ミミそにっくのブログ

連ドラを観るのが好きな主婦がゆるく感想を書いています♪映画や単発ドラマの感想も時々

金曜ドラマ

上川隆也さん主演の執事西園寺の名推理、最終回の感想です
最近おっさんずラブに浮気していて感想を書いていませんでしたが、最終回だけは・・・と。

最終回は盛りだくさんの内容でしたね!
西園寺がハメられて犯人に仕立てあげられる今回、
これまでの刑事さんとの信頼関係があったからこその展開でした。
手錠で繋がれて、刑事さんと一緒に共闘!(?)
繋がれたまま一緒に海にダイブ・・・。

百合子に無言で電話をかける西園寺、なにも言わなくても西園寺の考えを理解する百合子。
相思相愛の主従ですね。とっても素敵でした。
それがブレずに最後まで描かれていたのが良かったです。

しかし、マジ、西園寺一体何者なんだ・・・っていうくらいの超人ぶり。
油絵を描いたり、ピアノを弾いたり、なんでも完璧にこなす西園寺。面白すぎです。
スーパードクターものに通ずるものがありますね。こういう超人主人公って言ったらいいんでしょうか、主人公無双モノは大好きです。
毎回毎回、犯人も意外で楽しめました。

結局西園寺の過去ははっきりと明らかにはなりませんでしたが、謎のままにしておいた方が素敵な気がします。
なんかぜんぶ説明してしまうと陳腐になってしまう気がして。
百合子も西園寺の過去は知らないのかも。
なにも訊かずにそばに置いて、しっかりと信頼しているって素敵ですよね。
百合子の懐と自信があってこそ。
「2」も期待したいですが、スケールアップした単発ドラマなんかも欲しいですね。
面白かったので、このキャラクタたちを大切にしてほしいです。

上川隆也さん主演・執事西園寺の名推理の第2話の感想です

2話は西園寺のアクションシーンがありましたね!
「謎解きの観察眼だけでなく、色んなスキルを持ってそう。」って前回書きましたが、やっぱり体術もばっちりこなせるんですね。
最小限の動きで相手を動けなくしちゃう身のこなし、やっぱり只者ではないですね~~。
かっこよかった~~。

2話も「この人が犯人かな?」「こっちかな?」と思わせる構造と意外な犯人!面白かったですね。
ちゃんと奥様にゆかりのある人物が事件にかかわり、西園寺が解決するために動きだすのに無理のない展開なのが良いです。
百合子様が心の優しく教養のある人物なのも良いです。
「女性に興味はない」「生涯百合子様にお仕えするつもり」ってきっぱりと言い切る西園寺の気持ちに共感できます。
こんな人でいいの?って人じゃないところが良いですね。

実は「富豪刑事」みたいにお金の力で解決するようなのを想像してたんですが 笑
西園寺はやることなすことスマートですね。
全体にただよう余裕さと優雅さは共通してるかな。
余計なストレスを与える要素がないので、誰が犯人だろう?という好奇心を純粋に楽しめます。
変に引っ張ったりしないのも良いです。私はせっかちなので「もう犯人分かり切ってるから早送りしてやる!」だとか「こういう無駄なハラハラは要らないから早送りしよ」ってすぐ飛ばしちゃうんですが(え
そういうストレスがないのがすてき。

2話は岡田義徳のカツゼツだけ気になりました。
この人こんな舌ったらずな喋り方だったっけ?
おぎやはぎの矢作が喋ってるみたい。
お話は良かったけど矢作がチラついて感動できず・・・。

ラストの旦那さまの絵画をじっとみつめる描写・・・これはいったい何を示しているのでしょう~~。

からの3話!3話は奥様がまさかの誘拐!
3話も西園寺の体術が炸裂。そして怖ろしい観察眼。
ナイフにまったく物おじしない西園寺・・・やはりただものではないですね。笑。
奥様も誘拐犯にまったく物おじしない堂々とした態度。かっこいい。一本芯の通った凛とした女性って感じでかっこいい。2話の感想でも書きましたが、西園寺が仕えたくなるのがわかる!

誘拐事件だけでなく、医療ミスに殺人にとてんこもりで、とても内容が濃くて時間を長く感じました。まだあるの?!ってぐらい。
つまんなくて長く感じるんじゃなく、内容が濃くて長く感じました。
視聴者の期待どおり、誘拐犯のところまでたどり着いて奥様を助けただけでなく、殺人まで暴いちゃう西園寺。
3話は期待以上の結末で楽しかったです。
4話もとても心待ちにしていたのですが、世界卓球の影響で放送が飛んでしまったみたいですね。チト残念です。

執事 西園寺の名推理の感想です

上川隆也さんが好きなので即決で視聴を決めたドラマです。
上川隆也さんの執事姿、キマりすぎですね~~。超カッコイイです。
伊集院百合子様に仕える執事姿、平清盛の盛国役を思い出します。

上川さんは影を背負ったシリアスな役やおっとりした役、コミカルな役なんかもこなす役者さんですが
素でバラエティに出られる時も
上品で慇懃な空気をまとってらっしゃるので
執事役はハマリ役ですね。

