさわしい回でしたね。

6話も楽しみです

家売るオンナ4話の感想です
相変わらず面白いですね。
今期はあんまりドラマを観ないつもりだったのですが
このドラマは観ることにして良かったな~と思います

前回の3話が3つ物件が出てくるなど、不動産屋としてのパートが多かったからか
4話は前半にがっつりテーコー不動産のメンツの描写が入りましたね。
売った家も1軒のみで、冒頭に出てきた高額の物件も売れないまま4話は終幕。

三軒家と屋代の関係に進展があり、庭野は三軒家のラブ?って感じで
徐々に人間関係に変化が。
三軒家に結婚願望があったのが意外
ロボみたいに無表情の三軒家に可愛いところがあるのが分かって面白かった
てゆか、三軒家って家を売るだけじゃなく料理も完璧でお酒も強いのね・・・。
でも恋愛の仕方はわからないなんて可愛いわ

庭野役の工藤阿須加さんは本当に演技が上手くなったな
酔ってちちんぷいぷいのママと会話してるシーン、めちゃ可愛らしかった
うっかり三軒家の家に行っちゃったシーンのBGMと演出面白かったな~

ちちんぷいぷいのママのおまじないでうっかり三軒家の家の前まで来てしまった庭野。
タクシーで家まで送ってきた屋代が、酔った勢いで三軒家にチューしてしまった所をグーゼン見ちゃうというドキドキの展開

そんなこんなで前半はかなり人間関係の描写が入りましたが、後半はどーみてもホームレスのおじいさんに三軒家がなにやらピンときて家を売るための作戦(作戦なのかマジなのか分からないけど)を実施。
家を売る時はこんなに相手に合わせられるのに、恋愛になるとダメなんて可愛いわ(2回目)

「家を買いたい」と言っている客を、「見た目がお金を持ってなさそう」というだけで追い返してしまった白州に三軒家が怒鳴るシーン、素晴らしかったわ。
イモトさんも演技上手いわよね。
叱られる部下と叱る上司の図がすごくよく描けてたわ。
酔った屋代にチューされて腑抜けにでもなったかと思ったけど、まったくそんなことなし。
家を売ることに関してはバリバリの三軒家
見事、どーみてもホームレスのおじいさんを大手電機メーカーの会長と見抜き、3億円の家を売ったのでした・・・。
三軒家の手腕、スゴすぎ。
釜に縋りつき、「これだ~~~」とおじいちゃんが嬉しそうに言い、電気釜をたくさん作って売ってきたけど、母さんが早起きして釜で炊いてくれた白飯が~と語るシーン、思わずウルっときたわ。
今回のお話し、かなり好きです
でも三軒家は冷静に心の中で「落ちた・・・」と独りごちる・・・

次回は庭野がついに家を売る?気になります

そーいえば、ウシジマくんで生活保護のコセちんを演じてる本多力さん、コッチにも出てたのね。
今期は観てるドラマが3本しかないのにその3本の中でキャストかぶりするとは。笑。

↑このページのトップヘ