ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

水曜ドラマ

2話はあまり動きがなかった回でしたね~。
初回のネタばらしを少々、と言った感じ。

事件よりも「視る」能力にフォーカスの当たった回だった印象で、
初回ほどの勢いは無かったかな。

動・静のローテーションで行くなら
次回は「動」の回だと思うので期待して3話も観てみました。

3話は初回よりも事件も殺人シーンもショッキングでした。
「統合失調症」って、ちょっとデリケートな設定だったんじゃないかしら。
統合失調症=殺人を犯す!っていう印象を
観た人に植え付けないか心配になったわ。
まぁ、演技だったわけだけど。

絵を描いてる女の子、
何度もカットインする一家4人の殺人事件の回想、
先天性無痛無汗症の男の子。
この3つを全話を通して追いつつ
毎回為頼と早瀬が事件を解決するんだろうけど、
なんか特に真相が気になるでもないものを
思わせぶりにチラ付かせるやりかたにストレスがたまるわ。

どうなるのがこのドラマのゴールなのかがよく見えないと
次の展開を想像してワクワクしたり
期待に胸を膨らませる、みたいなのがなくて
ぼーっとただ与えられたものを観てるだけになっちゃうのよね。
それって私には合ってないわ

同じく、偽装の夫婦も主人公がどうしたいのか、どうなるのがゴールなのかが見えなくて同じ感想よ。
2話は初回に比べて内容も少し物足りなかったし
ヒロの心の声がだんだんクドく感じました。
コミカルな部分があまり笑えなかった。
脚本家さんと笑いのツボが合わないのかも。
オープニングに氷漬けのヒロを陽村がやかんで溶かそうとしてるけど
ヒロの氷が解けるのが物語のゴール?


そういえば、海外ドラマのDr.HOUSEで
足の痛みをずっと抱えてる主人公のハウス医師が、
先天性無痛無汗症の女の子と出会って
神経を移植して自分の痛みを消そうとする(結局実行はしませんでしたが・・・)
という話がありました。
「無痛」の白神先生も同じようなことを狙ってるのかしら。

偽装の夫婦、第1話観ました
最初、タイトルを「偽装の結婚」だと勘違いしていて・・・。
探しても情報が出て来なくて「???」ってなりました。
「偽装の夫婦」ってタイトルだけど、まだ1話では夫婦にならなかったわ。
2話も結婚しそうな気配なし??どうなるのかしら。

天海祐希さんは私的には今まで見たことない役かも。
運動会で「ヒロー!!」と呼ばれてダッシュしてるシーン、カッコ良かったわ。

沢村一樹さんはオカマちゃんが板についてたわ。
10年ぐらい前に「弁護士のくず」で1話だけゲストで出た時も「ゲイ」の役をやってたわね。
その時の役作りがまた役に立ってるのかしら。

初回ラストは内田有紀ちゃんから
天海さん演じるヒロが愛の告白を受けて終わったけど
内田有紀ちゃん演じる「しおり」はレズなのかしら。

登場人物のハチャメチャぶりには
名香智子の「シャルトル公爵の愉しみ」シリーズを思い出すわ。
女性嫌い、男嫌い、バイセクシュアル、ゲイ、レズなんでもありで
しかも超お金持ち超セレブ。読んでいて痛快だったわ。
そんなこと書いてたら読み返したくなってきちゃった

偽装の夫婦、脚本は遊川和彦さんなのよね。
一筋縄ではいかなそう。

私は事件モノや医療モノが好きで、
恋愛モノは軽くサラッと見れてハッピーエンドのものが好きなんだけど・・・
あんまりお話しが重くなるようなら見なくなっちゃうかもしれないわ。
とりあえず次回は観ようかな。

「無痛」第1話観ました~
医療モノ+事件モノと、私の好きな要素がダブルで入ってるお得なドラマでしたわ
私はドラマを観る時は好きな俳優が出てるかで決めるのですが
「無痛」は内容が気になったので観てみました

西島秀俊くんは昔むか~しに観たドラマで演技が棒読みすぎてびっくりしちゃって・・・
あんまり西島くんの出てるドラマは観なくなっちゃったんですけど、、
今回は勇気を出して観てみました。
役に合ってたのか演技が巧くなったのか、「無痛」は普通に観れたわ!よかった

伊藤淳史くんもがんばってた!
チビノリダー、大きくなったわ。

もう一人の「伊藤」、伊藤英明さんは
「デオウ」のCMとかですっかり暑苦しい男のイメージになってたけど
今回は爽やか~だったわ!
爽やかな役も似合うわ・・・

役者さんの話はこれくらいにして・・・。
西島くん演じる主人公・為頼は「視る」だけで人の病気が分かるっていうすごい眼の持ち主。
しかも、犯罪をいまから犯す人もわかっちゃうみたい。
「犯罪をいまから犯す人」には「犯因症」っていう症状が出るそうな。
初回の後半、一緒に毒ガス事件を解決した刑事さんにその「犯因症」が出てたことが明らかに・・・。
さらに、伊藤英明さん演じる医者も、西島くんと同じ「眼」の持ち主だということが明らかに・・・。