ぐるナイのゴチに出てる時も、とっても紳士でしたし。
演技をしていなくても、人を思いやる気持ちが根底にあるから、役もしっくり来るのでしょう。

上川さんのファンなので上川さんの話ばかりになってしまいましたが
伊集院百合子役の八千草薫さんもまた素敵ですね。
かしこくて上品な奥様、八千草薫さんもハマリ役ですね。

ふたりで上品に事件を解決するさま、派手さはなくとも、観ていてすっとします。

内山理名ちゃんと葛山信吾が最後にちゃんとくっつくハッピーエンドなところも素敵です。

王道でお約束なのが安心して観られますね。

謎解きも、「そんなのわかるわけないじゃん!」というような後だしジャンケン的なものではなく、きちんとヒントを散りばめてあって、優等生な構成です。

犯人役の水澤紳吾さんの演技もキレてましたね~~。
殺される西村和彦さんも、「あ、こいつが死ぬんだな」と分かりやすい恨まれ役の演技。

葛山信吾が犯人とミスリードさせる構成も良い感じです。

最後に西園寺の過去らしき写真が。
やはり西園寺、只者ではなかったようです。笑。
過去の写真を見るに、謎解きの観察眼だけでなく、色んなスキルを持ってそう。
今後の展開が楽しみです。

中谷美紀ちゃん主演の「あなたには帰る家がある」第1話の感想です

すっっっっっっっっっっっごく面白くなくて
思わず視聴途中でこのブログに「これ、いつ面白くなるの?」ってカキコみに来そうになったレベル。

「リアル過ぎて心が苦しい」
ってタイトルに書かれたネットの記事見かけたけど
どこが??????

リアリティのカケラもなくて、アホらしくてツマンないドラマよ、これは。
結婚13年でイマサラそんなことで喧嘩する?今日まで気づかなかったの?って疑問まみれ。
玉木宏@秀明が家に帰りたがらない理由も、真弓がギャンギャン怒ってる理由も意味不明。
13年も一緒にいるのに、まだ察してちゃんなの?男という生物への理解がなさすぎる。
更年期でイラついてるってことでOK?
ていうか夫とうまくいってなくて13年専業主婦で更年期でギャンギャン言ってるオバさんが自分の職場に新人として来たらイヤだわ・・・・・・。

後半の、娘の麗奈が父・秀明が家のことを何もしていないわけではないと言うシーンと、真弓と秀明の馴れ初めのくだりだけ面白かったかな。

控えめな女性と見せかけて、あざといことしかしてない茄子田綾子の悲劇のヒロインぶりが超ブリザード。寒気。でもこういうヒトいるわ~~。茄子田綾子だけリアリティ。
ユースケはちとオーバー。

FUJIWARAのフジモンの演技がひどすぎて、人として恥ずかしくないのかな?とまで思っちゃった。
お金を貰ってやることじゃないわよ。
フジモンと同じ値段で雇える、フジモンくらいの存在感の役者がいなかったのかな。

私的に、お笑い芸人で演技がうまいな、と思うのは原田泰造くらいですね。。。
次点で藤井隆かな。演技がコミカルすぎてコメディにしか合わない印象だけど。
泰造はシリアスもできる貴重な芸人俳優枠です。

さて、すこし脱線しましたが・・・あなたには帰る家がある、初回で脱落かな~~。

アンナチュラル、優等生!って感じの脚本で特にツッこむべき場所も見当たらず、感想を書く気になれなかったので1度も記事にしていませんでしたが・・・最終回だけ感想書きます。

ファイナルカットと同じ!!!!!!!!!笑

あんなに面白くない面白くないとさんざんこきおろしてきたファイナルカットが、
今期最高!と絶賛していた(まわりでもされていた)アンナチュラルと同じwwwww!!!!!

ファ「12年前の事件の遺留品を今の技術で(以下略」
アン「8年前のご遺体を今の技術で(以下略」

今の技術すごーーーい。

・・・からの犯人を煽って自供させるとこまで同じかいっ。

もうそこばっかり気になって、ニヤニヤが止まりませんでした。
ずっこけたわー。
第1話からの伏線!とか話題になってたけど、ユキコの遺体がアメリカで土に埋まってるの、中堂は知らなかったのかしら?掘り返せたやん。突然のご都合主義展開で萎えたわーー・・・。

ていうか証拠つきつけたからじゃなくて、ミコトの言葉で勝手に自供を始めたんだから、あの証拠もあんま意味なかったよね。
法廷で機械的にベラベラしゃべってるミコトが面白かった。あと敵だったはずなのに所長に怒鳴られてから急に言いなりのフキコシ。

最終話まで、観させるドラマだったけど、ハマれるほどじゃなかったな。
まあそんなもんだよね、DVD買うー!ってなるようなドラマってわずかですよね~~。
こんなに盛り上がってる世間さまも、DVD買うひとはどれだけいるんだろう。

↑このページのトップヘ