結構殺人事件のシーンなどが残虐で、食事しながら観たのを後悔しました・・・
伏線っぽいちょっと変わった脇役さんもたくさんいて・・・
初回観ちゃったらずっと観ないと気になっちゃうような内容でした。
ウマいわ。

やたら綺麗な顔のツルっ禿げがいると思ったら
中村蒼くんだったわ・・・。
頭ツルツルでマユゲまでなかったわ・・・。
驚いたわ・・・。
彼も何か抱えてそう。
坊主なのはきっとなにかの病気かなにかなのねきっと・・・。

そんなわけで、気になるから次回も観ようかな。

花咲舞シーズン2、とうとう終わってしまいました~
銀行の頭取まで登場して、最終回らしい大きなお話でした。
成宮寛貴くんが途中退場したのが悔やまれる~。

真藤常務@生瀬勝久さんが結局は厳しい人だけど銀行が大好きなだけの良い人で良かった。
真藤の危機に舞&相馬の臨店班が児玉@甲本雅裕さんと協力するのは良い展開でしたね。
最後に堂島専務@石橋凌さんが真藤に味方したのも。
頭取@村井國夫さんがものすごい悪役だったけど(笑)

頭取はラスボスに相応しい悪役っぷりでしたし
ラスボスを倒すために臨店・真藤派・堂島専務が協力したのはアツい展開でしたね。
最終回はいつもの勧善懲悪。
舞の決め台詞を真藤が言った時は「おお~」と思いました。

花咲父の会話から伏線だったんだなぁと徐々に分かってくる脚本はさすが。
待ち合わせの時にも舞が東京第一銀行のマスコットキャラ「ダイチくん」のうちわを持ってたりと
ダイチくんアピールでシグナルが出てたんですね~。
純金製のダイチくん、面白すぎ・・・
あんなに追い詰められてもシラを切ろうとした芹澤頭取。
ずうずうしすぎでしょ~。

ラストは相馬さんと舞のいつもの日常がまた良かったです。
シーズン2はグルメパートが少なくて寂しかったけど、
最後にふたりが「うどん」「パスタ」とモメてて

真藤常務とも良い関係になれて、
堂島専務も良い頭取になってくれそうで、
不祥事だらけの東京第一銀行は良い方向へ進みそう。

うーん、でもそれじゃあ舞たちの仕事がなくなっちゃう!
シーズン3も是非お願いしたいです。


さて、いよいよ観る秋ドラを決めていかないと・・・。
とりあえず上川隆也さん主演の「エンジェル・ハート」は観るしかないですね。
綾野剛くん単独初主演の「コウノドリ」も必ず観るわ。

ガッキーが好きなので「掟上今日子の備忘録」も観ようかな。
なんか真っ白なヅラ被っててびっくりしたんだけど、原作がライトノベル?なのね。
「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」みたいなノリかしら?
あれも狐の耳が生えてきたり、マンガっぽかったから・・・。

そういえば「すべてがFになる」のアニメが始まるんでしたっけ・・・。
ドラマを観て原作も読んだので、アニメも観てみようかな・・・。

向井理くんの「遺産争族」・・・気になるけど、脚本が「まっしろ」の井上由美子さんでしょ・・・。
「まっしろ」以外はヒット作を生み出してるのに、
直近に観た「まっしろ」がビミョーだったので私の中での評価は低いわ。

新ドラで気になるのはこんな感じでしょうか。
秋ドラも楽しみ♪

しばらくサボってました;
花咲舞9話までの感想です

7話は松木くん@成宮寛貴まさかの途中退場~
最後までいると思ったのにな。残念です。
今期のナリのメインは37.5℃の涙だもんね。
舞はもう相馬さんとくっついたらいいんじゃない?なんて。

8話は、小市慢太郎さんが出てきた時点で
「あ、この人が犯人じゃん!」って分かっちゃった。
キャスティングでわかっちゃうとちょっと残念。
でも小市慢太郎さんは演技が上手いし面白かったです。
イヤ~な支店長がグッタリとソファに沈んだシーンはスカっとしたわ。
小市慢太郎さんと言えば私的には「結婚しない」の教授!
あのドラマ好きだったわ。ほんとにタイトル通り「結婚しない」のがいいわ。

9話はちょっと変化球で勧善懲悪モノじゃなかったですね。
「不倫」っていう題材があんまり好きじゃないのも相まって
ちょっと私的には微妙だったわ。
不倫女が開き直っててムカムカしたわ
脳みそプリンで出来てるんじゃないかしら
和田正人くんはルーズヴェルト・ゲームの犬彦で売れた印象。
ルーズヴェルト・ゲームも池井戸潤さんね。
気に入られたのかしら・・・。

全体を通して、杏ちゃん演じる舞と上川隆也さん演じる相馬さんの
喧嘩か漫才みたいなやり取りは安定して面白いし
キメるとこはビシっと決めてくれる相馬さんが
相変わらずカッコ良い!
舞と良いコンビです。
視聴率も安定して推移してますし、3期も望めるといいですね。
私はカッコ良い上川さんが観たいっていうのが第一動機なんだけど・・・

↑このページのトップヘ